清掃用具が新しい? 湯田神社(皇大神宮摂社)

2015年06月27日(土) 清掃用具が新しい? 湯田神社(皇大神宮摂社) (車、徒歩)

久しぶりにお伊勢さん125社を歩いて巡ろうと本日の起点となる玉城町役場へ向かう途中、こちらもお伊勢さん125社のひとつである湯田神社(皇大神宮摂社)を訪れた。

社叢の前面には田んぼが広がりすでに青々としていた。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

社叢の車道側には数台分の駐車スペースがある。こちらに駐めると入口へと向かった。もちろん、誰もいない。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

参道を進むと目の前に清掃用具が横たわっていた。今までこんな経験はなかった。内宮や外宮でもそうだが、清掃用具は目立たない場所に密かに置かれているのが常だった。これには何か意図があるのだろう! それにしても新しい。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

(この後、他のお伊勢さん125社を巡ったのだが、清掃用具については注目。)

 

清掃用具のことを気にしつつもお参り。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

また、こちらも造替や修繕の気配はなかった。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

今後、いつかは造替または修繕されるはずなので、現状をパチリ・・・。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

それほど劣化は進んでいないようだった。

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

玉垣御門は、板扉付の

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

猿頭門。なぜ猿頭門と呼ばれるのかは知らないのだが、これが理由?

湯田神社(皇大神宮摂社)

湯田神社(皇大神宮摂社)

 

時間もなかったので湯田神社を後にして玉城町役場へと向かった。最初に見つけた清掃用具のことは頭を離れなかった。

湯田神社(皇大神宮摂社)からの眺め

湯田神社(皇大神宮摂社)からの眺め

 

【 20150627 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*