新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

竹原神社(津市美杉町竹原)

2015年03月07日(土) 竹原神社(津市美杉町竹原) (車、徒歩)

津市白山町に伝わる白鷺伝説にまつわる白山比咩神社七社、七白山めぐり、六社めは津市白山町から美杉町へと場所を移し、竹原に鎮座する竹原神社。こちらも合祀により白山比咩神社の名前が消されてしまった神社だ。

⑥ 竹原神社(津市美杉町竹原2692)
白山比咩神社と称していたが、明治末期、近隣の祠を合祀して改称する。
本殿は、一間社隅木入春日造りで、正面には唐破風がついており、各所に様々な彫刻が施されている。本殿の「彫刻」は津市の有形文化財に指定。

【引用】 「白鷺伝説 七白山めぐり(七白山めぐり企画委員会編)」のしおり より

 

実は竹原神社は以前に訪れたことがあった。

【参考】

 

新しく整備された道路から神社の前へと入るとそこにはほどよい駐車スペースが確保されていた。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

神社の鳥居を背にすると前方にはこんな風景が広がっている。

竹原神社の石階下からの風景(津市美杉町竹原)

竹原神社の石階下からの風景(津市美杉町竹原)

 

石階下に建てられている由緒書きはこちら。

竹原神社の御由緒(津市美杉町竹原)

竹原神社の御由緒(津市美杉町竹原)

 

鳥居をくぐり、石階を上ると

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

その正面には拝殿が建っている。。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

鳥居をくぐると境内をパ〜チリ。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

まずは拝殿にてお参り。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

拝殿の左側へ回り込むと本殿を確認することができる。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

津市の有形文化財に指定されている本殿の「彫刻」は何とか確認できた。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

拝殿の右側からもパチリ。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

竹原神社を後にする際、前回同様に別の参道を下ったところ切り株から伸びるスギの若木に注目。

竹原神社(津市美杉町竹原)

竹原神社(津市美杉町竹原)

 

前回の訪問時はこんな感じだった。かなり生長したものだ。

竹原神社(津市美杉町竹原)、2012年02月14日時点

竹原神社(津市美杉町竹原)、2012年02月14日時点

【参考】 竹原神社(美杉町竹原) 2012年04月14日

 

続いては、順当には最終目的地となる飯福田寺(松阪市飯福田町)へ向かうのだが、その前に別の神社へ寄り道した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*