芳草神社(南伊勢町方座浦)

2015年01月17日(土) 芳草神社(南伊勢町方座浦) (車、徒歩)

国道260号を走っていて引き寄せられた地名板「南伊勢町小方竃(おがたがま)」。

「南伊勢町 小方竃」の案内板

「南伊勢町 小方竃」の案内板

南伊勢町 小方竃(おがたがま)
室町時代の書物には「小久田御厨(こくだみくりや)」とあります。「クタ」は「湿地」を意味しています。
「竃」は、塩をつくるときに用いる「かまど」のことです。
ほかにも竃がつく集落がこの地方に六ケ所あります。(以前は南伊勢八か竃といいました。)

 

この地名板に導かれたはずが、小方竃ではなく「方座浦(ほうざうら)」へたどり着いてしまった。

「南伊勢町方座浦」の案内板

「南伊勢町方座浦」の案内板

 

前方に海が見えたので、車を駐め歩いてみた。すると前方に鳥居が見えた。

方座浦(南伊勢町)

方座浦(南伊勢町)

 

躊躇いもなく近づくと

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

そこには「芳草神社」の社標が建っていた。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

芳草神社   – ほうそうじんじゃ –
古くから地域の氏神様として親しまれてきている神社である。湾の入り口東側から突き出た半島の山腹付近にあり、熊野灘を望む景勝地でもある。
【引用】 芳草神社(三重県神社庁教化委員会) より

 

鳥居をくぐり参道を進むと

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

参道脇に立つ電柱には

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

次の識別標が付けられていた。「222」ぞろ目だ。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

坂道の参道をさらに進むと次の鳥居が現れる。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

鳥居の先にはさらに急な階段が続いている。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

階段を登り切ると空がポッカリと抜けている。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

さらに鳥居をくぐって先へ進むと正面には拝殿、その左手には社務所が建っている。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

拝殿の扁額には

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

陸軍少尉 中頭道俊 謹書

とあった。

 

拝殿にてお参り。本殿の御扉には「本殿」と書かれた札が掛けられていた。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

また、拝殿には二種類の絵画が奉納されていた。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

さらに、「芳草神社御造営寄附者芳名 昭和51年12月11日」。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

拝殿を後にすると、

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

拝殿の左側から本殿を確認した。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

続いて、拝殿の右側へ向かうと

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

石像が立っていた。こちらは陸軍少尉 中頭道俊さんなのだろうか?

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

この像の奥を望むと階段があり、真っ白なパイプのフェンスが続いていた。この先はどこへ続いているのか?

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

 

階段を進むとその先には

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

 

備蓄用のコンテナ(?)があり、車道へと通じていた。津波の避難経路なのだろう。

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

芳草神社から上方へと続く階段(南伊勢町方座浦)

 

磐座等を期待した私だったが、階段を登る前に真新しいパイプで気付くべきだった。階段を駆け下ると先ほどの石像まで戻った。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

さらに鳥居をくぐり返すと

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

急な階段を下り参道を戻った。その途中で建ち並ぶ屋根をパチリ。

芳草神社からの眺望(南伊勢町方座浦)

芳草神社からの眺望(南伊勢町方座浦)

 

最初の鳥居まで戻るとその向こうに見える松の木に目を奪われた。

芳草神社(南伊勢町方座浦)

芳草神社(南伊勢町方座浦)

 

その松の木に近づくと

アイグロマツ、南伊勢町指定天然記念物

アイグロマツ、南伊勢町指定天然記念物

 

根元には次の立札があった。

アイグロマツ、南伊勢町指定天然記念物の立札

アイグロマツ、南伊勢町指定天然記念物の立札

アイグロマツ
南伊勢町指定天然記念物
南伊勢町教育委員会

 

この後、いきなり雨が降り出し雨足が強まった。急いで車に戻るとしばしの雨宿り。なかなか止まないので方座浦での散策を切り上げて車を走らせた。

 

【 20150117 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*