古殿解体中(伊雜宮)

2015年01月17日(土) 古殿解体中(伊雜宮) (車、徒歩)

最終目的地である志摩市磯部町に到着。昨年に御遷宮を終えた伊雜宮(皇大神宮別宮)の古殿地がどうなっているのか、その状況を確認したかったからだった。

【参考】

 

鳥居をくぐると

伊雜宮

伊雜宮

 

伊雜宮奉賛会が手水舎の手前に設置した「迎春」の看板が出迎えてくれた。

伊雜宮

伊雜宮

 

手水を受けて心身を清めると

伊雜宮

伊雜宮

 

真っ直ぐに伸びる参道を進んだ。

伊雜宮

伊雜宮

 

忌火屋殿、修祓所の前を通り過ぎるとその先には工事用のフェンスが張られていた。

古殿解体中(伊雜宮)

古殿解体中(伊雜宮)

 

フェンス越しに古殿を望めたが少し様子が異なった。正殿の前に建っているはずの幄舎の姿が無かった。解体はすでに始まっていたのだった。

古殿解体中(伊雜宮)

古殿解体中(伊雜宮)

 

次回訪れる頃には、伊雜宮も古殿地は覆屋のみの更地になっていることだろう。

古殿解体中(伊雜宮)

古殿解体中(伊雜宮)

 

伊雜宮にお参りすると

伊雜宮

伊雜宮

 

もう目にすることができなくなる古殿を惜しんでパチリ。

古殿解体中(伊雜宮)

古殿解体中(伊雜宮)

 

パチリ。しかし古殿は解体されても、こちらの用材はどこかで再利用(再生)されるのだ!

古殿解体中(伊雜宮)

古殿解体中(伊雜宮)

 

名残惜しくも再生に期待しつつ参道を戻ると

伊雜宮

伊雜宮

 

伊雜宮を後にした。

伊雜宮

伊雜宮

 

【 20150117 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*