鳥居に設置された松井孫右衛門社の扁額(宮川 浅間堤)

2015年09月05日(土) 鳥居に設置された松井孫右衛門社の扁額(宮川 浅間堤) (車、徒歩)

宮川の河川敷へ戻ると浅間堤へ向かった。この鳥居の先には荒ぶる宮川から住民を守ったとされる松井孫右衛門翁をまつる祠が建っている。8月25日に斎行予定であった命日祭(晴雨不論)は台風の影響で中止となっていた。遅ればせながらもお参りすることとし、参道を進もうとしたら

松井孫右衛門社の鳥居(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社の鳥居(宮川浅間堤)

 

【参考】 こちらのページでは、松井孫右衛門の業績が紙芝居で紹介されています。

 

鳥居に掛けられている新しく立派な扁額が目に入った。そこには「松井孫右衛門社」。

鳥居に設置された松井孫右衛門社の扁額(宮川浅間堤)

鳥居に設置された松井孫右衛門社の扁額(宮川浅間堤)

 

これで祠の名前が明らかになった。「松井孫右衛門社」だった。

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

 

松井孫右衛門社への参道を進むと

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

 

宮川の堤防道路を横切り、さらにその先へこれが浅間堤(松井孫右衛門堤)だ。

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

 

鳥居の手前の左手には

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社への参道(宮川浅間堤)

 

次の命日祭に関する協賛者の名前が掲げられていた。「松井孫右衛門 382年 命日祭」

松井孫右衛門社付近(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社付近(宮川浅間堤)

お参りを済ませると

松井孫右衛門社(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社(宮川浅間堤)

 

堤を後にして

松井孫右衛門社(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社(宮川浅間堤)

 

河川敷に駐めた車へと向かった。

松井孫右衛門社付近(宮川浅間堤)

松井孫右衛門社付近(宮川浅間堤)

 

【 20150905 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です