夕刻には仮殿遷座を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社)

2016年09月06日(火) 夕刻には仮殿遷座を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

3日前にも訪れていた草奈伎神社、豊受大神宮(外宮)の第一摂社である。広い社域には大間国生神社も鎮座している。

【参考】

 

第62回神宮式年遷宮は正宮および別宮の遷宮を終えると遷宮を推進してきた組織、神宮式年造営庁の閉庁により幕を閉じた。しかしながら摂社、末社等でも殿舎の御造替や大修繕が進められている。

現在、内宮の宇治橋前では津長神社および大水神社(皇大神宮 摂社)が大修繕を終え、遷御の日を待つ状態にある。ところが、これらの遷御よりも草奈伎神社の仮殿遷座が先に執り行われると聞いたので、その日の早朝にお参りした。

 

【参考】

 

社叢の外側は普段と変わりない雰囲気を保っていたが、

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

社域の入口へ近づくといきなり見慣れない光景となっていた。

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

社号標付近にある溝は木板で蓋されていたし、

溝に蓋が掛けられた草奈伎神社、大間国生神社の社域入口付近

溝に蓋が掛けられた草奈伎神社、大間国生神社の社域入口付近

 

参道の正面に立つ蕃塀の奥には多数のテントが建てられていた。仮殿遷座祭の雨儀廊だ。

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

蕃塀の前から左方向へ進むと、いつもとは雰囲気の異なる草奈伎神社にお参りした。

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社)

 

こんな光景にはなかなか出会えない。

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社(豊受大神宮 摂社)

 

仮殿遷座を想像しながら、草奈伎神社から仮殿となる大間国生神社までの

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

雨儀廊を歩いてみた。

仮殿遷座祭のために雨儀廊が設置された草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

仮殿遷座祭のために雨儀廊が設置された草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

仮殿遷座祭のために雨儀廊が設置された草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

仮殿遷座祭のために雨儀廊が設置された草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

大間国生神社の前で振り返るとパチリ。

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

草奈伎神社の大修繕が終われば、仮殿の役割を交代し大間国生神社の大修繕が続けられるだろう。

夕刻には草奈伎神社の仮殿となる大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には草奈伎神社の仮殿となる大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

大間国生神社にお参りを終えると

夕刻には草奈伎神社の仮殿となる大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には草奈伎神社の仮殿となる大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

社域を後にした。特別な朝!

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

夕刻には仮殿遷座祭を迎える(た)特別な朝、草奈伎神社・大間国生神社(豊受大神宮 摂社)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です