新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

今社の御神遷『川原大祓の儀、本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

2016年11月12日(土) 今社の御神遷『川原大祓の儀、本殿遷座祭』(伊勢市宮町) (車、徒歩)

夕方に訪れたのはついに御神遷の日を迎えた今社(伊勢市宮町)。今は假殿となっている清川稲荷大明神の修繕、御遷座も含めると一年以上も追いかけてきたことになる。(詳細は最後尾にリンク一覧の掲載)

御神遷では高柳テントハウスにて午後7時より川原大祓が執り行われると商店街のアーケードを参進し、今社にて本殿遷座祭が斎行された。

午後5時過ぎに今社を訪れた。

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

 

 

假殿である清川稲荷大明神から今社までは遷御の経路となる遷御御道筋には筵道が舗設されていた。

御神遷を前に、今社と假殿の清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社と假殿の清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

遷座祭では假殿である清川稲荷大明神からの出御となる。

今社の假殿、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

今社の假殿、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

また、今社の拝殿では

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

 

御神饌に奉仕する神職が段取りを打ち合わせていた。

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

御神遷を前に、今社(伊勢市宮町)

 

川原祓所となる高柳テントハウスへ向うと多数の奉仕者が控えていた。

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

 

手水も順次を済ませて・・・

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

 

まだ、時間に余裕があったので、知人の記念撮影、

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

 

彼に見せてもらった式次第を要約するとこんな感じだ。

式次第 ( 今社の御神遷『川原大祓の儀、本殿遷座祭』 )
一、川原大祓(高柳テントハウスにて)
一、召立の儀
行列は、
大麻→御塩→先導→眞榊→御白杖→御楯→御鉾→御胡籙 (やなぐい)→御弓→御弓→菅御翳(さしは)→紫御翳(さしは)→紫御笠→布単(道敷)→行障→宮司→御神体(助務)→絹垣→布単→造営委員会会長→御太刀→御大鏡→御鏡→御櫛筥→御琴→御神像→後衛→参列者

一、参進(高柳テントハウス→高柳商店街アーケード→今社)
一、宮司以下祭員・氏子総代・造営委員会会長等所定の座に
一、宮司一拝
一、宮司 假殿開扉
一、宮司 祝詞奏上
一、遷御
布単所役は仮御殿から新殿へ道布を敷く
行障絹垣の所役は仮御殿前へ
宮司 奉戴準備
鶏鳴三声「カケコー カケコー カケコー」消灯
「出御 出御 出御」三声
『御』が絹垣の中に納まると新殿へ向かう
一、入御
『御』が新殿に納まる 点灯
絹垣・行障・布単・道敷を撤す
一、召立 御神宝・威儀物を新殿へ
一、献饌
一、宮司 祝詞奏上
一、玉串奉奠
一、宮司 新殿閉扉
一、宮司一拝
一、宮司挨拶
一、退下
一、直会

 

定刻が近づいてくると神職も高柳テントハウスへやってきた。

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

御神遷を前に、川原大祓の会場(高柳テントハウス)

 

【川原大祓】

神職が手水を受けるといよいよ『川原大祓の儀』が開始された。

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

まずは修祓。

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

修祓を終えると召立となった。各所役は召立てに従って威儀物や御神宝を手にすると捧持して伊勢高柳商店街のアーケード下に整列した。

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

召立てが続けられた。

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

召立ての途中、突然にアーケードの照明が落とされた。すると遷座祭の雰囲気が・・・

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

その後、布単(道敷)、

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

行障、

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

宮司が続き、

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

こちらが『御』を囲う絹垣・・・

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

 

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

今社の御神遷『川原大祓の儀』(高柳テントハウス)

 

【参進】

すべての奉仕者がアーケード下に整列すると今社までの参進が開始された。

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

 

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

 

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

今社の御神遷、参進(高柳テントハウス〜今社)

 

【所定の座に】

御神宝、威儀物を捧持する所役はこの場にて待機し、神職および遷御のための所役が仮殿へ。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【宮司一拝・假殿開扉・祝詞奏上、遷御】

宮司一拝の後、仮殿の御扉が開かれると祝詞奏上。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

私は假殿から離れ、今社の拝殿前で拝観していたところ、鶏鳴三声「カケコー カケコー カケコー」で消灯。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

「出御 出御 出御」の三声。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

しばらくすると、筵道の上に布単が敷かれていった。その後、目の前の御神燈が遷御の列の前へ移動すると

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

その列を先導して拝殿へと近づいてきた。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

御神燈のみに照らされた絹垣は神々しかった。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

『御』を包み込んだ絹垣は拝殿へ

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【入御】

さらには本殿のへと近づくとほどなく入御となった。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

入御を終えると点灯された。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

その後、絹垣・行障・布単・道敷が速やかに撤っされた。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【召立 御神宝・威儀物を新殿へ】

拝殿下では召立が開始され、名を呼ばれた各所役は「うぉー」と警蹕で応じると御神宝・威儀物を捧持しながら拝殿へ進み

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

本殿の御門の前に立つ神職に

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

御神宝・威儀物を手渡した。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

召立は御神燈に続き、川原大祓の際と同様に進められた。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【献饌】

召立が終了すると続いては神饌が神前に供された。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【祝詞奏上】

宮司により祝詞が奏上された後

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【玉串奉奠】

まずは宮司による玉串奉奠。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

続いて、総代・敬神婦人会・造営委員会会長

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

最後に遷座奉仕者代表とともに奉仕者が・・・。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【撤饌】

玉串奉奠を終えると神饌が撤っされた。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【新殿閉扉、宮司一拝、宮司挨拶】

新殿の御扉が閉じられると宮司一拝。宮司挨拶にて御神遷は終了した。

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

今社の御神遷『本殿遷座祭』(伊勢市宮町)

 

【退下】

神職、奉仕者は退下となった。

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

【御神遷を終えて】

御神遷を終えた今社では参拝者が次々とお参りしていた。

御神遷を終えて、今社と假殿だった清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社と假殿だった清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

私は假殿となっていた清川稲荷大明神にお参りしてから

御神遷を終えて、假殿だった清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、假殿だった清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

今社にお参りした。

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

拝殿の脇から眺めると

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

御鑰が残されていた。先ほどの閉扉で使用されたものだ。

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

しばらくすると拝殿の下は日常へと戻されていった。

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

月を見上げて今社を後にした。(翌日の奉祝祭は都合により拝観できなかった。残念)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

御神遷を終えて、今社(伊勢市宮町)

 

今社の假殿となった清川稲荷大明神の御神遷も含めると一年以上も今社を追いかけてきたことになる。この御神遷は感慨深い!

 

【今社、御神遷までの経過】

 

【清川稲荷大明神、御遷座までの経過】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*