新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

「写真好学研究所写真展(3月8日〜12日)@三重県立美術館 県民ギャラリー」の準備完了

2017年03月05日(日) 「写真好学研究所写真展(3月8日〜12日)@三重県立美術館 県民ギャラリー」の準備完了 (自宅にて)

以前にも紹介したが、私も参加している写真好学研究所(所長 松原 豊)の研究生によるグループ写真展が次の通り開催されます。時間が許す方はぜひご来場、ご体感ください。

 

写 真 好 学 研 究 所 写 真 展

– 第一期研究生10名による写真展 –
第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

 

第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

 

開催日時  2017年3月8日(水)〜3月12日(日) 
      9:30〜17:00 ただし、最終日は15:00 まで
開催場所  三重県立美術館 県民ギャラリー
      三重県津市大谷町11番地
      (近鉄・JR津駅西口より徒歩約10 分)
ギャラリートーク
      ゲスト第七劇場芸術監督鳴海康平氏をお迎えし、写真展会場で開催
      開催日程/3月12日(日) 14:00より ※当日会場へお越しください。
[鳴海康平氏プロフィール]
  第七劇場主宰、演出家。
  津市美里町にある劇場「テアトル・ドゥ・ベルヴィル」の芸術監督。
  三重県津市美里町在住。早稲田大学在籍中の1999年に劇団を創設。
  国境を越えることができるプロダクションをポリシーに、
  これまで国内15都市、海外4ヶ国6都市(韓国• ドイツ・フランス・台湾)で
  作品を上演。
観覧料   写真展・ギャラリートークともに  無料

 

第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

 

第一期研究生10名による「写真好学研究所写真展」@三重県立美術館 県民ギャラリー

 

3月7日(火)が三重県立美術館 県民ギャラリーへの搬入日となっているので何とか本日準備を完了した。

私の展示タイトルは「モノクロームな日々」で、SNS(Twitter、Facebook)へ毎日投稿している昼休みウォーキングにて撮影したモノクロ画像の集大成(?)。ただ、写真としては面白みが無いかもしれない。正直を言えば写真で勝負する自信がないので、小道具をいくつか用意した。写真も含めた演出が写真展と考えた私の発想が功を奏するのか? それは蓋を開けてみないとわからない。そのためにも多くの方にご来場いただかなくては!

 

今回はこのキャリーバックの中に展示写真をはじめ展示に関わる全てのモノを詰め込んだ。

写真好学研究所写真展の準備完了

写真好学研究所写真展の準備完了

 

その中身はこんな感じ、

写真好学研究所写真展の準備完了

写真好学研究所写真展の準備完了

 

楽しみでもあり、不安でもある。とにかくワクワクしているのは事実。ワクワクすることが重要だ。

写真好学研究所写真展の準備完了

写真好学研究所写真展の準備完了

 

皆さん、ぜひとも現場にて体感してください。

よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*