2010年〜2013年の記録は、『神宮巡々』をご覧ください。

今週もまだ咲き始め、国史跡旧豊宮崎文庫とオヤネザクラの一般公開

2017年04月01日(土) 今週もまだ咲き始め、国史跡旧豊宮崎文庫とオヤネザクラの一般公開 (車、徒歩)

先週に続いて訪れたのは国史跡 旧豊宮崎文庫。4月2日までオヤネザクラとともに一般公開されていた。今年はサクラの開花が遅く、一般公開期間中に咲き誇る姿を目にすることができなかった。

公開期間の延長を期待したが、今のところは延長される様子はないようだ。

とにかく一部の花が咲き始める様子を見学したので、ここではそんな姿を・・・

国史跡旧豊宮崎文庫

国史跡旧豊宮崎文庫

 

【参考】 オヤネザクラについての説明等はこちらを

 

度会大国玉比賣神社ほかにお参りを終えると

国史跡旧豊宮崎文庫

国史跡旧豊宮崎文庫

 

国史跡旧豊宮崎文庫の入口へ回り込んだ。シトシトと雨が降っていたが明らかにサクラは咲いていなかった。

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

しかし、この木だけは咲き誇るように花を咲かせるとブロック塀を越えて隣の敷地を楽しませていた。ただし、こちらはオヤネザクラではないだろう。

国史跡旧豊宮崎文庫にて

国史跡旧豊宮崎文庫にて

 

とにかく、膨らみを大きくしたつぼみを求めてパチリ、パチリ。

国史跡旧豊宮崎文庫にて

国史跡旧豊宮崎文庫にて

 

国史跡旧豊宮崎文庫にて

国史跡旧豊宮崎文庫にて

 

こちらがオヤネザクラ。

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

一般公開中に花開くことはないのだろう。

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

この雨粒の中に満開のサクラを見たかった。(残念)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

こちらもオヤネザクラ。

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

そしてこちらもオヤネザクラ。

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

咲き始めのオヤネザクラ(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

こちらはサクラとは全く関係ないが、門の柱で束石と柱の継ぎ方が興味深い。ガッチリと固定されている。

国史跡旧豊宮崎文庫

国史跡旧豊宮崎文庫

 

切り倒されていた枯木に挨拶すると

国史跡旧豊宮崎文庫にて

国史跡旧豊宮崎文庫にて

 

旧豊宮崎文庫を後にし、御木本道路の歩道から名残りのパチリ。一般公開されていなくてもここから眺められる。来週は忙しいので来られるか???

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

そして、最後に気になる看板を一枚。これは何の変哲も無い看板に見えるが左端には白いテープで隠された文字が・・・。そこに書かれているのは「ご入場は、郷土資料館の裏手にお回り下さい。

かなり以前から使用されている看板(国史跡旧豊宮崎文庫)

かなり以前から使用されている看板(国史跡旧豊宮崎文庫)

 

そうそう、ここは伊勢市立郷土資料館が置かれていた場所なのだ。この看板は伊勢市立郷土資料館が閉館になる前から使用されていたのか。それよりも郷土資料館が閉館となった時将来的には市の空き施設を利用して郷土資料館を再開する予定です。」と説明されていた。その実現はいつになるのだろう。この言葉を信じて心待ちにしている人も多いことだろうに。オヤネザクラを眺めると毎年こんな思いでやるせなくなってしまう。

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*