初めての「う御料理旅館 中六」(志摩市磯部町上之郷)

2016年07月02日(土) 初めての「う御料理旅館 中六」(志摩市磯部町上之郷) (車、徒歩)

今日は御遷座に向けて修繕等が進められる神社へのお参りを早朝に済ませたので、時間に余裕ができた。さてどうしようか、たまには【キタヰの妻】とお出かけするか! となり、夏バテ予防のためにも「う御料理旅館 中六」(志摩市磯部町上之郷)を訪れることにした。

実は、ふたりとも中六を体験したことはなかったのだった。つまり、初めての中六となった。

食事前エクササイズのため、伊雜宮所管社 佐美長神社付近から歩くことにした。複雑に信号が配置された消防磯部分署前交差点を後にすると

消防磯部分署前交差点(伊雜宮所管社 佐美長神社付近)

消防磯部分署前交差点(伊雜宮所管社 佐美長神社付近)

 

佐美長神社の社域に沿って磯部神社方向へ進んだ。磯部神社の駐車場にはブルーシートに包まれた何か、奉曳車のように見えたが? 今日はひとりではなかったので、真相を解明せずに先を急いだ。

あれは奉曳車?(磯部神社付近)

あれは奉曳車?(磯部神社付近)

 

田んぼ道を通り伊雜宮 神宮御料田を目指すと

伊雜宮 神宮御料田へ

伊雜宮 神宮御料田へ

 

伊雜宮 神宮御料田に到着。ここでも御料田には立ち寄らずに

伊雜宮 神宮御料田

伊雜宮 神宮御料田

 

遠望のみ。

伊雜宮 神宮御料田

伊雜宮 神宮御料田

 

伊雜宮(皇大神宮 別宮)方向へ向かう

伊雜宮(皇大神宮 別宮)付近

伊雜宮(皇大神宮 別宮)付近

 

奥にう御料理旅館 中六の建物が見えた。しかし、「早まってはいけない。」

伊雜宮(皇大神宮 別宮)前から望む う御料理旅館 中六

伊雜宮(皇大神宮 別宮)前から望む う御料理旅館 中六

 

まずは、伊雜宮にお参りした。

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

 

お参りを終えると機械の騒音のような音が・・・・。しかしそれは蝉の鳴き声だった。あんな鳴き声は初めて聞いた。

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

 

不快な聴覚を視覚でカバーしながら伊雜宮を後にした。

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

伊雜宮(皇大神宮 別宮)

 

そして、ついに中六、デビュー!

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

 

今まで何度この前を通ったことだろう。

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

 

それなのに今日が初めて!

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

 

二階の広間へ通されると四切れと三切れを注文した。(メニューはうな丼のみで、うなぎが三切れ、四切れ、五切れの三種類)。ひと切れ食べてしまってから気づいてパチリ。

うな丼(う御料理旅館 中六)

うな丼(う御料理旅館 中六)

 

満腹になり、満足し、【キタヰの妻】がお会計を済ませている間にパチリ。

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

う御料理旅館 中六(志摩市磯部町上之郷)

 

この建物は登録有形文化財だった。

「登録有形文化財 第24-0113号」銘板

「登録有形文化財 第24-0113号」銘板

 

【参考】

 

中六を後にすると、神宮御料田に立ち寄ってから

伊雜宮 神宮御料田

伊雜宮 神宮御料田

 

帰りは国道167号沿いを進むと途中で裏道を通って消防磯部分署前交差点付近へ戻った。

伊勢志摩ライナー(国道167号沿い)

伊勢志摩ライナー(国道167号沿い)

 

伊勢志摩ライナー(国道167号沿い)

伊勢志摩ライナー(国道167号沿い)

 

うなぎでスタミナを付けたので帰宅後には庭の草刈りに精を出した。うなぎの分は使い果たしてしまったか!

芝刈りを終えた自宅の庭

芝刈りを終えた自宅の庭

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です