2010年〜2013年の記録は、『神宮巡々』をご覧ください。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

2017年10月09日(月・祝) 上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

(本記事の投稿は10月11日になってしまったため、すでに上棟祭は斎行されたと思われる。)

上棟祭が斎行される日の前日、

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

夕方に清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)を訪れたところ

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

こちらもお守りされている祝部さんがみえた。いろいろと話を伺いいくつかの疑問が解消。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

ひとつはこちらの手水石の疑問。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

「この中に円形の銅板が沈められているがこれは意図的?」の問に対し「銅板はボウフラ除けとなるようで・・」とのこと。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

「定の立札の上部に銅板は張られている?」の問には「Yes!」。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

さらにはこれらの文字がカッティングシートによるシールであること。確かに墨で書かれたものではなかった。

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

上棟祭の前に再び、清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

そろそろ御遷座だ。

 

【清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*