御新遷に向け上棟祭、餅まきの準備(松下社)

2015年08月29日(土) 御新遷に向け上棟祭、餅まきの準備(松下社) (車、徒歩)

最近、週末には定期に訪れる場所は、志等美神社・大河内神社(豊受大神宮摂社)の他に二見町松下に鎮座する松下社である。

10月24日に遷座祭が斎行される予定となっているため、それに向けて準備が進められている。

 

【参考】 松下社の御造営までの経緯

 

御新遷に向けて準備が進む松下社に到着。社殿以外はまだこんな状態。

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

 

鳥居をくぐると御造営中の社殿・・・。先週とは変化は無さそうだった。

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

 

拝殿へ向かうと足場を設置する作業をすすめる方々が多数。

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

 

こちらの本殿にお参りしてから御造営中の本殿へ戻ると

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

 

立派なスロープの足場が設置されていることを確認した。

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

 

こんな感じで安全に屋根の裏側へ上ることができる。何のためだろう?

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

 

作業の移動中の男性(おそらく親方)に尋ねたところ、「20年前の写真を渡されてこんな感じに仕上げてほしいと言われた。」そうだ。さらに別の場所に設置している足場について絵馬殿の周囲に掛けるのかを確認したところ「あれは餅まき用ですよ。」「たしか9月5日に宮建ちがある。」と教えてくれた。

これですべてがつながった。9月5日に上棟祭が斎行され、その後餅まきが行われる。上棟祭では屋根を木槌で打つので安全な足場が必要だろう。ただ、スロープは必要なんだろうか?

 

【参考】

 

改めて、足場に見入ってしまった。

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

御新遷に向けて準備が進む松下社(二見町松下)

 

こちらからも。

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

上棟祭の準備で足場追加(松下社)

 

20年前の足場は丸太を番線で縛っていたんだろうか? その写真を見せてもらえばよかった。(残念)

 

最後にこちらの足場が絵馬殿と拝殿の間、餅撒き用に準備されていた。

餅まきの準備(松下社)

餅まきの準備(松下社)

 

社務所の入口付近からパチリ。

餅まきの準備(松下社)

餅まきの準備(松下社)

 

さらには餅を受ける場所からもパチリ。

餅まきの準備(松下社)

餅まきの準備(松下社)

 

9月5日に上棟祭が斎行されると思われるが次第が不明で開始時刻が? どうしよう?

ご存知の方、教えてください。お願いします!

 

【 20150829 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です