拝殿も建ち上がり、鳥居の造替が準備された宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

2016年10月10日(月) 拝殿も建ち上がり、鳥居の造替が準備された宇治神社(伊勢市宇治今在家町) (車、徒歩)

御神遷に向けて御造替等が進められる宇治神社(伊勢市宇治今在家町)、先週訪れた時には手水舎の前に建っていた鳥居が姿を消していた。本日もこの場所に立つとやはり鳥居の姿はなかった。

御神遷の準備が進められる宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御神遷の準備が進められる宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

ところが、手水を受けてから階段へ進もうとすると以前に鳥居が立っていた辺りに土のう袋が露出していた。やはり、ここには鳥居が造替されるのだろう。そうでなければ土のう袋を埋めることはないはずだ。

鳥居の柱跡には土のう袋、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

鳥居の柱跡には土のう袋、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

それは来週以降に確認することとして階段を進んだ。社務所前から先の石段には土砂が乗せられてトラックが上れるような斜面となっている。前回訪れた時この斜面は通行止だったが今日は開放されていた。そこを進むと

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

眼前にはこんな光景が飛び込んできた。

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

すでに拝殿が立ち上がり、本殿の覆屋は取り外され、

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御造替中の宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

さらに本殿の前には御垣の御門が設置されていた。

御造替を終えた本殿と御垣の御門、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御造替を終えた本殿と御垣の御門、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

拝殿は造替中で

建ち上がった拝殿、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

建ち上がった拝殿、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

こんな部分に魅入ってしまった。

御造替中の拝殿、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

御造替中の拝殿、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

お参りを終えてから仮殿の後ろに設置されていたテントを覗くとそこには鳥居のものと思われる御用材が置かれていた。たまたま掛けてあったシートが風であおられたのだろうか?

準備されていた鳥居の御用材、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

準備されていた鳥居の御用材、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

一部だけだがその姿を見せてくれた。これで鳥居の御造替を確信した。

準備されていた鳥居の御用材、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

準備されていた鳥居の御用材、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

参道の石段をくだると

朝日を浴びる宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

朝日を浴びる宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

鳥居が建っている姿を思い浮かべながら宇治神社を後にした。

近々鳥居が建てられる(?)手水舎前、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

近々鳥居が建てられる(?)手水舎前、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

御神遷は11月26日で、その翌日には奉祝神賑行事が執り行われる。

第六回宇治神社御神遷のポスター、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

第六回宇治神社御神遷のポスター、宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

【 宇治神社の御神遷まで 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です