新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

宮川流域案内人の知人が立ち上げた「わたらいツーリズム」の下見ツアー

2016年08月11日(木) 宮川流域案内人の知人が立ち上げた「わたらいツーリズム」の下見ツアー (車、徒歩)

宮川流域案内人の知人、御村さんは自らが住む度会町の魅力を発信し、まちおこしになる活動に取り組み始めた。民間の旅行会社で働くことにし、利益を確保しつつも利益だけを追求するのではなく、各種団体と連携しながら地域資源を生かした着地型観光ツアー「地旅」を展開する。そのことにより度会町の魅力を発信し、度会町への移住や度会町でお店を開くきっかけ作りに寄与しようとしている。

その「わたらいツーリズム」なる企画の第一弾が、宮リバー度会パークにある「バザールわたらい」を起点とした徒歩による日帰り観光ツアーで、ガイドは地元を知り尽くした案内人が担当する。

モニターツアーの前に下見ツアーなるものを実施することになり、参加要請をいただいた。

素晴らしい地域おこしとなるように私も心して参加した。

 

集合場所である「バザールわたらい」に到着すると下見ツアーの参加者がひとり、ふたりと集まってきた。主催者である御村さんに挨拶するといきなりこの冊子が手渡された。これは今回の下見とは全く関係はないのだが、興味深いものだった。縄文人とMagazineを掛けた[縄文ZINE]。

「都会の縄文人のためのマガジン 縄文ZINE」

「都会の縄文人のためのマガジン 縄文ZINE」

 

参加者は主催の御村さんとガイドを担当する橋本さんおよび西村さん、さらにはさまざまな視点からのフィードバックを求めて招集された横輪町の中村さんと私。全員が宮川流域案内人だった。

今回のツアーは午前と午後の二部制でいずれか一方でも、両方の一日通しでも参加できるものだった。二部制のためスタートもゴールもザールわたらいに設定されていた。午前の部は久具都比賣神社を経由するルートで、午後の部は神宮御萱場に迫る(中へは入れないので)ものだった。

下見ツアー出発前の打ち合わせ(バザールわたらい)

下見ツアー出発前の打ち合わせ(バザールわたらい)

 

打ち合わせを終えてバザールわたらいをスタートすると

バザールわたらいを出発

バザールわたらいを出発

 

内城田大橋ヘ向かった。

バザールわたらい〜内城田大橋(宮川)

バザールわたらい〜内城田大橋(宮川)

 

内城田大橋にて案内人から説明を受けた内容はかなり豊富で、網羅すればこの場で20〜30分もかかることだろう。詳細を記してしまうとネタバレになってしまうので、ここではなるべくその内容を公開しないことにしよう。詳細を知りたい方はぜひとも「わたらいツーリズム」に参加していただきたい!

内城田大橋(宮川)

内城田大橋(宮川)

 

内城田大橋の下流側では宮川の水質維持に貢献している一之瀬川が合流し、その先に架かっているのが

内城田大橋から望む宮川と一之瀬川の合流点

内城田大橋から望む宮川と一之瀬川の合流点

 

飛瀬浦橋。

内城田大橋から望む一之瀬川に架かる飛瀬浦橋

内城田大橋から望む一之瀬川に架かる飛瀬浦橋

 

また、上流側にあるかご岩についても・・・

内城田大橋から望む宮川の上流方向

内城田大橋から望む宮川の上流方向

 

内城田大橋を渡り切るとこのバスのりばからこれから向かう山崎の大岩方向を望んだ。

BUS STOP 内城田大橋 三重交通付近から望む山崎の大岩方向

BUS STOP 内城田大橋 三重交通付近から望む山崎の大岩方向

 

アスファルト舗装された坂道を進むとその途中で右へ折れると地道へ入った。ここは旧道。

旧道にて山崎の大岩へ

旧道にて山崎の大岩へ

 

旧道の途中から左方向へ・・・

山崎の大岩への参道

山崎の大岩への参道

 

石段のある坂を進むと鳥居が建っている。

山崎の大岩への参道

山崎の大岩への参道

 

こちらが山崎の大岩で、下部には愛宕さんがまつられている。

山崎の大岩(度会町下久具)

山崎の大岩(度会町下久具)

 

愛宕さんがまつられている山崎の大岩

愛宕さんがまつられている山崎の大岩

 

大岩の右方向には下久具の町を見守る岩がある。

山崎の大岩の近くで下久具の町を見守る岩

山崎の大岩の近くで下久具の町を見守る岩

 

予定されているツアーコースはここまでだったが、オプションを検討するために大岩の上にある浅間山の山頂へ向かった。

山崎の大岩から下久具浅間山の頂上へ

山崎の大岩から下久具浅間山の頂上へ

 

程なく到着したところには「イセ Aoki」さんによる山頂標。

下久具浅間山の頂上標(イセAoki)

下久具浅間山の頂上標(イセAoki)

 

山頂には大日如来がまつられている。その像を挟むように浅間さんの御幣が二本、立てられていた。

下久具浅間山の頂上にまつられている御幣

下久具浅間山の頂上にまつられている御幣

 

下久具浅間山の頂上にまつられている御幣

下久具浅間山の頂上にまつられている御幣

 

下久具浅間山の頂上を後にすると大岩の鳥居をくぐり返して湧き水のポイントへ向かった。

山崎の大岩〜湧き水

山崎の大岩〜湧き水

 

その途中で庚申塔や山神・・・

庚申塔ほか(山崎の大岩〜湧き水)

庚申塔ほか(山崎の大岩〜湧き水)

 

旧道から車道を横断するとその先には

山崎の大岩〜湧き水

山崎の大岩〜湧き水

 

湧き水が・・・

湧き水(度会町下久具)

湧き水(度会町下久具)

 

この後は下久具のまちなかを進んだ。

湧き水〜海蔵寺

湧き水〜海蔵寺

 

海蔵寺および下久具公民館でトイレの存在と利用の可非を確認した。

海蔵寺(度会町下久具)

海蔵寺(度会町下久具)

 

次は、海蔵寺から遙拝所まで。

海蔵寺〜遙拝所

海蔵寺〜遙拝所

 

海蔵寺〜遙拝所

海蔵寺〜遙拝所

 

海蔵寺〜遙拝所

海蔵寺〜遙拝所

 

こちらは遙拝所の前に建っている道標。予定コースではここは直進だったが、ここでもオプション調査のため左折した。

遙拝所前の道標(度会町下久具)

遙拝所前の道標(度会町下久具)

 

その前に遙拝所前にて区長さんから話を聞いた。こちらの遙拝所は神宮と内城田神社を遥拝する場所らしい。

遙拝所(度会町下久具)

遙拝所(度会町下久具)

 

【参考】

 

オプションで訪れたのは御頭神事の獅子頭安置所。

御頭神事の獅子頭安置所(度会町下久具)

御頭神事の獅子頭安置所(度会町下久具)

 

【参考】

 

獅子頭安置所を後にするとお伊勢さん125社のひとつである久具都比賣神社を目指した。

獅子頭安置所〜BUS STOP 山川 三重交通(度会町下久具)

獅子頭安置所〜BUS STOP 山川 三重交通(度会町下久具)

 

その前に立ち止まったのは、このバス停。

BUS STOP 山川(やまご) 三重交通

BUS STOP 山川(やまご) 三重交通

 

「ふりがな」が無ければ「やまかわ」と読んでしまうが、正しくは「やまご」。このバス停のふりがなは「やまごう」となっていた。

BUS STOP 山川(やまご) 三重交通

BUS STOP 山川(やまご) 三重交通

 

バス停を後にすると稲が植えられていない田んぼについて雑談したり・・・

BUS STOP 山川 三重交通〜久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

BUS STOP 山川 三重交通〜久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

 

久具都比賣神社の社叢を眺めながら右折して川沿いの道を進んだ。

BUS STOP 山川 三重交通〜久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

BUS STOP 山川 三重交通〜久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

 

お茶の木の手入れだろうか?

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)付近

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)付近

 

程なく久具都比賣神社に到着。

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

 

 

こちらは初詣に訪れたことがあるほど私にも思い入れがある神社だ。

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

久具都比賣神社(皇大神宮 摂社)

 

【参考】

 

お参りを終えると社殿の裏手にあるクスノキの巨木を確認した。

久具都比賣神社の社域に立つクスノキの巨木

久具都比賣神社の社域に立つクスノキの巨木

 

さて、この幹周りは胸高で何尋だろう?

久具都比賣神社の社域に立つクスノキの巨木

久具都比賣神社の社域に立つクスノキの巨木

 

久具都比賣神社を後にするとその裏手にある上久具の渡し場跡へ向かった。ここでは渡しの再現の話題となり、まずはゴムボートか?

上久具の渡し場跡(宮川)

上久具の渡し場跡(宮川)

 

渡し場跡を後にすると

上久具の渡し場跡(宮川)を後にして

上久具の渡し場跡(宮川)を後にして

 

こんな足跡を無かけた。これはトラック、オリンピックだろうか?

久具都比賣神社付近で見つけた足跡

久具都比賣神社付近で見つけた足跡

 

社叢を遠望すると

久具都比賣神社付近(度会町上久具)

久具都比賣神社付近(度会町上久具)

 

久具都比売橋を渡った。

久具都比売橋(宮川)

久具都比売橋(宮川)

 

途中で倭姫姫の鬢水入れ方向を眺めた。

久具都比売橋から望む宮川の下流側、倭姫姫の鬢水入れ方向

久具都比売橋から望む宮川の下流側、倭姫姫の鬢水入れ方向

 

【参考】

 

また、ここからは午後に訪れる神宮御萱場を遠望できた。

久具都比売橋から遠望した神宮御萱場

久具都比売橋から遠望した神宮御萱場

 

久具都比売橋を渡り切ると右方向へ進んだ。

久具都比売橋〜度会町棚橋水源地付近

久具都比売橋〜度会町棚橋水源地付近

 

右下に新しい度会町棚橋水源地が見えてくると

度会町棚橋水源地

度会町棚橋水源地

 

その先の階段を下った。

度会町棚橋水源地付近で県道38号から離れる

度会町棚橋水源地付近で県道38号から離れる

 

階段の下にはこのように県道38号の下にトンネルが設置されていた。小学生の通学用らしい。

県道38号のトンネル(度会町棚橋水源地付近)

県道38号のトンネル(度会町棚橋水源地付近)

 

頭上に注意しながらトンネルを抜けると左へと続く坂道を進んだ。

県道38号のトンネル(度会町棚橋水源地付近)

県道38号のトンネル(度会町棚橋水源地付近)

 

その先にあるのは蓮華寺。

蓮華寺(度会町棚橋)

蓮華寺(度会町棚橋)

 

山門をくぐるとお参り。

蓮華寺(度会町棚橋)

蓮華寺(度会町棚橋)

 

こちらには通海を供養した五輪塔。

通海を供養した五輪塔(蓮華寺)

通海を供養した五輪塔(蓮華寺)

 

【参考】

 

蓮華寺を後にするとこの場所から宮川を遠望した。あの場所は棚橋の御頭神事に参加する人々が禊をする場所だそうだ。

蓮華寺(度会町棚橋)付近から望む宮川

蓮華寺(度会町棚橋)付近から望む宮川

 

度会小学校の脇の坂道を道なりに進むと

度会小学校付近(度会町棚橋)

度会小学校付近(度会町棚橋)

 

案内に従って歩いたことがない道を進むと「古踊り場 棚橋区」の石柱が建っている場所へたどり着いた。

「古踊り場 棚橋区」の石柱

「古踊り場 棚橋区」の石柱

 

その先で右方向へ進むと

「古踊り場 棚橋区」〜大悲山 法光寺

「古踊り場 棚橋区」〜大悲山 法光寺

 

大悲山 法光寺の境内へ。その一画には御頭神事のための獅子頭を保管する大上殿が建っている。

御頭神事のための獅子頭を保管する大上殿(度会町棚橋)

御頭神事のための獅子頭を保管する大上殿(度会町棚橋)

 

【参考】

 

本堂の手前に建つ薬師堂には大いなる変遷があった。

薬師堂と本堂(大悲山 法光寺)

薬師堂と本堂(大悲山 法光寺)

 

その沿革は薬師堂の左手に残されている鬼瓦の下に記されている。詳細はこの説明板を参考に・・、薬師堂は元は別の場所にあったとのこと。

薬師堂建立沿革の説明板とともに展示されている鬼瓦

薬師堂建立沿革の説明板とともに展示されている鬼瓦

 

大悲山 法光寺を後にすると薬師堂跡へ向かった。

大悲山 法光寺(度会町棚橋)

大悲山 法光寺(度会町棚橋)

 

その途中で、こんな広場や

広い空間(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

広い空間(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

 

こんな広場を通り過ぎた。ここは踊り場と呼ばれ文字通り盆踊り等が行なわれていたそうだ。

踊り場(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

踊り場(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

 

役場へと続く道路を横断すると

薬師道へ(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

薬師道へ(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

 

こちらが薬師道。かつてあった薬師堂へと続く道を表している。真っ直ぐ進むと

薬師道(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

薬師道(大悲山 法光寺〜薬師堂跡付近)

 

田んぼの向こう左側、今は宅地となっている場所が薬師堂跡だ。

薬師堂跡付近(度会町棚橋)

薬師堂跡付近(度会町棚橋)

 

右方向お車道を横断して三重県立度会特別支援学校の前を進むと先行した人たちが・・・

お頭神事芋納所(三重県立度会特別支援学校付近)

お頭神事芋納所(三重県立度会特別支援学校付近)

 

ここはお頭神事芋納所だった。珍しい風習だが、御頭が町内を巡って悪を集めるが、その際に芋なるモノに詰める。

お頭神事芋納所(三重県立度会特別支援学校付近)

お頭神事芋納所(三重県立度会特別支援学校付近)

 

その芋がこちら。

お頭神事芋納所の石柱に掛けられている芋

お頭神事芋納所の石柱に掛けられている芋

 

バザールわたらいへ戻ると午前の部が終了となった。

バザールわたらいへ到着

バザールわたらいへ到着

 

本来はバザールわたらいにて昼食となるのだが、今日は席を確保できなかったようで川口バスのりば付近にある飲食店での昼食となった。

昼食を終えると午後の部のスタート。

バザールわたらいからスタートの予定だったが、ここまで移動していたので途中で予定ルートに合流することになった。

BUS STOP 川口 三重交通 付近

BUS STOP 川口 三重交通 付近

 

バスのりばの向かい側にある坂道を上ると道路案内板が眼下に望めた。台風により大水の際、あの青い看板の下部まで水が上ったそうだ。

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

 

道なり進むと

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

 

立派な蔵で

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

 

素晴らしい装飾の瓦を見つけた。

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

 

ここで、右から来る予定ルートを合流して左方向へ進んだ。

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

BUS STOP 川口 三重交通〜少林山 安心寺

 

こちらは少林山 安心寺。

少林山 安心寺(度会町川口)

少林山 安心寺(度会町川口)

 

本堂に向かって左側には

少林山 安心寺(度会町川口

少林山 安心寺(度会町川口

 

亀石が置かれている。

少林山 安心寺の亀石(度会町川口)

少林山 安心寺の亀石(度会町川口)

 

安心寺を後にしてさらに進むとこちらはお稲荷さんか?

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

 

途中で、神宮御萱場が近づいていた。

神宮御萱場の遠望(少林山 安心寺〜五里山橋)

神宮御萱場の遠望(少林山 安心寺〜五里山橋)

 

こんな風景も楽しみながら

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

 

・・・

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

少林山 安心寺〜五里山橋(一之瀬川)

 

ここでは敢えて上方へと進む旧道へ入った。

旧道へ(少林山 安心寺〜五里山橋)

旧道へ(少林山 安心寺〜五里山橋)

 

素晴らしい展望。

旧道(少林山 安心寺〜五里山橋)

旧道(少林山 安心寺〜五里山橋)

 

ここからは五里山橋に向けて一気に下った。

旧道(少林山 安心寺〜五里山橋)

旧道(少林山 安心寺〜五里山橋)

 

五里山橋バスのりばを確認してから道路を横断すると

BUS STOP 五里山橋 三重交通

BUS STOP 五里山橋 三重交通

 

五里山橋で一之瀬川を越えた。

五里山橋(一之瀬川)

五里山橋(一之瀬川)

 

その先には旧五里山橋の親柱が横たえられていた。

道路脇に転がされている旧五里山橋の親柱

道路脇に転がされている旧五里山橋の親柱

 

道路脇に転がされている旧五里山橋の親柱

道路脇に転がされている旧五里山橋の親柱

 

こちらは人気の有るパン屋さんとのことだ。

最近人気があるパン屋さん、五里山橋付近

最近人気があるパン屋さん、五里山橋付近

 

さらに進むと

五里山橋(一之瀬川)〜神宮御萱場

五里山橋(一之瀬川)〜神宮御萱場

 

まずは神宮御萱場を目指した。

五里山橋(一之瀬川)〜神宮御萱場

五里山橋(一之瀬川)〜神宮御萱場

 

神宮御萱場には入ることができないので、神宮御萱場を作る作業に奉仕した人たちの石柱を確認した。

神宮御萱場入口付近

神宮御萱場入口付近

 

実は今回のガイドのひとりである橋本丈男さんが案内人をつとめたツアーには何度か参加させていただいている。そのひとつは度会町が主催し神宮御萱場を巡るツアーだった。

【参考】

 

石柱で折り返すとこちらの農道へ入った。

神宮御萱場入口付近〜八大龍神雨乞瀧

神宮御萱場入口付近〜八大龍神雨乞瀧

 

その途中でパ〜〜チリ。

神宮御萱場のパノラマ

神宮御萱場のパノラマ

 

農道をさらに進むとその先にこの扉、フェンスの向こう側には

八大龍神雨乞瀧付近(度会町川口)

八大龍神雨乞瀧付近(度会町川口)

 

八大龍神雨乞瀧が落ちていた。

八大龍神雨乞瀧(度会町川口)

八大龍神雨乞瀧(度会町川口)

 

【参考】

 

八大龍神雨乞瀧でしばし心身を休めてから五輪堂を目指した。

八大龍神雨乞瀧〜五輪堂

八大龍神雨乞瀧〜五輪堂

 

「八大龍神雨乞瀧 50m」のところまでたどり着くと前方には五輪堂への階段が望める。

五輪堂付近(度会町川口)

五輪堂付近(度会町川口)

 

階段をゆっくりと上り五輪堂、その周辺には

五輪堂(度会町川口)

五輪堂(度会町川口)

 

多数の興味深い石造遺物等が残されている。

五輪堂(度会町川口)

五輪堂(度会町川口)

 

ここでは説明を聞きながら、御村さんが「大蛇は大水である」との持論を展開していた。

五輪堂(度会町川口)

五輪堂(度会町川口)

 

五輪堂を後にすると神宮御萱場をパチリ。萱が整然と育てられている様子がよく分かる。

五輪堂付近から遠望した神宮御萱場

五輪堂付近から遠望した神宮御萱場

 

さらに遠ざかってからも振り返って・・・

五輪堂付近から望む神宮御萱場

五輪堂付近から望む神宮御萱場

 

この後は私は歩いたことがない一之瀬川右岸へと向かった。

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

 

この手前を折り返せば五里山橋の方へ向かうのだが、ここはあえて直進した。

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

 

獣害防止用の柵の中へ入ると

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

 

その先は一之瀬川の右岸、川の水が気持ちよさそうだった。今日も熱い、暑い、アツイ。

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

五輪堂〜飛瀬浦橋(一之瀬川)

 

程なく飛瀬浦橋へたどり着いた。

飛瀬浦橋(一之瀬川)

飛瀬浦橋(一之瀬川)

 

次の信号を右折して内城田大橋を渡ればゴール地点のバザールわたらいに到着だ。(しかし、今日は別の場所での昼食だったので、この交差点付近から車での移動となった。)

飛瀬浦橋(一之瀬川)付近

飛瀬浦橋(一之瀬川)付近

 

本ルートは午前の部が5.5km、午後の部が6.5kmなので1日を通しても12km。お昼の休憩を挟むので程よい歩きでの日帰り観光ツアーだ。さらに地元案内人の知識が豊富なので、歩くだけではなく自然や歴史文化に関する興味を満たしてくれる。

まず、初回のツアーターゲットは、「健康ウォーキング志向の60歳代以上が中心」としているそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*