河原淵神社(豊受大神宮摂社)での仮説

2015年10月04日(日) 河原淵神社(豊受大神宮摂社)での仮説 (徒歩)

河邊七種神社のお白石持行事(伊勢市河崎) の拝観、体感を終えてから船江上社の境内地に隣接して鎮座する河原淵神社(豊受大神宮摂社)にお参りした。

こちらは船江上社の朧ケ池で、河原淵神社の前にも広がっている。

河原淵神社(豊受大神宮摂社)の前に広がる朧ケ池

河原淵神社(豊受大神宮摂社)の前に広がる朧ケ池

 

朧ケ池を背にしてこちらの階段を進むと

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

この先が河原淵神社。この辺りは池があるためだろうか湿潤である。

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

玉垣の猿頭門は

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

こんなに劣化しているが、それが逆に生命力を感じさせるような風貌となっている。

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

甍覆(いらかおおい:甲板)もこんな感じで、今朝に確認した神服織機殿神社のものと同じような状態だ。

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

お参りを終えてから鳥居越しに眺めたこの風景。『?』、「参道の左手は祓所、すると右側にある祓所より広い場所は何だろう?」

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

参道へ戻って

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

パチリ。「そうか、ここには新御敷地が無いから仮殿を設営する場所ではないか? まさか隣の船江上社に仮遷座する訳にはいかないだろうし」。そこで、「この場所は仮殿を設営するスペースである」との仮設を立てた。いつになったら検証できるのだろうか? 楽しみだ。

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

河原淵神社(豊受大神宮摂社)

 

河原淵神社を後にして船江上社の説明板を眺めたら、河原淵神社についても書かれていた。

船江上社の説明板

船江上社の説明板

 

【 20151004 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です