阿射加神社周辺の散策で見つけた場所、秋葉さん、高城跡(松阪市大阿坂町)

2016年10月30日(日) 阿射加神社周辺の散策で見つけた場所、秋葉さん、高城跡(松阪市大阿坂町) (車、徒歩)

松阪市大阿坂町の阿射加神社にお参りした後、

【参考】

 

社務所の奥に広がる池の畔へ向かった。前回訪れた際には、この少し先で引き返した。今日はこの池の縁を進むと車が走れる程の幅が有り、草は丁寧に刈られていた。

阿射加神社付近の池(松阪市大阿坂町)

阿射加神社付近の池(松阪市大阿坂町)

 

歩き進んだ途中で、池とは反対側を眺めてパチリ。

阿射加神社付近にある池の辺から眺めた風景(松阪市大阿坂町)

阿射加神社付近にある池の辺から眺めた風景(松阪市大阿坂町)

 

順調に歩き進むと道路側の入口にはチェーンが掛かり、こんな警告板が掲げられていた。こちら側からなら進入しなかっただろうが、神社側からには何の警告や注意もなかったので何の疑いもなく歩いてきてしまった。(これは池には入るなとの警告で、周囲の道を歩くなではないのか?)

「危険 立ち入り禁止」だった阿射加神社付近の池(松阪市大阿坂町)

「危険 立ち入り禁止」だった阿射加神社付近の池(松阪市大阿坂町)

 

「危険」の警告板を背にして坂道を下るとY字路に到着。道なりに進めば右方向なのだが、左側の道の先に看板らしきものを発見。その小さな白いものに誘われて寄り道することになった。

池の辺から阿射加神社の参道入口へ(松阪市大阿坂町)

池の辺から阿射加神社の参道入口へ(松阪市大阿坂町)

 

左方向のルートを進むと程なくこの案内板に至った。

「高城跡、ほりこし観音」の案内板(松阪市大阿坂町)

「高城跡、ほりこし観音」の案内板(松阪市大阿坂町)

 

さらにその右手には別の案内板があった。これが私を誘った張本人だった。

「←高城跡、秋葉さん→」の案内板付近(松阪市大阿坂町)

「←高城跡、秋葉さん→」の案内板付近(松阪市大阿坂町)

 

そこには「←高城跡、秋葉さん→」と記されていた。

「←高城跡、秋葉さん→」の案内板(松阪市大阿坂町)

「←高城跡、秋葉さん→」の案内板(松阪市大阿坂町)

 

まずは「秋葉さん→」の指示に従って進むと

案内板から秋葉さんへの小道(松阪市大阿坂町)

案内板から秋葉さんへの小道(松阪市大阿坂町)

 

左手に瓦屋根がチラリ。

案内板から秋葉さんへの小道(松阪市大阿坂町)

案内板から秋葉さんへの小道(松阪市大阿坂町)

 

踏まれている小道を進むとその先には

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

小社が建っていた。

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

手水石を左手に見ながら進むと

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

こちらが秋葉さんだろうか。

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

お参り。

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

線香の箱とマッチ箱が印象的だった。

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

秋葉さん(松阪市大阿坂町)

 

秋葉さんへのお参りを終えると先ほどの案内板まで戻ると続いては「←高城跡」方向へ向った。この黄色い手摺の小さな橋を渡ると左方向へと続く小道を進んだ。

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

 

途中に建築ブロックが積まれた祠があったが、これは「ほりこし観音」ではないだろう・???

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

 

さらに坂道を進むと

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

案内板から高城跡への小道(松阪市大阿坂町)

 

説明板らしきものを見つけた。

高城跡の説明板付近(松阪市大阿坂町)

高城跡の説明板付近(松阪市大阿坂町)

 

それは「高城跡」の説明板だった。

高城跡の説明板(松阪市大阿坂町)

高城跡の説明板(松阪市大阿坂町)

 

高城跡(たかじょうあと)
国指定史跡 昭和57年4月7日指定
所在地   松阪市大阿坂町字市谷・百々向
時代    室町時代
面積    31,545m2

北東方向に突き出た標高70mの丘陵頂部に築かれた城で、東西140m、南北100mの規模を有する。60m四方の主郭(しゅかく)を中心に南東側に削平地(さくへいち)、西側に切り込み平地、北東側に二重の堀切りがある。
主郭をめぐる土塁(どるい)は西側が幅15mと広く、他は5mと狭いが、外側での高さは10mにも達する。主郭の西辺と東辺の中央は土塁が切れて枡形(ますがた)状の出入口を形づくっており、戦国時代の城の特徴を具えている。
江戸時代初めに成立したといわれる「南方紀伝(なんぽうきでん)」に記される阿坂城の「両出城」の一つが本城と考えられるところから、阿坂城の国指定史跡化に伴って「附(つけたり)」として指定されるに至った。
2014年7月31日 松阪市教育委員会

【参考】  説明に出てきたのでこちらが阿坂城(跡)

 

説明板を後にして先へ進むと

高城跡(松阪市大阿坂町)

高城跡(松阪市大阿坂町)

 

突然に視界が開け

高城跡(松阪市大阿坂町)

高城跡(松阪市大阿坂町)

 

空間が左右にさらには奥へと広がっていた。

高城跡(松阪市大阿坂町)

高城跡(松阪市大阿坂町)

 

主郭を通り抜けて

高城跡(松阪市大阿坂町)

高城跡(松阪市大阿坂町)

 

こちらは主郭の西辺で土塁が切れて枡形(ますがた)状の出入口を形づくっていた。

高城跡(松阪市大阿坂町)

高城跡(松阪市大阿坂町)

 

お昼までに帰宅する予定で出かけていたが、寄り道が過ぎて30分ほど遅れそうだ。高城跡の散策は次回の楽しみにとっておくこととして、ここはひとまず引き上げることとし、先ほどの分岐まで戻った。次の写真の中央部に白く見える一点が私を惹き込んだ案内板だった。

池の辺から阿射加神社の参道入口へ(松阪市大阿坂町)

池の辺から阿射加神社の参道入口へ(松阪市大阿坂町)

 

阿射加神社の参道入口方向へ道なりに進むとその手前には

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

 

傾きかけている祠があった。

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

 

その中にはこちらと

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

 

こちら。

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

 

祠の隣には常夜燈が建っていた。

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

阿射加神社の参道入口付近に建つ祠(松阪市大阿坂町)

 

ほっつき歩きだったが良い場所を見つけられた。改めてじっくりと散策したい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です