後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

2014年10月05日(日) 後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮) (車、徒歩)

月夜見宮から月讀宮へと戻ってきた。そろそろ月讀宮、月讀荒御魂宮では後鎮祭が執り行われる。

【後鎮祭】

新宮の竣工を鎮謝(ちんしや)し、大宮地(おおみやどころ)に坐す大神をお祭りする神事です。まず新殿前に物忌・宮掌が忌物(いみもの)・神饌・鶏卵(けいらん)をお供えし、権禰宜(外宮は宮掌)が祝詞を奏上し、諸員が八度拝。次いで神饌をお下げし、忌物は御床下に奉埋(ほうまい)されます。宮掌二名が天平瓮(あめのひらか)を安置、榊囲(さかきかこい)を奉仕し、権禰宜がこれを検知して祭儀を終えます。

月讀宮以下12別宮の遷宮(伊勢神宮のホームページ)より引用

 

後鎮祭では物忌として童女が奉仕するのだが、

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

私が月讀宮へ到着し手水を受けると宿衛屋の前では・・・。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

童女の撮影会となっていた。神職らに交じり慣れない浅沓での参進や祭典での奉仕など緊張しているのかと思いきや笑顔。彼女は余裕の様子だった。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

後鎮祭の開示時刻となり、

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

【後鎮祭(月讀宮)】

物忌を含めた奉仕員が忌火屋殿に正対して列立すると報鼓が鳴らされた。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

激しい雨が降るなか参進が開始され

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

参道の左手にある

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

祓所へと向かった。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

祓所にて修祓が終了すると

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

辛櫃と

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

鶏を入れた(?)伏籠は月讀宮の新宮へと運ばれ、

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

奉仕員は月讀宮の現宮への参道を進んだ。

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

新宮の瑞垣御門の前には案が置かれ、その左側には伏籠が置かれていた。

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

現宮での儀式を終えた奉仕員が戻ってくると

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

新宮へ向かった。雨儀廊のおかげで雨を気にすることはない。

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

一般の参拝者は手水舎付近からの拝観なので望めるのはこの場所だけ、そのため全容を把握することはできなかったが、粛々と進められた。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

月讀宮での後鎮祭が終了すると

後鎮祭(月讀宮)

後鎮祭(月讀宮)

 

【後鎮祭(月讀荒御魂宮)】

奉仕員は月讀宮の新宮を後にして

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

月讀荒御魂宮の現宮へと歩を進めた。

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

現宮での儀式を終えると新宮へ戻ってきた。

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

月讀荒御魂宮は新御敷地の右端にあるため、

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

奉仕員が姿を消すと、この場所からはまったく様子をうかがい知ることはできなかった。

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

祭典が終盤を迎えたと思えた頃、鶏が鳴く(泣く?)声が聞こえた。(月讀宮では鶏は鳴かなかった。)三声で終わるのかと思っていたら数十回繰り返された。どのように鳴いている(鳴かせている?)のだろうか。

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀荒御魂宮)

 

鶏の鳴き声がくりかえし聞こえるなか、祓所を望むと

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

五色絹が掛けられていた。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

鶏の鳴き声が止み、しばらくすると

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

退下となった。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

奉仕員が宿衛屋前へ戻ると後鎮祭は終了となった。

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

後鎮祭(月讀宮、月讀荒御魂宮)

 

次の諸祭、川原大祓は午後からなので一時帰宅した。

 

【 20141005 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です