お伊勢さん125社まいり 五十鈴川めぐり後の寄り道

2014年03月15日(土) お伊勢さん125社まいり 五十鈴川めぐり後の寄り道 (徒歩)

お伊勢さん125社まいり 五十鈴川めぐり+α を終えると後は帰るだけなのだが、まだ明るいし寄り道虫が疼いた。

伊勢消防本部付近で御幸道路を横切ると伊勢消防本部の前まで下り、

御幸道路(伊勢消防本部付近)

御幸道路(伊勢消防本部付近)

 

JR参宮線の大町踏切を目指した。

JR参宮線 大町踏切

JR参宮線 大町踏切

こちらは伊勢市駅方向、

JR参宮線 大町踏切にて伊勢市駅方向を遠望

JR参宮線 大町踏切にて伊勢市駅方向を遠望

そしてこちらが五十鈴ヶ丘駅方向。どちらも直線が続く・・・・・・・

JR参宮線 大町踏切にて五十鈴ヶ丘駅方向を遠望

JR参宮線 大町踏切にて五十鈴ヶ丘駅方向を遠望

 

大町踏切を渡ると左手には伊勢工業高等学校のグラウンド、そして右側はこんな風景だ。

JR参宮線 大町踏切付近

JR参宮線 大町踏切付近

 

次の十字路を直進すると右手には社叢がある。狭い参道へ進むと石柱が立ち、中が薄暗い。こちらは神田社(伊勢市神久)だ。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

 

社域へ入ると右手に壊れかけた鳥居が見えた。その先には赤い小社が見えた。今まで神田社にお参りしたことはあるが、こちらには? 小社の方へ進み鳥居をくぐると

お稲荷さん(神田社)

お稲荷さん(神田社)

右手に手水石を発見。これは興味深い。

お稲荷さん(神田社)

お稲荷さん(神田社)

それは、この部分。石を割った痕だろう。

お稲荷さん(神田社)

お稲荷さん(神田社)

そして、こちらがお稲荷さん。お参り。

お稲荷さん(神田社)

お稲荷さん(神田社)

 

参道へ戻り先へ進むとこちらが神田社。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

 

石の鳥居の先には、このようにしめ縄が張られている。振り向いてパチリ。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

神田社の由来記はこちら。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

 

楠の巨木はこちら。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

ウロは動物の棲家になりそうな雰囲気。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

 

御垣と楠の間を抜けるとその先には

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

こんな神様が祭られていた。「鬼門金神」

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

こちらの手水石には「正徳五」の文字が見えた。

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

以上で、神田社を後にすると

神田社(伊勢市神久)

神田社(伊勢市神久)

同じ伊勢市神久にある久志本社へ向かった。

 

その途中でパ〜チリ。左側の社叢が先ほどお参りした神田社で、中央付近にある高い建物の右隣はこれから向かう久志本社。

神田社と久志本社(伊勢市神久)

神田社と久志本社(伊勢市神久)

 

田んぼの間の道を進み二見街道を横断すると左手にあるのが久志本社。

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

 

遊具のある広場を抜けて

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

「第六十二回神宮式年遷宮御遷宮」の幟の先へ進むと

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

そこには社標がある。

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

 

多数の鳥居をくぐると右へ折れた先に社殿がある。

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

こちらには拝殿はなく、屋根付きの賽銭箱がある。なかなかユニークだ。お参り。

久志本社(伊勢市神久)

久志本社(伊勢市神久)

そして、賽銭箱の手前右手には由来記ある。

久志本社(伊勢市神久)の由緒記

久志本社(伊勢市神久)の由緒記

 

また、久志本社の左隣には赤い鳥居があり、その先の社には

甘露花壽稲荷神社・秋葉神社(左)と久志本社(右)(伊勢市神久)

甘露花壽稲荷神社・秋葉神社(左)と久志本社(右)(伊勢市神久)

次のように御扉が三箇所にある。

甘露花壽稲荷神社、仮殿 久志本社、秋葉神社(伊勢市神久)

甘露花壽稲荷神社、仮殿 久志本社、秋葉神社(伊勢市神久)

上を見るとその正体が明らかに。左から順に「甘露花壽稲荷神社」、「仮殿 久志本社」、「秋葉神社」。

甘露花壽稲荷神社、仮殿 久志本社、秋葉神社(伊勢市神久)

甘露花壽稲荷神社、仮殿 久志本社、秋葉神社(伊勢市神久)

久志本社の仮殿が最も大きな扉であることは久志本社が主体であることを示している。仮殿でさえもこの大きさなのだから。

また、秋葉神社側の壁には寒中御見舞札が貼られていた。甘露花壽稲荷神社側でない理由があるのだろうか?

寒中御見舞札(甘露花壽稲荷神社)

寒中御見舞札(甘露花壽稲荷神社)

 

寄り道を楽しんでから久志本社を後にし、

久志本社(伊勢市神久)から河崎へ

久志本社(伊勢市神久)から河崎へ

ここから抜け道で河崎へと向かった。

久志本社(伊勢市神久)から河崎へ

久志本社(伊勢市神久)から河崎へ

途中で振り向いて久志本社の社叢をパチリ。昔とは雰囲気が大きく変化しているのだろう。

久志本社(伊勢市神久)の社叢

久志本社(伊勢市神久)の社叢

 

養護老人ホーム「双寿園」の脇を抜けて北新橋へ到着。

北新橋(勢田川)

北新橋(勢田川)

ここには蔵が残され、その壁には「今崎家」の説明板がある。

今井家の説明板(伊勢市河崎)

今井家の説明板(伊勢市河崎)

 

北新橋(勢田川)を左岸へ渡ると対岸にある

北新橋付近(勢田川)

北新橋付近(勢田川)

伊勢河崎商人館の蔵の前を進んだ。その際にパチリ、パチリ。

伊勢河崎商人館 弐の蔵、参の蔵

伊勢河崎商人館 弐の蔵、参の蔵

伊勢河崎商人館 参の蔵付近

伊勢河崎商人館 参の蔵付近

 

さらに、パチリ・・。

伊勢河崎商人館 壱の蔵付近

伊勢河崎商人館 壱の蔵付近

伊勢河崎商人館 弐の蔵、壱の蔵

伊勢河崎商人館 弐の蔵、壱の蔵

 

川の駅 河崎の前には花壇があり、ひとりの男性が手入れに精を出していたので、一言、挨拶とお礼を述べてからこの場を後にした。

川の駅 河崎前のお花畑

川の駅 河崎前のお花畑

 

河崎を後にするとしばらくは黙々と歩き、自宅近くの田んぼで御薗神社の社叢を遠望。「そう言えば、近くにありながら最近お参りしていない。思い立ったが吉日だ。」

御薗神社の遠望(伊勢市御薗町)

御薗神社の遠望(伊勢市御薗町)

 

ということで足は自宅とは反対方向へ向かい、御薗神社に到着。

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

参道を進むと春の気配が感じられたが、

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

先日の大雪の影響だろうか。折れた枝が境内に散らばっていた。降雪の際に折れた枝がその時には落下せず、最近の強風で落とされたのだろうか?

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

こんなところにも・・・。見てしまったらこのまま放置しておく訳にはいかない。大きな枝だけは片付けておいた。

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

 

お参りを終えて帰ろうとすると

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

社務所の前には

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

こんな大きな枝。こんな枝に直撃されたらたまったものじゃない。けが人が出なくて良かった。こいつも片付けておいた。

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

 

御薗神社を後にする頃には

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

太陽はかなり傾いていた。

御薗神社(伊勢市御薗町)

御薗神社(伊勢市御薗町)

 

そして最後の寄り道は王中島公民館の桜。ここはライトアップされるので今から夜桜が楽しみだ。

王中島公民館(伊勢市御薗町)

王中島公民館(伊勢市御薗町)

「まだだね。」

王中島公民館の桜(伊勢市御薗町)

王中島公民館の桜(伊勢市御薗町)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です