御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

2016年06月11日(土) 御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

先週、6月4日にお参りしてから一週間、朽羅神社を訪れた。朽羅神社は皇大神宮の摂社で度会郡玉城町原に鎮座している。第62回神宮式年遷宮に伴い4月下旬より御遷座に向けて準備が進められていた。仮殿が準備された4月下旬より毎週のように足繁く通ったが御遷座に際した訪問は今日で最後となった。

 

朝から【キタヰの妻】と玉城町の農園でジャガイモ掘りを終えると思い立ったかのように朽羅神社を目指した。いつもとは異なるルートで原の交差点へ突入(?)すると赤信号。前方には朽羅神社の社叢が遠望できた。

原交差点から朽羅神社の社叢遠望(皇大神宮 摂社)

原交差点から朽羅神社の社叢遠望(皇大神宮 摂社)

 

このルートの方は良いことを今になって気づいた。

原交差点から朽羅神社の社叢遠望(皇大神宮 摂社)

原交差点から朽羅神社の社叢遠望(皇大神宮 摂社)

 

いつもの場所、朽羅神社から少し離れた広い場所へ車を駐めるといつも通り歩いて朽羅神社を目指した。

朽羅神社の社叢(皇大神宮 摂社)

朽羅神社の社叢(皇大神宮 摂社)

 

なぜか緊張する。先週の状況から想像すると「御遷座はすでに終わり、もしかすると仮殿も姿を消しているのでは・・・」

朽羅神社の社叢(皇大神宮 摂社)

朽羅神社の社叢(皇大神宮 摂社)

 

この場所はいつもと変わらない。ただし、先ほど原交差点から遠望した時、社叢の隅に置かれていた簡易トイレが姿を消していることに気づいた。

朽羅神社(皇大神宮 摂社)

朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

御遷座はすでに終わっているだろうと心して参道へ入ると

朽羅神社(皇大神宮 摂社)

朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

こんなところにも変化を見ることができた。柄杓は古く以前のままのようであるが、手水石には真新しい木製の蓋が掛けられていた。蓋の新しさと柄杓の古さの強烈なコントラストにまずは先制パンチを食らった。

蓋は新しくなっていた手水石(朽羅神社)

蓋は新しくなっていた手水石(朽羅神社)

 

参道をさらに進むと

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

仮殿は姿を消し、朽羅神社の御遷座は終了していた。

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

【キタヰの妻】と新しくなった朽羅神社にお参り。

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

仮殿が建っていた御敷地には、その痕跡さえ残されていなかった。

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終え仮殿は姿を消していた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

そして大修繕を終えた社殿は檜の香りに包まれ、その前に佇むと心が落ち着いた。

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

こんなところにも心地よい香りに魅せられているお仲間が・・・。

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

最後に建てられた鳥居も真新しい。

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

鳥居は、丁寧に仕上げられていたが

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

ところがこちらの御用材にはかなり大きな節が多数点在していて

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

加工には難渋したのだろう。小工の皆さん、お疲れ様でした。今後もよろしくお願いします。

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

御遷座を終えていた朽羅神社(皇大神宮 摂社)

 

次回は修繕との噂を聞いているが、どちらの神社で御遷座となるのだろう?

 

【 朽羅神社(皇大神宮 摂社)の御遷座まで 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*