お伊勢さん125社 鏡宮神社、朝熊神社ほか(モノクローム)

2016年04月02日(土) お伊勢さん125社 鏡宮神社、朝熊神社ほか(モノクローム) (車、徒歩)

神宮神田にて神田下種祭の拝観を終えるとお伊勢さん125社まいりへ・・・、これから向かうのは皇大神宮の第一摂社である朝熊神社方面。神宮神田からの最短ルートを探ってみた。

神宮神田を後にし、近鉄朝熊駅方向へ進むと左手に近畿自然歩道の道標が建っている。

「→朝熊駅1.3km、←神宮神田0.2km」近畿自然歩道の道標

「→朝熊駅1.3km、←神宮神田0.2km」近畿自然歩道の道標

 

朝熊駅の矢印に従い、途中で赤福本社工場へ折れるとその脇を通り過ぎる。

流田橋(一宇田川)付近

流田橋(一宇田川)付近

 

川沿いに進むとここが一宇田川であることを知った。

流田橋(一宇田川)

流田橋(一宇田川)

 

さらにこの橋の名は、流田橋。

流田橋(一宇田川)

流田橋(一宇田川)

 

流田橋を後にしてさらに進むとほどなく朝熊川との合流点にたどり着く。振り返ってパチリ。次の写真の左方向が朝熊川で右方向が先程まで歩いてきた一宇田川だ。

朝熊川と一宇田川の合流点

朝熊川と一宇田川の合流点

 

ここで朝熊川になるので、朝熊側の左岸を進むとここで伊勢二見鳥羽ラインの下をくぐり抜ける。

伊勢二見鳥羽ラインのトンネル(朝熊川付近)

伊勢二見鳥羽ラインのトンネル(朝熊川付近)

 

トンネルを抜けて道なりに進めば、その先には朝熊橋(歩道橋)が架かっている。

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

 

橋を渡れば、朝熊神社(皇大神宮 摂社)で、橋を渡らずに進めば鏡宮神社(皇大神宮 末社)。

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

 

まずは、橋を渡らずにその前を通り過ぎると鏡宮神社への階段を下った。

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

下ってから階段を振り返ってパチリ。

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

階段下の左手には根元が土に埋まった社号標が建っている。ここまで川の水が上がってくるのだろうか?

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

短な(身近な)参道を進むと

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

鏡宮神社にお参り。社殿の右側を奥へ進むと

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

朝熊川へと下る石段の下には木の柵に囲われた大きな石がある。この石は、潮干石や虎石などと呼ばれ二面の神鏡がまつられていたとも伝えられるそうだ。この辺りは海の満ち引きの影響を受けるため石が水をかぶることもあるようだ。

虎石(鏡宮神社)

虎石(鏡宮神社)

 

虎石付近から朝熊川越しに対岸を望むとそこはこれから訪れる朝熊神社の社叢だ。

鏡宮神社の虎石付近から朝熊川越しに望む朝熊神社の社叢

鏡宮神社の虎石付近から朝熊川越しに望む朝熊神社の社叢

 

次の写真の隅に人の顔を持つ(頭のような)石を見つけたのでパチリ。

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)

 

鏡宮神社を後にすると先ほどの歩道橋を渡り、朝熊川を越えた。

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)からの風景

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)からの風景

 

橋を渡り終えて左方向へ進むと「定」の立札と社号標を確認できる。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近

 

石段を進むと

朝熊神社(皇大神宮 摂社)

朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

その上方には社殿は二宇。初めて訪れると迷ってしまうが

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

 

向かって左側が朝熊御前神社(皇大神宮 摂社)、右側が朝熊神社(同)で、朝熊神社は皇大神宮第一摂社。

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

 

こちらで以前に抱いた疑問は最近になり解決したので何年越しだろう。

【参考】

この記事では、さまざまな仮説を立てていたが、結局は御造営か大修繕の相違のようだ。今回の式年遷宮でその答えが得られるだろう。こちらの御遷座が待ち遠しい!

 

この場所から眺めると視線の先に

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

朝熊御前神社、朝熊神社(共に皇大神宮 摂社)

 

こんな注意看板が立っている。「落書きはやめましょう!」なんて、お伊勢さん125社のなかでもここにしか無い立札だ。どんなことがあったのだろう?

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の注意看板

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の注意看板

 

朝熊神社から順にお参りを終えると朝熊川の下流側へ進んだ。ここから鏡宮神社方向を眺めるとその奥にも川の流れを見ることができる。ここは内宮の御手洗場、宇治橋の下を流れる五十鈴川と朝熊川の合流点となっている。つまり、鏡宮神社は五十鈴川と朝熊川の合流点に鎮座している。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近から望んだ鏡宮神社(同末社)

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近から望んだ鏡宮神社(同末社)

 

ここからは虎石を望むこともできる。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近から望んだ虎石付近

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近から望んだ虎石付近

 

ふと視線を左へ振ると歩道橋をこちらへ渡る家族連れが・・・お父さんと娘さんが二人。

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)を渡る親子連れ

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)を渡る親子連れ

 

私が眺めていた付近にはマメナシの花が咲いていた。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近に咲くマメナシの花

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近に咲くマメナシの花

 

朝熊橋(歩道橋)を渡り返すと

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

朝熊川に架かる朝熊橋(歩道橋)

 

鏡宮神社の前を通り過ぎた。ここはかつての木場(内宮造営貯木場)で、「川曳用のお木をあずかっていた」とある。

鏡宮神社(皇大神宮 末社)付近の木場(内宮造営貯木場)跡

鏡宮神社(皇大神宮 末社)付近の木場(内宮造営貯木場)跡

 

先ほど歩道橋で見かけた親子連れは最近伊勢へ引っ越して来て、お伊勢さん125社を巡っているそうだ。次は加努弥神社から倭姫宮へ向かうと・・・。

鏡宮神社(皇大神宮 末社)付近から加努弥神社(同)へ

鏡宮神社(皇大神宮 末社)付近から加努弥神社(同)へ

 

私は加努弥神社から宇治山田神社まで・・・

五十鈴川左岸堤防から加努弥神社(皇大神宮 末社)へ

五十鈴川左岸堤防から加努弥神社(皇大神宮 末社)へ

 

まずは加努弥神社(皇大神宮 摂社)へ立ち寄ると

加努弥神社(皇大神宮 末社)

加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

お参り後、神様が見る風景とパチリ。

加努弥神社(皇大神宮 末社)からの風景

加努弥神社(皇大神宮 末社)からの風景

 

加努弥神社の全景を撮影すると

加努弥神社(皇大神宮 末社)

加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

こちらを後にした。

加努弥神社(皇大神宮 末社)および朝熊神社(同摂社)の社叢遠望

加努弥神社(皇大神宮 末社)および朝熊神社(同摂社)の社叢遠望

 

この後は地元の鹿海神社にお参りしてから宇治山田神社へ向かった。

 

【 20160402 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です