久しぶりのお参り、志摩国一ノ宮 伊射波神社、加布良古崎(鳥羽市安楽島町)

2016年03月21日(月) 久しぶりのお参り、志摩国一ノ宮 伊射波神社、加布良古崎(鳥羽市安楽島町) (車、徒歩)

本日、鳥羽を訪れた目的は午後から鳥羽大庄屋かどやにて開催される第28回かどや塾への参加だったが、もうひとつ重要な目的があった。

それは伊射波神社にお参りし、その先にある加布良古崎の日の出遥拝所を確認することだった。こちらには数年前に一度訪れたことがあった。

【参考】

 

また、最近では、宗教人類学者である植島啓司さんが梓した集英社新書ヴィジュアル版『伊勢神宮とは何か』の表紙を飾っていた。(写真撮影は津市美里町在住の写真家 松原豊さん)

【参考】

集英社新書ヴィジュアル版『伊勢神宮とは何か』

集英社新書ヴィジュアル版『伊勢神宮とは何か』

 

 

鳥羽の市民の森公園から歩いて安楽島公民館がある「かもめバス 安楽島 バスのりば」付近へ到着するとここから伊射波神社までは1.5km。この付近で説明板を確認していたら一台の車が停車した。「神社まで行かれます? 乗っていきますか?」とお誘いいただいたのは伊射波神社の宮司さんだった。この時はウォーミングアップを終えて歩きたい気分が満々だったため、断ってしまったが、今思えば乗せていただけばよかったと・・・。(次回お会いできたらぜひ乗せてください!)

「← 1.5km 伊射波神社」の案内板(かもめバス 安楽島 バスのりば付近)

「← 1.5km 伊射波神社」の案内板(かもめバス 安楽島 バスのりば付近)

 

宮司さんの車を見送ってから近くある説明板を眺めていたら、別の男性が声を掛けてくださった。(どうも私が迷っていると思われたようで・・・)「伊射波神社に行こうと思っている。」と言うとここからの経路を丁寧に説明してくれた。さらに、現在の宮司さんの父上と同級生であること目の前にある安楽島舞台は回り舞台で若い時には回していたことなどさまざまな話が飛び出してきた。

かもめバス 安楽島 バスのりば付近から伊射波神社へ

かもめバス 安楽島 バスのりば付近から伊射波神社へ

 

その男性にお礼を述べると伊射波神社への道を歩き始めた。案内板も整備されているし、なんせ一本道なので迷うことはない。

浜辺の温泉宿 かめやの脇を過ぎると

浜辺の温泉宿 かめや 付近(鳥羽市安楽島町)

浜辺の温泉宿 かめや 付近(鳥羽市安楽島町)

 

この案内板、あと1.2km。

「← 1.2km 伊射波神社」の案内板

「← 1.2km 伊射波神社」の案内板

 

右手には市営安楽島海水浴場の海が見える。

安楽島海水浴場(市営)

安楽島海水浴場(市営)

 

案内に従って先へ進むとここから道幅が狭くなり、

「← 一の宮」の案内板(鳥羽市安楽島町)

「← 一の宮」の案内板(鳥羽市安楽島町)

 

こんな雰囲気のコンクリート舗装された道が続く。

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)

 

こんな道標が要所要所に建てられている。右、

「右一之宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

「右一之宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

 

竹林の中を抜けると

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)

 

先ほどのものとは趣が異なる道標に導かれる。

「右一ノ宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

「右一ノ宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

 

進行方向右手には薄〜く、海の姿を確認することができた。

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)の途中で望む海

一の宮参道(かもめバス 安楽島 バスのりば〜伊射波神社)の途中で望む海

 

次の道標はこの分岐に建っている。

一の宮参道、「←車、歩行者近道→」の分岐

一の宮参道、「←車、歩行者近道→」の分岐

 

歩きなら断然「歩行者近道」がおすすめ。

一の宮参道、「←車、歩行者近道→」の分岐道標

一の宮参道、「←車、歩行者近道→」の分岐道標

 

土道を進むとかなりのショートカットになる。

一の宮参道、歩行者近道

一の宮参道、歩行者近道

 

次の道標を過ぎるとそろそろ終盤、

「右一之宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

「右一之宮」の道標(伊射波神社への一の宮参道)

 

坂を下った先に海が見える。

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸へ)

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸へ)

 

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸へ)

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸へ)

 

坂道を下り切ると眼前には青い空と青い海が広がっていた。

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸)

一の宮参道(伊射波神社付近の海岸)

 

早速、堤防から海岸へ下ると波打ち際を歩いた。岩場を越えてさらに先へ進んでから

伊射波神社付近の海岸

伊射波神社付近の海岸

 

振り返ってパチリ。あんな所に鳥居が・・・。

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

 

こちらの鳥居は海に面して建っている。

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

 

鳥居の近くには穿孔貝により無数の孔をあけられた石が多数積まれていた。これらの孔を見るとなぜかゾクゾクとする。

石に残された穿孔貝による無数の孔(伊射波神社の鳥居付近)

石に残された穿孔貝による無数の孔(伊射波神社の鳥居付近)

 

海側から鳥居をくぐり階段を登り始めてから振り返ってパチリ。

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

 

ここが参道、パンフレットには産道(子宝の神様とも言われ、安産祈願に訪れる方もおおいそうだ)とも記されていた。

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

石畳を抜けると

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

土道、階段、鳥居・・・

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

次の鳥居をくぐると

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

その先は切り通しとなっていた。

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

ほどなく拝殿前に到着。手水舎の右手に伸びるのが御神木である梛の木。

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

さらに鳥居をくぐり拝殿の引き戸を開けると

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

お参り。

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

拝殿内に置かれていたパンフレット等はこちら。縁起等についても説明されている。(なお、志摩国一の宮としてはお伊勢さん125社 皇大神宮別宮である伊雑宮をあげる説もあり、伊射波神社は志摩国一の宮の論社のひとつである。)

「伊射波神社 かぶらこさん」のパンフレット

「伊射波神社 かぶらこさん」のパンフレット

 

「伊射波神社 かぶらこさん」のパンフレット

「伊射波神社 かぶらこさん」のパンフレット

 

「伊射波神社 かぶらこさん」の縁起ほか

「伊射波神社 かぶらこさん」の縁起ほか

 

「伊射波神社 かぶらこさん」の縁起ほか

「伊射波神社 かぶらこさん」の縁起ほか

 

鳥羽の三女神

鳥羽の三女神

 

 

拝殿の脇から眺めた本殿をパチリ。

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

伊射波神社を後にすると

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

こちららの案内板に従って、加布良古崎へと続く「領有神(うしはくがみ)の道」を進んだ。

加布良古崎へ250m「領有神(うしはくがみ)の道」の案内板

加布良古崎へ250m「領有神(うしはくがみ)の道」の案内板

 

「領有神(うしはくがみ)の道」の案内板

「領有神(うしはくがみ)の道」の案内板

 

以前に訪れた時には「マムシ注意」の警告板があったが、時期的にはまだ大丈夫なのだろう。

領有神(うしはくがみ)の道

領有神(うしはくがみ)の道

 

見上げてパチリ、

領有神(うしはくがみ)の道

領有神(うしはくがみ)の道

 

パチリ。

領有神(うしはくがみ)の道

領有神(うしはくがみ)の道

 

空間が開けると東屋の左奥には

領有神付近(加布良古崎)

領有神付近(加布良古崎)

 

領有神がまつられている。お参り。さらに、この奥には

領有神(うしはくがみ)(加布良古崎)

領有神(うしはくがみ)(加布良古崎)

 

「加布良古崎」の木標が建てられていた。

「加布良古崎」の木標

「加布良古崎」の木標

 

この木標を背にして、左側の道を進むとそこには待望の日の出遙拝所が待ってくれていた。

加布良古崎の日の出遙拝所

加布良古崎の日の出遙拝所

 

いつかは、ここから日の出を拝みたいものだ。

加布良古崎の日の出遙拝所

加布良古崎の日の出遙拝所

 

この場所にひとりの状態を期待して訪れたのだったが、予想外に参拝者が多かった。(女性の二人連れが二組で、一方の方々は佐賀からだった。さらに、私と同様に単独行の男性と数名の家族連れ、さらには赤ちゃんを抱いた二人連れの女性。人気の神社だこと!)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

伊射波神社(鳥羽市安楽島町)

 

拝殿の脇に建つ籠堂の前には次の札が立て掛けられていた。

「伊射波神社御遷宮 御典用材」の立札他

「伊射波神社御遷宮 御典用材」の立札他

 

切り通しの参道を戻り、階段を下ると

伊射波神社の参道(産道)

伊射波神社の参道(産道)

 

海に向かって建つ鳥居をくぐり返した。

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

海に向かって建つ伊射波神社の鳥居

 

伊射波神社を後にすると、かもめバス 安楽島 バスのりばへ戻った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です