やっと訪れた、薗の町を見守る板羽稲荷(多気郡大台町薗)

2016年08月21日(日) やっと訪れた、薗の町を見守る板羽稲荷(多気郡大台町薗) (車、徒歩)

奥伊勢フォレストピアから滝頭不動滝までを往復するウォーキングに参加するため大台町薗(旧宮川村)を訪れた。

江馬南交差点を左折すると荻原橋で宮川を越えた。20〜30mだろうか、以前に見かけた道標が目に飛び込んできた。道標を見かけたのは次の宮川ウォークの二日目だった。

【参考】

 

前回と同様な雰囲気でパチリ。

板羽稲荷参道(多気郡大台町薗)

板羽稲荷参道(多気郡大台町薗)

 

板羽稲荷参道の道標を見ながら階段を進むと

板羽稲荷参道の道標(多気郡大台町薗)

板羽稲荷参道の道標(多気郡大台町薗)

 

階段を登り詰めると振り返っておパチリ。

板羽稲荷参道からの風景(多気郡大台町薗)

板羽稲荷参道からの風景(多気郡大台町薗)

 

さらに先へ進んだ、

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

 

鳥居の正面に立つと鳥居をくぐった。

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

 

御垣の上からのぞき込むと小道具程度の石像遺物類が控えていた。

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

 

御由緒等の詳細については不明だが、祠に向かってパチリ。

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

 

御扉に掛けられていた御錠も祠と同じ色になっていた。

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

板羽稲荷(多気郡大台町薗)

 

お参りを終えると改めて薗の町並みを眺めた。

板羽稲荷の鳥居前からの風景(多気郡大台町薗)

板羽稲荷の鳥居前からの風景(多気郡大台町薗)

 

鳥居の柱に注目するとその周囲には朱色のペンキが残されていた。

祠や鳥居を塗り替えたペンキの跡(多気郡大台町薗)

祠や鳥居を塗り替えたペンキの跡(多気郡大台町薗)

 

さらに石畳の周囲にも残されていた。最近に塗替えられたのだろうか?

祠や鳥居を塗り替えたペンキの跡(多気郡大台町薗)

祠や鳥居を塗り替えたペンキの跡(多気郡大台町薗)

 

板羽稲荷を後にして県道424号へ下ると少し離れた場所から板羽稲荷の鳥居を見上げてパチリ。

県道424号から望む板羽稲荷の鳥居(多気郡大台町薗)

県道424号から望む板羽稲荷の鳥居(多気郡大台町薗)

 

県道424号の道路標識を後にすると

県道424号(多気郡大台町薗)

県道424号(多気郡大台町薗)

 

大台町営バス 荻原橋 BUS STOPを通り過ぎ、

大台町営バス 荻原橋 BUS STOP

大台町営バス 荻原橋 BUS STOP

 

荻原橋から

荻原橋(宮川)

荻原橋(宮川)

 

宮川を眺めた。

荻原橋から望む宮川

荻原橋から望む宮川

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です