紀州紀の国・根の国物語(中上健次)、道(白洲正子)ほか

2015年06月27日(土) 紀州紀の国・根の国物語(中上健次)、道(白洲正子)ほか

FBにて友人からお薦めの書籍が次の二冊。伊勢市立伊勢図書館に立ち寄って早速借りてきた。

  1. 道(白洲正子)
  2. 紀州紀の国・根の国物語(中上健次)
紀州紀の国・根の国物語(中上健次)、道(白洲正子)ほか

紀州紀の国・根の国物語(中上健次)、道(白洲正子)ほか

 

道(白洲正子)は、一階の「白洲次郎・白洲正子特設コーナー」に置かれ、

紀州紀の国・根の国物語(中上健次)は三階の書架(保管庫)に眠っていた。

 

これら二冊は自力で手にすることができなかったので図書館の司書さんにお願いして探していただいた。

さらに、一冊、受付カウンター前の棚にあった民話と伝承の絶景36 (石橋睦美)はタイトルに惹かれて手にしてしまった。

二週間で三冊は読み切れないことはわかっていたがまずは流し読みしよう。

 

「道(白洲正子)」のページを開き目次を眺めると興味深いタイトルが続き、最後の「比叡山 回峰行」の文字に目が釘付けとなった。実は、先日、TVにて比叡山の千日回峰行を特集した番組を観、このルートを歩いてみたいと思っていたからだった。なんとタイムリーなことだろう。「比叡山 回峰行」から読み始めたのは言うまでもない。白洲正子さんによる情景描写が鮮明で、TVで観た映像とオーバーラップし、歩きたい思いが強まった。(感謝)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です