御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

2017年09月16日(土) 御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

御造替が完了した鴨下神社(皇大神宮 末社)を後にすると続いて訪れたのは清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)。こちらでは鴨下神社と入れ替わるように御造替が開始され今も続けられている。

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

御用材は山田工作所に刻まれ現場では組み上げるだけのようだ。かなり出来上がっている様子だった。

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

ところで、最近悩むのはこの白い囲いを何と記せばいいのか。用語としては「簀屋根」が正しいのだろうが最近は覆屋と記すことが多かった。どうも「簀」の文字の意味を考えると素直に簀屋根とは書けない。

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が続けられる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

【清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です