お白石持行事の前日(月夜見宮)

2015年02月21日(土) お白石持行事の前日(月夜見宮) (徒歩)

豊受大神宮の別宮である月夜見宮、お白石持行事の前日の様子。お白石持行事を終えると翌週の土曜日(2月28日)には遷御の儀が斎行される。

月夜見宮の鳥居の前に立つと

お白石持行事の前日(月夜見宮)

お白石持行事の前日(月夜見宮)

 

鳥居の左側にはテントが建てられ、

お白石持行事の前日(月夜見宮)

お白石持行事の前日(月夜見宮)

 

鳥居の右側にはお白石を入れる木箱が準備されていた。

お白石持行事の前日(月夜見宮)

お白石持行事の前日(月夜見宮)

 

鳥居をくぐると前回訪れた時に設置されていた仮手水所が残されて(翌日のお白石持行事でも使うため?)いたが、

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

【参考】

 

御造替中だった手水舎はすでに完成していた。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

そして、柄杓を置く木枠にはこんな細工が施されていた。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

手水舎をよく見ると柱と屋根は新しくなっているが屋根の内側は風雨から守られているからだろうか、以前のままだった。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

また修祓所も屋根と柱は新しくなっていたが、

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

この部分は以前のままだった。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

そして、一週間後に遷御の儀を迎える現宮と新宮の間には雨儀廊が設営されていた。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

絹垣が左から右へと揺れながる進む姿を想像しながらパチリ。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

夢想しながらのお参りとなった。

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

 

お参りを終えてから新宮を望むと

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

幄舎の下、御扉の前にはお白石持行事にてお白石を納めるための木箱が準備されていた。

お白石持行事の前日(月夜見宮)

お白石持行事の前日(月夜見宮)

 

月夜見宮の宮域に鎮座する高河原神社への参道へ進む際にパチリ。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

雨儀廊の屋根の継ぎ目が興味深い。

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

 

高河原神社にてお参りを終えてからパチリ。20年の歳月が凝縮されている。

御遷宮の準備が進む月夜見宮

御遷宮の準備が進む月夜見宮

 

お参りを終えて参道を戻ると鳥居付近からパチリ。

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

遷御の儀に向けて設営された雨儀廊(月夜見宮)

 

【 20150221 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*