いつも気になっていた橘橋(五十鈴川派川)

2017年04月29日(土) いつも気になっていた橘橋(五十鈴川派川) (車、徒歩)

江神社にてお参りを終えると五十鈴川派川の左岸を走った。お伊勢さん菓子博2017の臨時駐車場にたどり着く手前には古くて幅の狭い橋が架かっている。このルートは目的地への移動のために通り抜けるだけでなかなか車を停めることはなかった。

しかし、いつも通ると気になる橋だった。その名前を知らずに何年過ごしてきたのだろう。

今日は帰宅予定時刻には余裕があったため、思い切って立ち寄ってみることにした。通行の邪魔にならないように道路脇に充分なスペースを見つけるとそこから歩いて・・・

橘橋(五十鈴川派川)

橘橋(五十鈴川派川)

 

(なぜに橋を渡る正面からの写真を撮っていなかったのだろう? 帰宅後に不思議に・・・)

 

親柱には「橘橋」の銘が陽刻されていた。

橘橋(五十鈴川派川)

橘橋(五十鈴川派川)

 

橋を渡った先も興味深い雰囲気だったので・・・ 本流へ合流する小さな川の先へ進むと

橘橋(五十鈴川派川)を渡った先には・・・

橘橋(五十鈴川派川)を渡った先には・・・

 

その左側にはこのような光景が広がっていた。

橘橋(五十鈴川派川)を渡った先には・・・

橘橋(五十鈴川派川)を渡った先には・・・

 

振り返って橘橋を遠望。

橘橋の遠望(五十鈴川派川)

橘橋の遠望(五十鈴川派川)

 

やはり魅力的な場所だった。こんどは周辺を散策してみよう。

橘橋(五十鈴川派川)

橘橋(五十鈴川派川)

 

潮の満ち干きで様々な顔を魅せてくれそうな・・・

橘橋から望む五十鈴川派川

橘橋から望む五十鈴川派川

 

橘橋から望む五十鈴川派川

橘橋から望む五十鈴川派川

 

橋を渡り返すとその先には伊勢安土桃山文化村の天主閣が聳え立っていた。一泊500万円と噂されているが、それもありかも?

橘橋(五十鈴川派川)付近から望む伊勢安土桃山文化村の天主閣

橘橋(五十鈴川派川)付近から望む伊勢安土桃山文化村の天主閣

 

Comments

  1. 橘橋ですか!!!
    葦原や干潟・・・
    干潟に浮かぶ、小船!!
    素晴らしい!!
    情緒がある!!
    こんな原風景が
    残っていたのですね!!

    1. たかっちさん、こんばんは
      バタバタしていたら今の返信になってしまいました。

      この場所はなかなかいい雰囲気でしょ。
      まさに日本の原風景のような。
      早朝に川霧がもやる時、夕暮れ時など急激に光が変化する時間帯になるともっと魅力的になりそうです。
      何度でも訪れたくなる場所でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です