あまり変化を感じることができない津長神社と大水神社の大修繕(ともに皇大神宮摂社)

2016年07月23日(土) あまり変化を感じることができない津長神社と大水神社の大修繕(ともに皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

津長神社および大水神社(ともに皇大神宮 摂社)では大修繕のため両社の間に鎮座する饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)が仮殿となっている。最近は毎週末に訪れているのだが、本日も早朝に訪れた。

 

饗土橋姫神社への階段を進むと

仮殿となっている饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)付近

仮殿となっている饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)付近

 

まずはお参り。

饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)

饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)

 

饗土橋姫神社の手前で右方向へ進むと津長神社の参道となっているが、現在も関係者以外立入禁止となっている。

関係者以外立入禁止となっている津長神社への参道

関係者以外立入禁止となっている津長神社への参道

 

石階に設置された作業路もそのままで、社殿は覆屋が掛けられた状態だった。

津長神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

津長神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

 

津長神社とは逆方向へ進むとその先には

饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)前から大水神社(同摂社)へ

饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)前から大水神社(同摂社)へ

 

大水神社への参道が続いているが、この場所は通路だったのか? 私は左側の石階へ回りこんでいたのだが、現状では雨水を流すための溝に角材が横たえられていた。

饗土橋姫神社付近の溝を埋め段差を無くす角材

饗土橋姫神社付近の溝を埋め段差を無くす角材

 

溝に沿ってパチリ。ここは大水神社へ資材を運ぶためにこのルートが使われているようだ。

饗土橋姫神社付近の溝を埋め段差を無くす角材

饗土橋姫神社付近の溝を埋め段差を無くす角材

 

その先は仮設の作業路へと続く。

大水神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

大水神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

 

【 津長神社および大水神社(ともに皇大神宮 摂社)の御遷座まで 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*