久しぶりに訪れた松下社(伊勢市二見町松下)

2016年05月21日(土) 久しぶりに訪れた松下社(伊勢市二見町松下) (車、徒歩)

お伊勢さん125社まいり 二見めぐりの途中で立ち寄ったのは久しぶりの松下社(伊勢市二見町松下)。おそらく半年ぶりくらいだろう。

こちらは境内の外側にある池の辺にまつられている榊巻だ。

境内地の外にまつられている榊巻(松下社付近)

境内地の外にまつられている榊巻(松下社付近)

 

御新(神)遷に際して社殿の御造替を追いかけた日々を思い出してしまった。

【参考】 次の記事の下部には御新遷に向けた御造替の記録のリンクあり

 

榊巻はいい感じに枯れていた。

境内地の外にまつられている榊巻(松下社付近)

境内地の外にまつられている榊巻(松下社付近)

 

池の辺の歩道を進み松下社の正面へ出ると

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

新しい鳥居の柱をトラックから降ろす際にお手伝いさせていただけたことを思い出した。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

手水を受けると

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

社号標を確認してから鳥居をくぐった。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

まずは蘇民祠にお参り。

蘇民祠(松下社)

蘇民祠(松下社)

 

拝殿正面の鳥居へ向うと

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

拝殿にてお参り。まだまだ素木の美しさが衰えてはいなかった。神々しいほどだった。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

ただし、一点気になっていたことがある。それは御垣の板を打つ釘のことだった。大工さんは和釘を薦めていたそうだが、それはどうも叶わなかったようだ。(残念)

和釘は使用されなかった松下社の御垣(伊勢市二見町松下)

和釘は使用されなかった松下社の御垣(伊勢市二見町松下)

 

この場所から眺めるとこの右手に本殿が移動されていた頃を思い出した。(懐かしい。)

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

拝殿前の榊巻に挨拶すると返事が返ってきそうだった。

境内にまつられている榊巻(松下社付近)

境内にまつられている榊巻(松下社付近)

 

独り占めの空間にしばし佇んだ。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

1800年ほどの歴史を刻んでいる

松下社の大クス(伊勢市二見町松下)

松下社の大クス(伊勢市二見町松下)

 

大クスにも挨拶すると

松下社の大クス(伊勢市二見町松下)

松下社の大クス(伊勢市二見町松下)

 

松下社を後にした。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

【 20160521 の記録(二見にて) 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です