月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

2015年12月19日(土) 月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮) (徒歩)

豊受大神宮の別宮である「月夜見宮 参拝のしおり」を拝見すると「12月19日 午前10時 月次祭 奉幣」と記されていた。外宮および内宮での月次祭 奉幣の儀は平日だったため拝観することはできなかったので、月夜見宮にて拝観しようと30分ほど前に到着した。

ところがどうだろう。鳥居の前に駐車したトラックの荷台には辛櫃が載せられ

月次祭を終えて(月夜見宮)

月次祭を終えて(月夜見宮)

 

あれは浅沓だろうか、多数の箱が月夜見宮から運びだされていた。

月次祭を終えて(月夜見宮)

月次祭を終えて(月夜見宮)

 

鳥居を抜けて参道を進むと月夜見宮奉賛会の法被を着た方が多数・・・。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

(後で分かったのだが、神宮の月次祭は8時半〜9時の間に開始され、10時からは月夜見宮奉賛会による月次祭が斎行される。奉賛会による月次祭は6月と12月だけではなく、毎月執り行われているとのことだった。)

そんな理由から私が拝観したのは月夜見宮奉賛会による月次祭となった。

定刻になると奉賛会会員および一般の参拝者(私も含め)が修祓所の脇に整列した。神職が修祓所にて祓詞を奏上した後

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

大麻を捧持しながら修祓所を後にすると月夜見宮の本殿前へ向かった。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

神饌等が大麻と

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

御塩にて祓い清められた。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

神職は幄舎を後にすると

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

修祓所へ戻ると奉賛会会員らを祓い清めた。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

以上で修祓を終えると神職を先頭に

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

奉賛会会員等が幄舎へと向かった。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

各員が着座すると

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

祝詞奏上の後拝礼、その後玉串が案の足元に立て掛けられた。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

続いては奉賛会による玉串奉奠。代表による奉奠に合わせて

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

全員で二拝ニ拍手一拝。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

以上で月次祭は終了となり

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

神職は退下となり、

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

本殿前、幄舎の下では速やかに後片付けが開始された。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

後片付けが終了する頃

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

宿衛屋の前では

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

直会と称し、

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

御神酒が供されるとともに

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

神饌が手渡された。

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

月夜見宮奉賛会による月次祭(月夜見宮)

 

私は歩きだったので御神酒も神饌もいただいた。(感謝)

 

 

【 20151219の記録 +α 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です