しあわせの宮(多気町土羽)

2014年11月03日(月) しあわせの宮(多気町土羽) (徒歩、車)

昨年、熊野古道伊勢路を踏破するために何度も週末にJR参宮線を利用した。その際、外城田駅を過ぎた辺だろうか車窓に「しあわせの宮」と書かれた案内板を何度も目にした。「どんなとこだろう? 一度訪れてみたい。」そうは思っていても「しあわせの宮」を訪れることが目的にはならずあれから一年以上が経過しても訪れる機会はなかった。

今回、外城田神社(多気町笠木)を訪れた帰り途、ナビに案内を任せて走っていると参宮線の車窓から望んだあの案内板を見かけた。これは呼ばれているのか? 早速ハンドルを左へ切り細い路地へ入るとJR参宮線の踏切を渡った。

すると踏切を渡ったすぐ右側、線路沿いに轍が続いていた。直接右折できなかったため、先の広場でUターンしてからその轍をたどった。

次の写真の奥(多気駅方向)からこちらへ走ってきた。車から降り、振り向いてパチリ。

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

 

さらに反対側(伊勢市駅方向)もパチリ。

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

 

線路に向かうと背面には次の案内板が立っていた。「神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮」

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

 

自然公園なのかと思い、階段へ近づくと

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

 

そこには鳥居があり、「天の岩戸ひらき神社」と記されていた。

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

 

鳥居をくぐり、階段を進むと

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

 

「しあわせの宮」と書かれた鳥居。

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

神代ヶ原の自然公園 しあわせの宮(多気町土羽)

 

その先には次の案内図があった。

神話の里 しあわせの宮 ご案内図(多気町土羽)

神話の里 しあわせの宮 ご案内図(多気町土羽)

 

なんと「○○の宝石箱や」っぽい雰囲気。

神社への近道を進むと

神社への近道(しあわせの宮)

神社への近道(しあわせの宮)

 

このような社殿、さらにその前には見事(?)なシンボルが屹立していた。その土台はハート型だ。

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

 

本殿、拝所を覆う屋根の柱には新しい榊が付けられていた。

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

天の岩戸ひらき神社(しあわせの宮)

 

右上を見るとしあわせの宮 秋の大祭祭典次第、

しあわせの宮 秋の大祭祭典次第およびご案内

しあわせの宮 秋の大祭祭典次第およびご案内

 

さらにはしあわせの宮 秋の大祭ご案内が掲示されていた。

しあわせの宮 秋の大祭ご案内

しあわせの宮 秋の大祭ご案内

 

この資料によると昨日(11月2日)に秋の大祭が斎行されたことになる。一日遅かった。残念。

そんなことを考えていたら踏切の警報機が鳴り始めた。私は来た道(参道?)を急いで駆け下った。

 

そして、鳥居越しにJR参宮線をパチリ。

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

 

見送った。

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

私は撮り鉄でも○○鉄でも何でもないが身体が勝手に動いてしまった。

 

それにしても「しあわせの宮」は一風変わった雰囲気だった。神社であり神社ではないような、公園であり、公園ではないような・・・・

天の岩戸ひらき神社の歌(しあわせの宮)

天の岩戸ひらき神社の歌(しあわせの宮)

 

不思議な気持ちのまま、こちらを後にした。

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

JR参宮線、しあわせの宮付近(多気町土羽)

 

【 20141103 の記録 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*