身近にある お伊勢さん125社 河原淵神社と船江上社(伊勢市船江)

2015年02月28日(土) 身近にある お伊勢さん125社 河原淵神社と船江上社(伊勢市船江) (徒歩)

自宅へ帰る途中でまたまたの寄り道、こちらは伊勢市船江に鎮座する船江上社。

船江上社(伊勢市船江)

船江上社(伊勢市船江)

 

参道入口の鳥居をくぐると

船江上社(伊勢市船江)

船江上社(伊勢市船江)

 

すぐ右手にお伊勢さん125社のひとつである河原淵神社(豊受大神宮 摂社)が鎮座する。ここは船江上社の社地である。石階を進もうとしたら

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

女性が真摯にお参りしている様子だったので、この場で待機。

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

女性がお参りを終えると

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

参道を進み、お参りした。

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

お参りを終えてから殿舎の様子を確認すると

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

至るところが劣化していた。

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

こここも、

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

あそこも・・・

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

こちらは御造替となるのだろうか? しかもいつ頃に?

 

鳥居の前で視線を左へ振ると

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

その方向、左隣りには船江上社。

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)から船江上社方向を望む

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)から船江上社方向を望む

船江上社(伊勢市船江)

船江上社(伊勢市船江)

 

こちらにもお参り。

船江上社(伊勢市船江)

船江上社(伊勢市船江)

 

さらに左方向へ進むと社務所の向かいには吉王稲荷神社。朱の鳥居をくぐり抜けると

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

 

お参り。

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

 

扁額には元市長の書である。それにしてもこの屋根の穴はいつ見ても興味深い。

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

 

そして、こちらが寒中見舞札。ほとんどが古いもので、今年のものは京町稲荷講奉賛会のものだけだった。続ける事は難しいのだろう。

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

吉王稲荷神社(伊勢市船江)

 

お参りを終えて、船江上社を後にしようと河原淵神社への参道の前を通り過ぎようとしたところ、また別の女性がお参りしていた。こんなに参拝者を見かける摂社も珍しい。こちらは身近な存在なんだろう。

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

 【 20150228 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です