覗き見のような写真の理由?!

先日、栄通神社(伊勢市通町)にて通り能 翁式を拝観した際の記録で、後半の写真が覗き見のような雰囲気になっていた。

【参考】

 

実はこの時、玉串奉奠の機会を得たため、背負っていたザックを急いで下ろし、手にしていた一脚を地面に倒しておいた。玉串を受け取ることに意識が向けられ、一脚に取り付けたコンデジ(FINEPIX F770EXR)の電源を切らずに放置してしまった。

玉串奉奠を終えて、撮影を再開しようとすると、液晶モニターには「電源を入れなおして下さい」の警告!

「あれ、あれ・・・」、電源をOFF、ONを何度か繰り返すと撮影できる状態にはなったのだが、撮影できたのはこんな写真だった。

栄通神社例祭(伊勢市通町)

栄通神社例祭(伊勢市通町)

やっぱり、これは覗き見、盗撮っぽい。

 

祭典が終わり、栄通神社を後にしてからカメラをチェックしてみるとどうもレンズを伸縮させる機構の動作がおかしかった。このカメラはそんなに古くはないがかなりこき使っていたから限界だったのか?

(調子が悪かった時の外観を撮ろうと思えばスマホでも撮れたものを、たぶん心の余裕がなかったのだろう。一枚も残っていない。)

 

帰宅後にダメ元でレンズを無理やり押したり、回したりを繰り返していたら、「何と!」正常に動作するようになってしまった。しかし、何時へそを曲げられるか分からない。そんな相棒は不安だ。

ということで壊れかけたその日の午後、早速、代替品の調達に出た。FINEPIX F770EXRには交換用の電池もあるし、これらの資産を有効に利用するにはFINEPIXの同型機かその後継に限られる。近所のケーズデンキを訪れるとFINEPIX F820EXRが15,800円。「これは高いな?」、店員に「これ、いくらになるの?」と軽い気持ちで聞いてみたら「会員カードがあれは13,000円。ただし、在庫は白と赤です。」とのこと。予想に反してかなりの値引きとなり、価格コム等のネットでの価格にも負けないものだった。

即決、「買います。すぐに欲しいから色は赤で。」とお買い上げとなった。ズームの倍率が×20から×18に低下し、GPS機能がなくなりと仕様は落ちているが、合焦性能は向上しているようだ。GPSは使わないし、倍率はこれでも大丈夫だ・・・。

 

左が壊れかけたFINEPIX F770EXRで、右が今回購入した新品のFINEPIX F820EXR。

壊れかけたFINEPIX F770EXR と 新品のFINEPIX F820EXR

壊れかけたFINEPIX F770EXR と 新品のFINEPIX F820EXR

壊れかけたFINEPIX F770EXR と 新品のFINEPIX F820EXR

壊れかけたFINEPIX F770EXR と 新品のFINEPIX F820EXR

 

カメラ遍歴に FINEPIX F820EXR が加わることになった。 (ヨロシク!)

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です