年末年始の準備、臨時出口が設置された御正宮の板垣ほか(外宮)

2015年12月19日(土) 年末年始の準備、臨時出口が設置された御正宮の板垣ほか(外宮) (徒歩)

大晦日まで数える程となり、今年のお伊勢さん125社まいりも最後となるのだろうか。そんな巡りで外宮の各宮社にお参りした。外宮では年末年始、年越し・初詣に向けた準備が進められている。

【参考】

 

以前も紹介したが、

【参考】

 

さらに変化があったのでここで紹介する。

 

北御門参道口に設置されたどんど火(大篝火)用の薪にはシートが掛けられていた。

シートが掛けられたどんど火の薪(外宮、北御門参道口)

シートが掛けられたどんど火の薪(外宮、北御門参道口)

 

さらにその近くには、追加用の薪が整然と積み上げられていた。

どんど火の追加用に準備された薪(外宮、北御門参道口)

どんど火の追加用に準備された薪(外宮、北御門参道口)

 

さらに手水舎の脇には古札納所が準備されていた。(この時点では利用はできなかった。)

手水舎の脇に準備された古札納所(外宮、北御門参道口)

手水舎の脇に準備された古札納所(外宮、北御門参道口)

 

 

場所を御正宮へ移すと

豊受大神宮(外宮)

豊受大神宮(外宮)

 

板垣南御門から望める場所には、臨時の賽銭受け(屋根付き)が準備されていた。

板垣南御門から確認できた臨時の賽銭受け(外宮)

板垣南御門から確認できた臨時の賽銭受け(外宮)

 

また、板垣南御門の西側には板垣の横板を取り外し、臨時の出口が準備されていた。

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

 

さらに、板垣の南東隅にも同様に・・・

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

 

こんな感じで臨時の出口が準備されていた。

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

 

以前に板垣の横板を取り外して出口を作る工事作業を目にしたことがあるので、ここで紹介しておこう。

【参考】 年越し、初詣の準備(外宮) 2011年12月17日

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

 

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

 

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

御正宮の板垣取り外し作業(外宮)2011年12月17日

 

前回は現在古殿地となっている場所での板垣だったので、横板を外す場所が南側だったが、

板垣と古殿地(外宮)

板垣と古殿地(外宮)

 

今回は東側となっていた。

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

板垣に準備された臨時の出口(外宮)

 

 

 

続いては、多賀宮への石階下から谷筋へと続く細い参道、その先には下御井神社が鎮座する。その参道の途中で空を見上げると

多賀宮への石階下から下御井神社へと続く参道(外宮)

多賀宮への石階下から下御井神社へと続く参道(外宮)

 

『謎の物体が!』

下御井神社付近に準備された臨時の電灯(外宮)

下御井神社付近に準備された臨時の電灯(外宮)

 

いえいえ、こちらは古風な(?)電灯が取り付けられていた。

下御井神社付近に準備された臨時の電灯(外宮)

下御井神社付近に準備された臨時の電灯(外宮)

 

さらに、表参道へ戻り、大庭の前には以前も紹介した仮設の建物。

大庭に準備された建物(外宮)

大庭に準備された建物(外宮)

 

今回見かけたのは、役割を記した看板だった。「干支守一刀彫」「神札授与所」・・・

大庭に準備された建物に役割毎の看板(外宮)

大庭に準備された建物に役割毎の看板(外宮)

 

こんなところには参道を行き交う人が見えるようにサンドイッチの看板が・・・。どんな案内が掲示されるのだろう。なお、この奥に見えているのはお伊勢さん125社のひとつである四至神(皇大神宮所管社)だ。

四至神付近、表参道に準備された看板(外宮)

四至神付近、表参道に準備された看板(外宮)

 

 

【 20151219の記録 +α 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です