初めて登った鼓ヶ岳とその中腹に鎮座する五本松神社

2015年01月11日(日) 初めて登った鼓ヶ岳とその中腹に鎮座する五本松神社 (徒歩)

内宮にて一月十一日御饌の参進を拝観した後、午後に歌舞「東遊」が奏行されるまでの間に内宮近くにある鼓ヶ岳に登った。

実は、鼓ヶ岳はいつも眺めてばかりで登ったことがない山だった。それは私にとって眺める山、拝む山である富士山と同様の対象だったのかも知れない。

今日も古市街道の牛谷坂を下ると猿田彦神社の脇から鼓ヶ岳を望んだし、

牛谷坂(猿田彦神社付近)から望む鼓ヶ岳

牛谷坂(猿田彦神社付近)から望む鼓ヶ岳

 

内宮の宇治橋を渡る際、行きも

宇治橋から望む鼓ヶ岳

宇治橋から望む鼓ヶ岳

 

帰りも眺めていた。

宇治橋から望む鼓ヶ岳

宇治橋から望む鼓ヶ岳

 

ところが眺める対象であった鼓ヶ岳に登る機会がやってきた。それは内宮にて一月十一日御饌の参進を拝観してから午後に同じく内宮で奏行される歌舞「東遊」を拝観するまで時間があった。

「宇治神社、飛び石に立ち寄って高麗広を往復するか?」しかし、それほど時間に余裕はなかった。内宮から近い散策場所は・・・・・、そして「そうだ、鼓ヶ岳に登ってみよう!」となった。

登り口は公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センターの駐車場奥か宇治祖霊殿のいづれかであると知っていたのだから、内心は登りたい気持ちがあったのだろう。

 

宇治橋前から国道23号を神宮会館方向へ戻ると「公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター」の看板がありこの先に駐車場がある。

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター入口

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター入口

 

今回は宇治祖霊殿の脇からの登り、修養団の駐車場へ下ることにした。宇治祖霊殿への入口は修養団 伊勢青少年研修センター入口の隣なので、神宮会館まで進みと行き過ぎである。

神宮会館付近(伊勢市宇治中之切町)

神宮会館付近(伊勢市宇治中之切町)

 

宇治祖霊殿への入口を入ると

宇治祖霊殿への入口

宇治祖霊殿への入口

 

民家の手前、左側に細い路地がある。ここを左へ曲がると突き当りを右へ・・・

鼓ヶ岳の登り口への小径(宇治祖霊殿手前)

鼓ヶ岳の登り口への小径(宇治祖霊殿手前)

 

先ほど突き当りに見えていた宇治祖霊殿の脇へと続いている。

鼓ヶ岳の登り口への小径(宇治祖霊殿横)

鼓ヶ岳の登り口への小径(宇治祖霊殿横)

 

宇治祖霊殿を右に見ながらさらに進むと

鼓ヶ岳の登り口(宇治祖霊殿裏)

鼓ヶ岳の登り口(宇治祖霊殿裏)

 

そこには鳥居が建ち、「五本松神社」の名が記された案内板がある。

鼓ヶ岳の登り口に建つ五本松神社の鳥居(宇治祖霊殿裏)

鼓ヶ岳の登り口に建つ五本松神社の鳥居(宇治祖霊殿裏)

 

ここからは山道であり、参道でもある。ここからは谷筋に沿って道が続いている。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

山道脇には神宮司庁営林部の注意書きがあった。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

戻りの時間を気にしながらウォーミングアップなしで登り始めてしまった。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

左手の尾根側から眩しい光が・・・。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

五本松神社まで600m。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

黙々と登ると

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

トラロープが張られていた。道の右側が崩れやすくなっていたので注意、注意!

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

トラロープを過ぎてさらに進むと

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)

 

修養団の駐車場からの尾根道と合流点(分岐)に到着。

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)の分岐

宇治祖霊殿付近〜五本松神社の山道(参道)の分岐

 

分岐を右へ進むと近くにこんな木が・・・、生命感が溢れていた。

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

この先はさらにトラロープが続いた。注意、注意。間違ってもロープを頼ってはいけない。

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

途中で、この鉄柱を発見。何の施設?

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

ボックスのタグを確認すると「HA-A型 受信用増幅器 松下電器産業株式会社」。TV 難視聴地域のための受信システムだろう。今は使われていないのか?

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

さらに登るとこの分岐に到着する。分岐を過ぎてから振り返ってパチリ。

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

ここには次の道標がある。「←神宮会館、ひもろぎの里→」

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

この付近からでも地上が低く見える。

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐〜五本松神社の山道(参道)

 

この分岐からすぐ近くに五本松神社への分岐がある。鼓ヶ岳へ向かう前に五本松神社にお参りすることにした。山道から左へ向かうと

五本松神社と鼓ヶ岳の分岐

五本松神社と鼓ヶ岳の分岐

 

【五本松神社】

多数の鳥居をくぐる。

五本松神社の参道

五本松神社の参道

 

形状が複雑な木が多い。また、倒木も多い。

五本松神社の参道

五本松神社の参道

 

最後の鳥居をくぐると

五本松神社の参道

五本松神社の参道

 

左手には手水舎がある。

五本松神社

五本松神社

 

手水舎も含めて五本松神社をパチリ。しかし、この周辺に松の木は見当たらなかった。名前の由来は?

五本松神社

五本松神社

 

正面の鳥居を進むとお参り。

五本松神社

五本松神社

 

小さな祠の下とその左右には大きな石が置かれていた。

五本松神社

五本松神社

 

御垣の手前には次の石柱が建っている。

五本松神社

五本松神社

大祭日 二月十八日 八月十八日
例祭日 毎月十八日 午後二時

 

拝殿に張られていたしめ縄の紙垂はまだまだ新しい状態だった。いつ取り替えられたの?

五本松神社

五本松神社

 

先ほどの分岐へ戻る途中の倒木をパチリ、

五本松神社付近の倒木

五本松神社付近の倒木

 

パチリ。なぜこんなに倒れてしまうのだろう?

五本松神社付近の倒木

五本松神社付近の倒木

 

神社への分岐まで戻ると鼓ヶ岳の山頂を目指した。

五本松神社と鼓ヶ岳への分岐

五本松神社と鼓ヶ岳への分岐

 

この先も倒木。

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道、倒木

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道、倒木

 

一本の山道が続くが、安心できる目印が残されている。

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

手作りの道標を過ぎると

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

落ち葉の絨毯が敷きつめられた山道をさらに進むと

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

生物にみえる小石を発見。私にはリスに見え、今にも逃げ出しそうに思えた。

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

参道の所々にはこのような石積みがあり、その中央には

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

こんな石柱(境界標?)が建っていた。「宮」の文字、神宮を意味しているのだろうか?

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

ここにも。

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

予想よりも長い距離を進むと山頂付近、

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

五本松神社との分岐から鼓ヶ岳への山道

 

そして、山頂に到着。登り口から約55分、五本松神社の滞在時間がは約10分だったので実質45分ほど。(山歩きの鉄則に反して勢い良く登り始めたので途中でバテ気味になってしまったか?)

鼓ヶ岳山頂

鼓ヶ岳山頂

 

こちらが三角点。

鼓ヶ岳山頂の三角点

鼓ヶ岳山頂の三角点

 

また、山頂には多数の山頂標が残されている。

鼓ヶ岳山頂にある多数の山頂標

鼓ヶ岳山頂にある多数の山頂標

 

なかでも「イセ AOKI」さんの山頂標はどこの山でも見かけるとてもメジャーな山頂標。いつもお世話になっています。(感謝)

鼓ヶ岳山頂にある山頂標(イセAOKI)

鼓ヶ岳山頂にある山頂標(イセAOKI)

鼓ヶ岳山頂にある多数の山頂標

鼓ヶ岳山頂にある多数の山頂標

 

鼓ヶ岳の山頂からは

鼓ヶ岳山頂

鼓ヶ岳山頂

 

伊勢市街が一望できる。

鼓ヶ岳山頂から望む伊勢市街

鼓ヶ岳山頂から望む伊勢市街

 

山頂から少し外れた場所から自宅方向をパチリ。

鼓ヶ岳山頂から望む伊勢市街

鼓ヶ岳山頂から望む伊勢市街

帰宅後に写真を詳細に眺めてみたら小さくボケボケだが自宅の屋根を確認することができた。また、多数の社叢が写っている。上から順に

  1. 二木神社(御薗町小林)
  2. 御薗神社(御薗町王中島)
  3. 船江大社(お伊勢さん125社 河原淵神社を含む)(船江)
  4. 河邊七種神社(河崎)
  5. 箕曲中松原神社(宇治山田駅前)

このビューだけでも五社を確認できるのだから伊勢には神社が多いのだろう。

こんな体験をしてしまうと眺めるだけと思っていた山は実は登るべきだと思ってしまう。もしかしたら『富士山もそうなのか! 』

 

戻りの時間を気にしながら登り始めたにもかかわらず、五本松神社、鼓ヶ岳山頂ではそれぞれを十分に楽しんでしまった。後は急いで下るだけ。

 

とは言え、気になるものはパチリ、パチリ・・・

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道、倒木

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道、倒木

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道、倒木

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道、倒木

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道

鼓ヶ岳から五本松神社との分岐への山道

 

五本松神社への分岐を過ぎると右手には五十鈴川と三重県営総合競技場体育館の屋根が望めた。

五本松神社との分岐付近から望む五十鈴川と三重県営総合競技場体育館の屋根

五本松神社との分岐付近から望む五十鈴川と三重県営総合競技場体育館の屋根

 

その場所はこの分岐付近、「←神宮会館、ひもろぎの里→」の道標があったところだ。

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

 

ふと足元を見ると刻された文字が鮮明な石柱があった。

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

宇治山田市
界 ? 三三

 

その背面には

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

五本松神社〜宇治祖霊殿と修養団駐車場の分岐への山道

度會郡

 

やはり、これらは境界標で、この場合「宇治山田市」「度會郡」、「宮」はやはり「神宮」であると想像できる。

これで、先日歩いた宇治岳道にある石柱の謎が解けた。

2015年01月03日 朝熊ヶ岳(朝熊山)経由で実家の新年会へ にて見つけた石柱、これは一宇田展望台を望める場所を過ぎてから山道の右側に続く岩の上に建っていた。

宇治岳道

宇治岳道

境界標(宇治岳道)

境界標(宇治岳道)

境界標(宇治岳道)

境界標(宇治岳道)

 

ここにも「宮」の字が刻されていた。

境界標(宇治岳道)

境界標(宇治岳道)

 

この後、宇治祖霊殿への分岐まで駆け下りると下りは直進方向、修養団の駐車場を目指した。

鼓ヶ岳・五本松神社から下り宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐

鼓ヶ岳・五本松神社から下り宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐

 

この分岐には五本松神社とマジックで書かれた「さらい」が立て掛けられていた。

鼓ヶ岳・五本松神社から下り宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐

鼓ヶ岳・五本松神社から下り宇治祖霊殿と修養団駐車場への分岐

 

この先は下り、下り・・・

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

 

途中で大きな岩の上に乗ったりしながらも

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

 

とにかく下った。

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

宇治祖霊殿との分岐から修養団駐車場への山道(下り)

 

するとほどなく駐車場へと到着した。

鼓ヶ岳 修養団駐車場登り口

鼓ヶ岳 修養団駐車場登り口

 

振り返ってパチリ、右の奥に登り口がある。

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター駐車場

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター駐車場

 

さらにこの左側には二大誓願の碑が建ち、

二大誓願の碑(公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター)

二大誓願の碑(公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター)

 

その脇にはそれを説明する石碑があった。

「二大誓願の碑」についての説明

「二大誓願の碑」についての説明

 

駐車場から坂道を下ると左方向へ進み

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター

 

宇治祖霊殿への入口の近くにある「公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センター」の看板まで下った。

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センターからの眺望

公益財団法人 修養団 伊勢青少年研修センターからの眺望

 

【 20150111 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です