初めての菅島(鳥羽市)へ

2017年07月08日(土) 初めての菅島(鳥羽市)へ (JR、船)

今年こそはし菅島のしろんご祭を体感しよう。週間天気予報は天候が崩れると予想していたが、前日になると晴の予報に変わった。もう迷うことはない。

しろんご祭が初めてなら菅島を訪れるのはも初めてだった。伊勢から鳥羽へ向かうと佐田浜(鳥羽)から鳥羽市営定期船で菅島へ向かう。しろんご祭の開始時刻が、8時半か9時半か(結局は9時半開始だったが)わからなかったが、とにかくその時刻に間に合う船は7時55分 佐田浜発しかなかった。

ワクワクしながら伊勢市駅からJR参宮線に乗車した。(午前7時発)

JR参宮線 伊勢市駅

JR参宮線 伊勢市駅

 

余談だけど、伊勢と鳥羽を列車で移動する場合、JRを多用している。その理由は乗車料金と車窓の風景だ。

乗車料金については 近鉄 宇治山田駅〜鳥羽駅 ¥300円、伊勢市駅〜鳥羽駅 ¥330円、それに対して JRは 伊勢市駅〜鳥羽駅 ¥240円である。往復するとこの違いは大きい。
さらにJR参宮線は線路の左右がよく見えるし、海岸線を走っているので車窓の風景が素晴らしい。

伊勢市駅を出発すると車窓の風景を楽しみながら・・・

勢田川は油断しているうちに過ぎてしまったので、まずは五十鈴川を渡る。

五十鈴川を渡るJR参宮線

五十鈴川を渡るJR参宮線

 

その途中、上流側に割石(われいし)がチラリと見えた。まだ訪れたことがないので行ってみたいのだが、なかなか訪れる機会が・・・。機会は作るものなのだ。(ハイ)

JR参宮線から望む割石(五十鈴川)

JR参宮線から望む割石(五十鈴川)

 

五十鈴川を渡ると左手には神宮御薗が現れる。多数のビニールハウスが建ち並んでいた。

 

光の街へと続く道路の高架橋をくぐると二見浦駅に到着する。

光の街への高架橋付近を走るJR参宮線

光の街への高架橋付近を走るJR参宮線

 

二見浦駅を出るとすぐにトンネルに入る。トンネルと抜けると

?トンネルを抜けるJR参宮線

?トンネルを抜けるJR参宮線

 

程なく左手には江神社(皇大神宮摂社)の社叢が望める。ただし、最近御造替された新しい社殿等を目にすることはできない。さらには右手方向に栄野神社が現れる。

英野神社を過ぎると五十鈴川派川の鉄橋に差しかかる。鉄橋を越えると松下駅。

五十鈴川派川を渡るJR参宮線

五十鈴川派川を渡るJR参宮線

 

その後、臨時駅である池の浦シーサイド駅を通過すると

池の浦シーサイド駅を通過するJR参宮線

池の浦シーサイド駅を通過するJR参宮線

 

海上を走るように思える(右側にフェンスがなければそのことがよくわかる。地図で見るとこの線路は海上に浮かぶように一筋に走っている。)場所を通過。

池の浦の海上(?)を通過するJR参宮線

池の浦の海上(?)を通過するJR参宮線

 

この後も左側にちらちらと海を見せながら鳥羽駅に到着する。

鳥羽駅に到着したJR参宮線

鳥羽駅に到着したJR参宮線

 

鳥羽駅から跨線橋で国道42号を渡ると

鳥羽駅の跨線橋からの風景

鳥羽駅の跨線橋からの風景

 

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)への案内板に従った。

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)への案内板

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)への案内板

 

途中で右へ曲がればターミナルへ直行だったが、前方に見えたこの施設が気になったので直進。なんとも魅惑的な・・・。

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)付近

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)付近

 

海上保安庁のPC36 とばぎり、PC37 しまなみを眺めながら鳥羽マリンターミナルへ向かうと

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)付近

鳥羽マリンターミナル(佐田浜)付近

 

本日のみ有効な「しろんご祭専用の往復チケット(鳥羽⇔菅島)」が発売されていた。もちろん、チケットを購入した。(しかし、往復割引はない)

しろんご祭専用の往復チケット(鳥羽⇔菅島)

しろんご祭専用の往復チケット(鳥羽⇔菅島)

 

しばらくすると菅島行きの定期船が到着した。

鳥羽市営定期船 佐田浜(鳥羽)乗り場

鳥羽市営定期船 佐田浜(鳥羽)乗り場

 

しかし今日は菅島行きの特別な日、7時55分発を前にして臨時便がでるとのことだった。ここでも迷わずに臨時便に乗船した。

臨時の菅島行き(鳥羽市営定期船 佐田浜(鳥羽)乗り場)

臨時の菅島行き(鳥羽市営定期船 佐田浜(鳥羽)乗り場)

 

臨時便は定期船と比べればかなり小さな船だったが、これがまた楽しい。

臨時船で菅島へ

臨時船で菅島へ

 

その船にはこんな銘板がついていた。

臨時船で菅島へ

臨時船で菅島へ

 

左前方には神島を見ながらこんな感じでの船旅が続いた。

神島を望みながら菅島へ

神島を望みながら菅島へ

 

しかし佐田浜を出てから15分ほどで菅島漁港に入港すると

菅島漁港への入港

菅島漁港への入港

 

鳥羽市営定期船 菅島乗り場に到着した。

鳥羽市営定期船 菅島乗り場

鳥羽市営定期船 菅島乗り場

 

臨時便は一方通行で、乗客を乗せることもなく乗り場を離れていった。

菅島行きの臨時船

菅島行きの臨時船

 

そして、私は島の人となった。

鳥羽市営定期船 菅島乗り場

鳥羽市営定期船 菅島乗り場

 

初菅島入り、バンザイ! (ひとり心の中で叫んだ。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です