神田下種祭(神宮神田)

2016年04月02日(土) 神田下種祭(神宮神田) (車、徒歩)

2010年にお伊勢さん125社まいりを始めると神宮の各種の祭祀にも興味を持つようになった。多数の祭祀を拝観する機会を得たが、神田下種祭は拝観できないでいた。

今年の神田下種祭は土曜日、心待ちにしていた日がやって来た。

神宮の説明によると、

神田下種祭は、神嘗祭をはじめ諸祭典にお供えする御料米の忌種を神田に蒔くお祭り

である。さらに、神宮教養叢書 第七集「神宮祭祀概要」神宮司廳のP.164によると

神田に種子を下すに就いての祭儀である。四月の下旬、忌鍬(ゆくは)山と、神田の祭場に於て行はる。農作の第一義は、土地を耕し始める勤労工作にあるはいふまでもない。此に於て古人は、その勤労の事始の象徴を、耕作具調整に需め、神祇を祭つて農耕の事始を祝ひだのである。神宮神田のこの祭は、はやく大神宮式に規定されて、凡そ神田を営(つく)る すき・くわ の柄を採るには、毎年二月に、先づ山口及び木本を祭つて、然る後これを採るとあるやうに、金属製の すき・くわ を使用する時代になつても、これが柄を嵌(は)めることは、農夫達各自の労作であり、而してその労作を祝福するために、神祭をしてその材を神から戴いたのであつた。即ちこの祭の忌鍬山の儀がそれであつて、先づその山に入る方つて、山口の神を祭り、更に木本の神を祭つて神材を拝受して忌鍬を調整するのである。(材料は延暦の昔は櫟の木であつたが、今日は、樫(あかめかし)の木を使ふことゝなつて居る)。
かくして神の力と人の力との合作になった忌鍬と共に、忌種を神田の祭場に持ち下つて、更に御田の神を祭つて、忌鍬を以て苗代を作り、忌種を下ろすのである。これが神田祭場の儀である。この忌鍬山の頂きから、奉仕の神官達が山蔓を烏帽子に鬘にして、忌鍬と忌種とを捧持して持ち下るその姿は、いかにも古風をしのばせるものがあつて、かの斎庭の稲穂を捧持して、この国土に天降(あも)りました祖神達のそのむかしを、さながらに髣髴せしめるものではなからうか。神宮の特殊神事としては、まさに床しきものゝ一つである。またこの儀の種蒔に奉仕する作長、作丁達とともに、神官の唱和する「天鍬やまさきのかづら笠にきて御田うちまつる春の宮人」の古歌の調にも、やがて迎える秋の大祭の奉仕を、楽しみいそしむ宮人達の情趣を掬すべきものと思ふ。

とある。

また、環境化学者である谷山一郎さんのホームページには神田下種祭についての詳細な解説もある。

【参考】

 

午前9時から開始予定だったので30分前には神宮神田に到着した。(祭典の開始時刻は予定の前後に振れることがあるが、神田下種祭は大宮司も参列するから定刻が守られるだろう。)

神宮神田(伊勢市楠部町)

神宮神田(伊勢市楠部町)

 

神宮神田の入口を通り過ぎると神田下種祭の準備が進められる状況を確認しながら先へ進んだ。

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

事務所、耕作人休憩所の前には多数の車、

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

御稲小屋などでも準備が進められていた。

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

さらにその左側にはテントが張られその周囲には青白幕が巻かれていた。(このテントの役割は後ほど分かった。)

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

さらに左手にある木の下には辛櫃が

神田下種祭の準備(神宮神田)

神田下種祭の準備(神宮神田)

 

神宮神田の中央付近、道路に面した黒木鳥居の前に立つと

神宮神田(伊勢市楠部町)

神宮神田(伊勢市楠部町)

 

いつもは閉ざされている入口が開放されていた。

神宮神田(伊勢市楠部町)

神宮神田(伊勢市楠部町)

 

横板が外されたその入口を進むと祭場前へ参入した。

神宮神田、黒木鳥居前の出入口(伊勢市楠部町)

神宮神田、黒木鳥居前の出入口(伊勢市楠部町)

 

通常、この入口からの立ち入りを拒んでいる横板は黒木鳥居の近くに横たえて並べられていた。

神田下種祭のために取り外された黒木鳥居前の横板(神宮神田)

神田下種祭のために取り外された黒木鳥居前の横板(神宮神田)

 

しばらく待機していると動きが・・・

神宮神田(伊勢市楠部町)

神宮神田(伊勢市楠部町)

 

参列者および奉仕者の整列が始まった。今回はモノクロで撮影しようと心していたのだけれど、モノクロでは作長の衣装(黄色)が目立たないため、時々カラー写真が登場してしまった。潔くない私は Color ControlのSDモードとMCモードを行ったり来たりしてしまった。

神田下種祭の参進開始前(神宮神田)

神田下種祭の参進開始前(神宮神田)

 

我慢できずに、カラーでも

神田下種祭の参進開始前(神宮神田)

神田下種祭の参進開始前(神宮神田)

 

こちらは修祓所に準備された三合の辛櫃と案に乗せられた修祓の大麻、御塩。

神田下種祭、修祓を前にした神饌(神宮神田)

神田下種祭、修祓を前にした神饌(神宮神田)

 

ほどなく、大宮司を先頭に参列者の参進が開始された。

神田下種祭の開始(神宮神田)

神田下種祭の開始(神宮神田)

 

神職の後に続くのは地元、楠部町の方々だろうか。(神宮神田へ向かう途中で楠部町公民館を通り過ぎる際、正装に身を包んだ方々を見かけた。)

神田下種祭の開始(神宮神田)

神田下種祭の開始(神宮神田)

 

その後、しばしの間を置き報鼓が鳴らされると神田下種祭に奉仕する作長、作丁および神職の参進が開始された。

神田下種祭、報鼓に続く参進の列(神宮神田)

神田下種祭、報鼓に続く参進の列(神宮神田)

 

こちらは、神田祭場にたどり着いた大宮司を先頭とする参進の列。

神田下種祭、大宮司ほか(神宮神田)

神田下種祭、大宮司ほか(神宮神田)

 

テントの下へ次々に吸い込まれた。神職に続き、

神田下種祭、大宮司ほか(神宮神田)

神田下種祭、大宮司ほか(神宮神田)

 

地元の参列者。

神田下種祭、参列者(神宮神田)

神田下種祭、参列者(神宮神田)

 

一方、奉仕者は修祓所にて

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

 

歩みを止めて整列すると

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

 

辛櫃に納められた神饌と共に

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

 

修祓を受けた。

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

 

参列者が見守るなか、修祓が執り行われると

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

神田下種祭、神饌および作長、作丁、神職の修祓(神宮神田)

 

神饌を納めた三合の辛櫃が動き始めた。

神田下種祭、修祓を終えた神饌(神宮神田)

神田下種祭、修祓を終えた神饌(神宮神田)

 

こちらで、一合の辛櫃が神田祭場へ折れると

神田下種祭、神饌は二手に(神宮神田)

神田下種祭、神饌は二手に(神宮神田)

 

残りの二合は忌鍬山(ゆくわやま)へ向かった。

神田下種祭、神饌は二手に(神宮神田)

神田下種祭、神饌は二手に(神宮神田)

 

忌鍬山はこちらから森へと入った奥にあるようだが、この場所からはその様子を伺い知ることは全くできない。二合の辛櫃を先頭に多数の神職が続き、

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

 

忌鍬山へと吸い込まれるように姿を消した。

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

 

一方、神田祭場へと折れた辛櫃はテントの下の参列者に迎えられた。

神田下種祭、神田祭場の儀の神饌を迎えて(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀の神饌を迎えて(神宮神田)

 

その後も、忌鍬山への参進はしばらく続いた。

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

 

その列が・・・

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山(ゆくわやま)の儀へ(神宮神田)

 

以前、この森の裏手を歩いたことがあるのだが、その時に見かけた場所か?

【参考】

 

神田祭場へ運ばれた辛櫃は鯨幕の中へ置かれると神田祭場の儀の準備が進められた。

神田下種祭、神田祭場の儀の準備(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀の準備(神宮神田)

 

参進の列が忌鍬山へ入ってから10分弱が経過した頃、ひとりの神職がその入口へ立ち戻ると

神田下種祭、奉拝の合図(?)(神宮神田)

神田下種祭、奉拝の合図(?)(神宮神田)

 

その場に座した。

神田下種祭、奉拝の合図(?)(神宮神田)

神田下種祭、奉拝の合図(?)(神宮神田)

 

すると笏が二度打たれた。参列者は全員立ち上がると低頭した。忌鍬山の儀にてにて祝詞が奏上されたのだろう。(私もしばし低頭)

神田下種祭、忌鍬山の儀にて奉拝(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山の儀にて奉拝(神宮神田)

 

しばらくして、再度笏が打たれると着席となり、先の神職は森の中へと姿を消した。

神田下種祭(神宮神田)

神田下種祭(神宮神田)

 

そして20分後、神職が今一度現れると、起立、低頭、着席が繰り返された。二合の辛櫃が運ばれたから山口神と木本神の二回だったのか?

 

全体で45分程だろうか、忌鍬山の儀を終えた1行が神田へ戻ってきた。

 

神田下種祭、忌鍬山の儀を終えて神田へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山の儀を終えて神田へ(神宮神田)

 

神職らは

神田下種祭、忌鍬山の儀を終えて神田へ(神宮神田)

神田下種祭、忌鍬山の儀を終えて神田へ(神宮神田)

 

神田に対面する位置に着座した。(なお、作長、作丁らはテントの左手に)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

続いては、忌鍬山の儀を終えた忌鍬が神田前に配置された案へ運ばれ、

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

さらには、忌種も運ばれた。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

続いては献饌。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

献饌を終えると祝詞奏上。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

祝詞奏上を終えると

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

作長や作丁が待機するなか

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

撤饌となった。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

続いては作長が神田の前へ進むと

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

神職より忌鍬が手渡された。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

忌鍬を手にした作長は鯨幕へ戻り、それを右に巻いて神田の中央へ向かうと中央で立ち止まり忌鍬を三度振り下ろした。「左」、「右」、「中央」。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

次には、右へ移動すると同様の所作を繰り返し、

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

さらには左側へ移動しても同様の所作を繰り返した。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

作長は忌鍬を捧持して

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

来た道を戻ると

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

鯨幕のところで待つ神職に忌鍬を手渡した。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

忌鍬を返した作長は次に忌種を受け取ると

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

忌鍬と同様の経路で神田の中央へと移動した。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

作長が手にした忌種が作丁に渡されると

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

二名の作丁が左右に分かれた忌種を撒き始めた。(右側)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

(左側)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

中央から左右へ

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

左右から中央へ。それが2回(?)繰り返されただろうか。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

下種を終えると作長が神職に報告にあがり、それを受けた神職は神田へ移動した。あの所作は見分だったのだろうか?

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

その所作を終えると神職は元も位置へ戻った。

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

その間に神宮衛士に動きがあった。(退下の準備だろう。)

神田下種祭、退下の準備(神宮神田)

神田下種祭、退下の準備(神宮神田)

 

作長が忌種を戻すと神田下種祭は終了となり

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

神田下種祭、神田祭場の儀(神宮神田)

 

まずは、奉仕した神職らが退下となった。

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

その中に物忌の姿を見つけた。

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

彼らに続き、

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

大宮司を先頭とした参列者が退下となった。

神田下種祭、大宮司ほか退下(神宮神田)

神田下種祭、大宮司ほか退下(神宮神田)

 

長く続くその列の行く先は

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

先に見た青白幕が巻かれたテントだった。

神田下種祭、退下(神宮神田)

神田下種祭、退下(神宮神田)

 

こちらで直会が執り行われたのだろうか?

神田下種祭、直会(?)(神宮神田)

神田下種祭、直会(?)(神宮神田)

 

その間に忌鍬山からは祭祀に使用された各種の用具が運びだされ、

神田下種祭、後片付け(神宮神田)

神田下種祭、後片付け(神宮神田)

 

忌種が巻かれた神田には取材のカメラが張り付いていた。

神田下種祭、後片付け(神宮神田)

神田下種祭、後片付け(神宮神田)

 

私は、神宮神田を後にすると

神田下種祭を終えて(神宮神田)

神田下種祭を終えて(神宮神田)

 

朝熊神社を目指して近鉄朝熊駅方向へ歩き出した。

神田下種祭を終えて(神宮神田)

神田下種祭を終えて(神宮神田)

 

神宮神田の端へたどり着く頃、振り返るとあのテントから・・・

神田下種祭を終えて(神宮神田)

神田下種祭を終えて(神宮神田)

 

私は神宮神田を後にした。

神宮神田を後にして

神宮神田を後にして

 

 

【 20160402 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です