拝殿の柱を修繕中、須原大社(伊勢市一之木)

2017年02月25日(土) 拝殿の柱を修繕中、須原大社(伊勢市一之木) (車、徒歩)

今週も訪れた須原大社(伊勢市一之木)。修繕は続けられているが工事用のシートで覆われているためその様子を確認することはできない。わかっていても訪れてしまうのはなぜだろう。本日はその答えを得たような日となった。

須原大社(伊勢市一之木)

須原大社(伊勢市一之木)

 

手水舎の下に置かれている手桶から手水を受けると仮殿となっている並社へ向った。

修繕が進められる須原大社(伊勢市一之木)

修繕が進められる須原大社(伊勢市一之木)

 

並社にてお参りを終えると須原大社の本殿を確認したがその変化を確認することはできなかった。

仮殿となっている並社から望む修繕中の本殿、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社から望む修繕中の本殿、須原大社(伊勢市一之木)

 

「今日も変化を確認することはできなかった。さあ、帰ろう。」と並社を後にした際、

仮殿である並社と修繕中の須原大社(伊勢市一之木)

仮殿である並社と修繕中の須原大社(伊勢市一之木)

 

太陽の光に透けた拝殿に妙な形状を見付けてしまった。

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

 

拝殿の正面へ移動するとなぜか工事用シートに少しだけ隙間が開けられていた。まるで私のために用意されていたように・・・。その隙間から覗いてみるとなんと私が先ほど見かけたのはこちらのジャッキだった。

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

 

工事用のシートのなかを見渡すと拝殿の下には多数のジャッキが据えられていた。つまり拝殿は浮かされていて、柱の根本が修繕されているのだった。

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

修繕中の拝殿、須原大社(伊勢市一之木)

 

私が毎週のように訪れるのはやっぱりこんな変化を感じることができるから、見つけることができてもできなくても臨場することが重要、私にとってはフィールドワークが一番だからなのだろう。

 

須原大社を後のする際に見上げると、この鳥居の貫の片側は楔が外れている。建て替えられるのが待ち遠しい!

鳥居の建替えが待ち遠しい、須原大社(伊勢市一之木)

鳥居の建替えが待ち遠しい、須原大社(伊勢市一之木)

 

【並社・須原大社、御遷座までの経過】 

(リンク数がかなり多くなってしまったので、2017年01月22日よりも前のリンクは2017年01月22日リンクの下部を参照)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*