鳥居が造替され、本殿の屋根には銅板が張られる松下社(伊勢市二見町松下)

2015年09月23日(水) 鳥居が造替され、本殿の屋根には銅板が張られる松下社(伊勢市二見町松下) (車、徒歩)

10月24日に遷座祭が執り行われる松下社(伊勢市二見町松下)。本殿の御造営は着実に進められている。その変化を確認するために訪れたところ新たな変化を見つけた。

それは、

  1. 鳥居の造替
  2. 本殿の屋根の銅葺き

の二点だった。

 

いつものように手水所のある鳥居をくぐると

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

拝殿へと向かった。本殿の御垣にはブルーシートが掛けられた状態だった。

御垣の工事中(松下社)

御垣の工事中(松下社)

 

その近くに置かれているこの材。何に使うのか大工さんに聞いてみた。やはりこれらの材は柱の根元、土に埋まる位置に取り付けた柱の抜けや揺れを抑制するためだった。

柱の固定用の横木だった(松下社)

柱の固定用の横木だった(松下社)

 

現在の本殿にお参りを済ませて

御垣の工事中(松下社)

御垣の工事中(松下社)

 

太陽を望むとそこには軽トラックが停まり、その荷台には

銅板の準備(松下社)

銅板の準備(松下社)

 

すでに加工された銅板が載せられていた。

銅板の準備(松下社)

銅板の準備(松下社)

 

「うん、銅板?、現在の本殿には使用されていない?」 これも大工さんに尋ねたところ、今回は本殿の屋根を銅葺きにするためだった。

銅板は使用されていない現在の社殿(松下社)

銅板は使用されていない現在の社殿(松下社)

 

また拝殿前では鳥居の建て替え作業が始められていて、今まで建っていた鳥居はすでに撤去されていた。

拝殿前鳥居の造替工事(松下社)

拝殿前鳥居の造替工事(松下社)

 

その古い鳥居の柱の根元はこちらで、

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

こちらが笠木、

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

さらに離れた場所には柱と貫が置かれていた。

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

柱の根元部分はこんなに劣化していた。

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

特に興味深かったのは柱と貫の結合部分の仕組み、楔を打つと貫のツメでロックされる。よく出来ている。

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

こちらは柱の上部、ほぞ穴で覆われた部分は20年前の状態を維持しているかに見えた。まるで削りたてのようだ。

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

取り外された拝殿前の鳥居(松下社)

 

しばらくすると拝殿の正面に通じる参道へと鳥居の御用材を満載したトラックが到着した。

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

まずは、笠木のみが降ろされた。

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

拝殿前に笠木の御用材を降ろしたトラックは国道側の参道入口へと移動した。

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

この場所では笠木と柱二本分の御用材が降ろされた。

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

参道入口の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

トラックは再度、拝殿へと続く参道へと移動した。

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

これで、拝殿前の鳥居のための御用材も準備された。

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

拝殿前の新しい鳥居の御用材の搬入(松下社)

 

私は母と彼岸の供養にお寺を訪れる約束があったので、この場を後にした。本日中に建て替えるとのことだたので、夕方にでも再訪しようと思いながら・・・

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

 

再訪を約した通り、夕刻になると松下社へ向かった。朝に訪れた時と較べればよくわかるが鳥居が新しくなっていた。この鳥居は建て替えの最終段階で

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

 

柱穴を埋める作業の真っ最中だった。

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

 

とは言え、単純なものではないのだ。垂直、水平、強度など考慮すべきことは多い。

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

御造替を終える参道入口の鳥居(松下社)

 

国道側の参道入口は作業中で通れなかったので、拝殿の正面へと通じる参道の入口へと移動した。現在、こちらの鳥居は倒れてなくなっているが、今回の御神遷に際しこの場所にも三基めの鳥居が建てられるそうだ。

三基めの鳥居が建てられる拝殿正面の参道入口(松下社)

三基めの鳥居が建てられる拝殿正面の参道入口(松下社)

 

参道を進むと拝殿前の鳥居はすでに造替されていた。

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

 

真新しい鳥居が・・・

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

 

新旧のコントラストが強すぎて、拝殿までも新しくしたくなる。

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

 

新しい鳥居をパチリ。

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

御造替を終えた拝殿前の鳥居(松下社)

 

さらに本殿を確認すると

銅板が張られた新しい本殿の屋根(松下社)

銅板が張られた新しい本殿の屋根(松下社)

 

シートが被されていたものの本殿の屋根には銅板が葺かれていた。

銅板が張られた新しい本殿の屋根(松下社)

銅板が張られた新しい本殿の屋根(松下社)

 

国道側の参道入口へ戻ると取り外された鳥居の部材がここに置かれていた。

取り外された参道入口の鳥居(松下社)

取り外された参道入口の鳥居(松下社)

 

まだまだ松下社から目が離せない。

 

【参考】 松下社の御遷座までの経緯

 

【 20150923 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*