ブラッチェise ミニツアー パイロット版〜修験者達の参宮ルートPart1 付 中近世都市山田Market 上座編〜

2016年08月06日(土) ブラッチェise ミニツアー パイロット版〜修験者達の参宮ルートPart1 付 中近世都市山田Market 上座編〜 (徒歩)

千枝さんが主催し古地図や古文書を頼りに伊勢を深く知るツアー「ブラッチェise」、そのツアーコースを熟成させるために地道に続けられている ミニツアー パイロット版。前回は宮川親子デイキャンプの日だったので参加できなかったが、今回は2日連続で参加を希望した。

まず、初日のテーマは「修験者達の参宮ルートPart1 付 中近世都市山田Market 上座編」だった。

このツアーに参加すると何かしら私が抱いていた疑問が解決される。

 

最初の予定ではJR参宮線 山田上口駅 午後3時半にスタートだった。定刻になっても誰もやってこない。開催日を間違えたかとも思ったが、本ツアーを告知している千枝さんのFacebookの記事を確認したところ午後4時スタートに変更となっていた。山田上口駅で乗車することが無いので列車を待つことなんて体験できない。なかなか良い機会となった。千枝さんは伊勢市駅から列車に乗ってくると・・・

前方からやって来た。

JR参宮線 山田上口駅

JR参宮線 山田上口駅

 

定刻が近づくと他にもひとり、ふたり。本日の参加者は顔馴染みの面々で千枝さんと3名(山口さんと田中さんと【キタヰ】こと桝屋)だった。

千枝さんが作成した資料が配られた。

ブラッチェise ミニツアー パイロット版〜修験者達の参宮ルートPart1 付 中近世都市山田Market 上座編〜のコースマップ

ブラッチェise ミニツアー パイロット版〜修験者達の参宮ルートPart1 付 中近世都市山田Market 上座編〜のコースマップ

 

本日は「日本鹿子」なる修験者による参詣案内書の記述に従って上座を目指すものだった。修験者は御師を敵対視するのか、御師に関連する場所を避けてのルート設定が多いそうな・・・

千枝さんの著作内、1「日本鹿子」との比較に見る「伊勢参宮按内記」巻上の内容 の一文

千枝さんの著作内、1「日本鹿子」との比較に見る「伊勢参宮按内記」巻上の内容 の一文

 

この記述によると「山田入口であるおまひろ町、左に御間の社(三社、草奈伎神社・大間国生神社)、上乃久保を過ぎ・・・ 上座に到着。

 

さて、出発。午後4時だがまだまだ暑い。(まぁ、私には関係ないが・・・)

山田上口駅を後にすると

JR参宮線 山田上口駅

JR参宮線 山田上口駅

 

(実は予定のコースマップではGoogleMapが勝手ルーティングした山田上口駅を北方向に出るルートが記されていた。今は(昔も)そんな出入口は存在しないので) 駅前の道路を右方向へ進んだ。

JR参宮線 山田上口駅前

JR参宮線 山田上口駅前

 

そして、たどり着いたのは参宮街道(伊勢街道)沿いに建つこ茶屋町(常磐町)の道標。「この分岐点は現在地より一本北側の道路にあり、この道標も元はそこに立っていました。」とあるので、

茶屋町(常磐町)の道標

茶屋町(常磐町)の道標

 

その場所を探索して北へ移動した。

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

 

スマホの無料アプリ「伊勢ぶらり」の山田衢々之図で古地図上の位置を確認しつつ

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

 

ブラタモリ伊勢編のために作成された防水仕様の山田惣絵図でも確認し、道標の元の場所を確定。

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

茶屋町(常磐町)道標の元位置探索

 

そして、茶屋町(常磐町)道標が元にあったと思わる場所から東方向へ進むと突き当たりまで進んだのだがどうも道が新しい。伊勢ぶらりと古地図を見比べながら

茶屋町(常磐町)道標の元位置〜

茶屋町(常磐町)道標の元位置〜

 

この場所で右折するルートを採ることにした。今まで歩いた方向を振り返ってパチリ。

茶屋町(常磐町)道標の元位置〜せこ美容室(伊勢市常磐)

茶屋町(常磐町)道標の元位置〜せこ美容室(伊勢市常磐)

 

右折するとその先には道路の向こう側に「せこ美容室」。

せこ美容室付近(伊勢市常磐)

せこ美容室付近(伊勢市常磐)

 

伊勢ぶらりを参考に参宮街道へは合流しないように進むとここで突き当たりとなった。後でわかったことだが、以前はこの先にも道が通っていたのだ(ろう)と。今は敷地となっているので右側へ迂回すると

せこ美容室付近〜御間の社(草奈伎神社、大間国生神社)

せこ美容室付近〜御間の社(草奈伎神社、大間国生神社)

 

この場所に出た。前方には私が先ほど(山田上口駅へ集合する前に)お参りした草奈伎神社・大間国生神社の社叢が望める。

有限会社丸天林業付近(伊勢市浦口)

有限会社丸天林業付近(伊勢市浦口)

 

社叢を眺めていたのはこの門の前だった。○に天の文字、今は伊勢でまる天といえば棒天で有名な磯揚げ丸天だが、宮川の流れを利用して木材を伊勢まで運んでいた頃はこちらの丸天林業が有名だったとのこと。(同行の山口さんは博識だ。)

有限会社丸天林業(伊勢市浦口)

有限会社丸天林業(伊勢市浦口)

 

中央分離帯のある大通りを横断すると

有限会社丸天林業付近から御間の社(草奈伎神社、大間国生神社)へ

有限会社丸天林業付近から御間の社(草奈伎神社、大間国生神社)へ

 

その途中で、スタート地点だった山田上口駅を遠望。

JR参宮線 山田上口駅の遠望

JR参宮線 山田上口駅の遠望

 

道路を渡り切ると目の前にある社叢へ近づいた。

草奈伎神社、大間国生神社付近

草奈伎神社、大間国生神社付近

 

こちらの社域には、向かって左側に外宮(豊受大神宮)の第一摂社である草奈伎神社が右側には大間国生神社が鎮座している。私は先にお参りを済ませていたが、皆さんはお参り。こちらは大間国生神社、殿舎の構成が興味深い。

大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

社叢を出るとこの付近の名称についての確定作業。「この辺りは御(大)間広(おまびろ)のはず。」

草奈伎神社、大間国生神社付近にて

草奈伎神社、大間国生神社付近にて

 

さらに進み、清野井庭神社付近で地元の男性に確認したところ「おまびろ」と呼ばれているとのことだった。

清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)付近

清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)付近

 

その言葉を受け、古地図や史料の記述が現在にも引き継がれていることを体感した。この流れで清野井庭神社にお参り。

清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

この後、「日本鹿子」のルートにある上乃久保(かみのくぼ)へ向かうルートを探索したところどうもこの辺りで県道37号横切ってた(まあ、1700年頃にこの県道はないのだが)のだろうと・・・

以前は黄河だったとん亭本店(県道37号沿い)

以前は黄河だったとん亭本店(県道37号沿い)

 

その後はスマホの無料アプリ「伊勢ぶらり」の山田衢々之図ほかに記されている道筋に誘われるように

とん亭本店〜うらのはしコア(伊勢市常磐)

とん亭本店〜うらのはしコア(伊勢市常磐)

 

辿り着いたのがこちら、

とん亭本店〜うらのはしコア(伊勢市常磐)

とん亭本店〜うらのはしコア(伊勢市常磐)

 

「うらのはしコア」の前だった。

「うらのはしコア」の看板

「うらのはしコア」の看板

 

伊勢慶友病院の向かいには「うらのはし」の地名板、当時は清川に浦之橋が架かっていた。

「うらのはし」の看板

「うらのはし」の看板

 

伊勢慶友病院を後にすると

伊勢慶友病院付近

伊勢慶友病院付近

 

伊勢高柳商店街(エスポアたかやなぎ)へ向かった。その入口付近には最近私が毎週のようにお参りしている

伊勢高柳商店街(エスポアたかやなぎ)

伊勢高柳商店街(エスポアたかやなぎ)

 

今社が鎮座する。

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

アーケードを入り、すぐ近くにある河合金物店の先を右折すると

伊勢高柳商店街から上之久保へ

伊勢高柳商店街から上之久保へ

 

ここが上乃(之)久保(かみのくぼ)。

伊勢高柳商店街から上之久保へ

伊勢高柳商店街から上之久保へ

 

以前も見かけた銭湯跡を通り過ぎ

上之久保(今社〜森歯科医院付近)

上之久保(今社〜森歯科医院付近)

 

さらに道なりに進むと突き当たりで直角に・・

上之久保(今社〜森歯科医院付近)

上之久保(今社〜森歯科医院付近)

 

そしてたどり着いたのがこちら。

上之久保(森歯科医院付近)

上之久保(森歯科医院付近)

 

こちらの交差点で外宮方向へ進むと

森歯科医院付近の交差点

森歯科医院付近の交差点

 

ブラタモリでも登場した旧御師 丸岡宗大夫邸が建つ烏帽子世古。(今日はここで我慢)

烏帽子世古の南側に建つ道標

烏帽子世古の南側に建つ道標

 

【参考】

 

烏帽子世古の入口を後にし、続いてはこちら。書店 有文堂がある交差点にて

有文堂の交差点付近(伊勢市八日市場町)

有文堂の交差点付近(伊勢市八日市場町)

 

千枝さんが歩道に座り込んだ。私にとってもこの場所はお宝の場所だったのだ。

有文堂の交差点付近での説明(伊勢市八日市場町)

有文堂の交差点付近での説明(伊勢市八日市場町)

 

有文堂の隣には今でも空間があり、この場所には八日市場の地名通り市場があり、上座と呼ばれていたそうだ。この上座にまつられていたのが蛭子さん、つまり今は坂社の境内地にまつられている伊勢上座蛭子社だった。つまり、ここが伊勢上座蛭子社の旧社地だった。さらに、この交差点の北側には今はコインランドリーとなっている場所(以前は百五銀行八日市場支店、その前は伊勢信用金庫だったそうだ。山口さん談)があり、御薗方向から馬で野菜等が運ばれたがこの場所で下ろされた。また、ここには木戸があり木戸銭を取っていた。さらに極めつけは坂社にある曽祢口と刻された石の発見場所がここだった。そうだ。私の疑問のいくつかがこの時に解消された。だからブラッチェiseはやめられない。

有文堂の隣は市場・上座跡・伊勢上座蛭子社の旧地(伊勢市八日市場町)

有文堂の隣は市場・上座跡・伊勢上座蛭子社の旧地(伊勢市八日市場町)

 

【参考】

 

丸与パンの前を過ぎるとこちらが小西萬金丹本舗。

小西萬金丹本舗(伊勢市八日市場町)

小西萬金丹本舗(伊勢市八日市場町)

 

小西萬金丹本舗(伊勢市八日市場町)

小西萬金丹本舗(伊勢市八日市場町)

 

その奥には旧御師邸の跡地があるそうだ。

小西萬金丹本舗の奥には旧御師邸の跡地

小西萬金丹本舗の奥には旧御師邸の跡地

 

最後に大世古へ入ると

大世古世古の南側に建つ道標

大世古世古の南側に建つ道標

 

私がお気に入りの伊勢和紙ギャラリーがある大豊和紙工業株式会社前。

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

 

疑問に思っていたこの石柱について千枝さんに問うと名前を見て即答だった。こちらは上部茁斎屋敷跡の石碑だった。上部茁斎とは江戸時代、円山応挙に学ぶ円山派の画家とのことだった。

上部茁斎屋敷跡の石柱(大豊和紙工業株式会社の隣)

上部茁斎屋敷跡の石柱(大豊和紙工業株式会社の隣)

 

続いて道路沿いに建つ御師 龍太夫 邸跡の石碑を確認すると

御師 龍太夫 邸跡の石碑(大豊和紙工業株式会社)

御師 龍太夫 邸跡の石碑(大豊和紙工業株式会社)

 

大豊和紙工業株式会社を後にした。

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

 

大世古をさらに北へ進むと私が気になっているこの石蓋を紹介した。恐らくこの下には清川の派川が流れていたのではないか。

大豊和紙工業株式会社〜県道37号

大豊和紙工業株式会社〜県道37号

 

そして千枝さんお得意(?)の座り込んでの探索。新しく入手した地図と他の地図等を照らし合わせると古地図上の現在地を確定した。

現在地の検証中(大豊和紙工業株式会社〜県道37号)

現在地の検証中(大豊和紙工業株式会社〜県道37号)

 

探索を終えて県道37号へ到ると伊勢市大世古歩道橋で県道を越えた。

県道37号、伊勢市大世古歩道橋付近

県道37号、伊勢市大世古歩道橋付近

 

歩道橋の上から暗渠となっている清川の流れを想像しながらパチリ。

伊勢市大世古歩道橋から望む県道37号

伊勢市大世古歩道橋から望む県道37号

 

パチリ。

伊勢市大世古歩道橋から望む県道37号

伊勢市大世古歩道橋から望む県道37号

 

伊勢新道商店街のアーケードを交差してその先の交差点を右へ曲がると左手にあるのが大世古庚申堂。

大世古庚申堂(伊勢市大世古)

大世古庚申堂(伊勢市大世古)

 

大世古庚申堂(伊勢市大世古)

大世古庚申堂(伊勢市大世古)

 

本日のブラッチェiseはこの場所で終了となった。

この後、山田上口駅まで戻ると千枝さんと私は山口さんの車で河崎まで送ってもらった。(感謝)

ブラッチェiseは面白い。古地図にハマりそうだ!

皆さん、ぜひともご参加ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*