2010年〜2013年の記録は、『神宮巡々』をご覧ください。

民話の駅 蘇民で思いつき神前神社(皇大神宮 摂社)へ

2017年07月29日(土) 民話の駅 蘇民で思いつき神前神社(皇大神宮 摂社)へ (車、徒歩)

御塩殿神社を後にすると鳥羽へ向かう途中で民話の駅 蘇民に立ち寄った。ここでは突然に神前神社(皇大神宮 摂社)へのお参りを思いついた。こんなにジメジメと蒸し暑い日、あの階段はどんなだろう? 確認したい気持ちが高まり、私の足は動き出していた。

民話の駅 蘇民の隣に鎮座する松下社の前を通り、

松下社(民話の駅 蘇民 横)

松下社(民話の駅 蘇民 横)

大きな池の畔を進むとしばらく道なりに、次の十字路を右へ。

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

 

ハマボウと戯れてから

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

 

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

 

次の十字路も右へ。左手にメガソーラーを見ながら先へ進むと

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

民話の駅 蘇民〜神前神社(皇大神宮 摂社)

 

アスファルト道が地道に変わり、草が生い茂る辺りで男性が草を刈っていた。その男性は二見地区のお伊勢さん125社の祝部さんだった。神前神社と粟皇子神社は大変な場所なので自らが清掃されている。今日も蒸し暑いなか草刈り作業中だった。挨拶交わすと「早くあの木陰まで刈り進めたい・・」と、お疲れ様です。(感謝)

 

祝部さんと別れると私は小道を進んだ。道にまで山からの水が溢れていた。

神前神社(皇大神宮 摂社)への小道

神前神社(皇大神宮 摂社)への小道

 

そんななか、この子が私を迎えてくれた。他にも蝶や蛾やカエルなど多数の子たちが迎えてくれた。(帰りにはヘビまでも)

神前神社(皇大神宮 摂社)への小道

神前神社(皇大神宮 摂社)への小道

 

水が溢れた小道を抜けるとこの場所にたどり着いた。ここからが神前神社の社域となり、神宮の敷地だ。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

地道を進みこの石橋を渡ると左手には長い石段が続いている。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

昨夜は雨が降ったのだろう。周囲は霞んでいるのではないかと思うぐらい湿気に満ちていた。長い階段を登り切ると

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

頂点には、神前神社(皇大神宮 摂社)が鎮座している。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

お参り。こちらには許母利神社および荒前神社(ともに皇大神宮 末社)が同座されている。

神前神社(皇大神宮 摂社)、許母利神社および荒前神社(ともに同末社)を同座

神前神社(皇大神宮 摂社)、許母利神社および荒前神社(ともに同末社)を同座

 

お参りを終えると先ほどの石の階段を下るが、濡れている石は滑りやすく極端に慎重になった。足元をしっかりと見ながら歩いていると様々な発見がある。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

ここにも、

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

ここにも。こんな歩き方も楽しい。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

先ほどの定めの立札まで戻ると

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

神前神社を後にして民話の駅 蘇民へ戻った。予想外の寄り道となった。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*