自宅から古市街道を通って宇治神社まで

2016年09月25日(日) 自宅から古市街道を通って宇治神社まで (徒歩)

何とか天候が回復しそうな気配があったので、今日は【キタヰの妻】と歩くことにした。この週末にはまだ訪れていない宇治神社にお参りすることと内宮の参集殿にて奉納される伊勢の木遣りを体感することを目的に内宮を目指した。

八間道路を進むと桧尻川を渡り、

桧尻橋(桧尻川)

桧尻橋(桧尻川)

 

こんなバス停をパチリ。船江新道、旧道は何処に?

BUS STOP 船江新道 三重交通

BUS STOP 船江新道 三重交通

 

その後、河崎の交差点を左折すると二見街道へ出た。二見街道でJR参宮線をくぐる際に気になったので

参宮線 伊勢市・五十鈴ヶ丘間 一与坊(いちよぼう)

参宮線 伊勢市・五十鈴ヶ丘間 一与坊(いちよぼう)

 

こちらをパチリ。高架とは橋の名はなく、「一与坊」と記されている。

参宮線 伊勢市・五十鈴ヶ丘間 一与坊(いちよぼう)

参宮線 伊勢市・五十鈴ヶ丘間 一与坊(いちよぼう)

 

線路をくぐるとその先、右側には寝起松公民館がある。

寝起松公民館(伊勢市神久)

寝起松公民館(伊勢市神久)

 

寝起松の名を見ると神社を思い出した。御塩道から少し外れた場所にまつられている。

寝起松神社(伊勢市神久)

寝起松神社(伊勢市神久)

【参考】 御塩道ウォーク2016 2016年07月18日

 

さらに先へ進むと二見街道は御幸道路にたどり着く。ここが

二見街道入口(御幸道路と二見街道の交差点)

二見街道入口(御幸道路と二見街道の交差点)

 

[二見街道入口]交差点。ここを左折して道なりに進めば内宮へたどり着くのだが、今日はここを直進することにした。

二見街道入口(御幸道路と二見街道の交差点)

二見街道入口(御幸道路と二見街道の交差点)

 

墓地を右手に見ながら道なりに坂道を進むと、登りつめた付近では左方向に再現された掘立柱建物が望める。

隠岡遺跡公園(伊勢市倭町)

隠岡遺跡公園(伊勢市倭町)

 

ここは隠岡遺跡公園、草刈り作業中だった。

隠岡遺跡公園(伊勢市倭町)

隠岡遺跡公園(伊勢市倭町)

 

【参考】

 

階段を駆け上がり公園の反対側へ進むとこんなパノラマが開けている。ここから望むと社叢が多いことに築く。あそこは・・・、ここは・・・

隠岡遺跡公園から眺めた伊勢の風景

隠岡遺跡公園から眺めた伊勢の風景

 

隠岡遺跡公園を後にして先へ進むと左方向からの上り坂に突き当たる。その丁字路で左方向を望むと・・・

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) 付近(伊勢市倭町)

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) 付近(伊勢市倭町)

 

車道から分かれる小道(参道)の入口付近には次の石標が立つ。「倭姫命御陵」

倭姫命御陵の石標(伊勢市倭町)

倭姫命御陵の石標(伊勢市倭町)

 

小道を進み行き過ぎてから振り返ると

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) (伊勢市倭町)

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) (伊勢市倭町)

 

ここが宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵)。

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) (伊勢市倭町)

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) (伊勢市倭町)

 

石階を進むと違和感を感じた。この場所にあった立札が?

「宇治山田陵墓参考地」の立札が無くなった?

「宇治山田陵墓参考地」の立札が無くなった?

 

 宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵伝承地)

宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵伝承地)

【参考】 宇治山田陵墓参考地(倭姫命御陵) (伊勢市倭町) 2013年04月20日

 

と思ったら、立札は根元から折れコンクリート柵の隅に立て掛けられていた。

根元から折れ柵に立て掛けられていた「宇治山田陵墓参考地」の立札(倭姫命御陵)

根元から折れ柵に立て掛けられていた「宇治山田陵墓参考地」の立札(倭姫命御陵)

倭姫命御陵前の坂道に戻ると坂を上る方向へ・・・、坂を上り切ると古市街道に合流する。合流した地点の右側は間の山(尾部坂)だ。

間の山(尾部坂)を登り切った交差点(古市街道)

間の山(尾部坂)を登り切った交差点(古市街道)

 

間の山(尾部坂)を背にして古市街道を進むとテニスコート前のバス停にたどり着く。この「バスのりば」の英語?、ローマ字?表記が面白い。「Tennis Court-mae」

BUS STOP テニスコート前 三重交通

BUS STOP テニスコート前 三重交通

さらに進むと備前屋跡の石標。

備前屋跡の石標(伊勢市古市町)

備前屋跡の石標(伊勢市古市町)

 

左手にこんな懐かしい、いや懐かしいよりも前の看板だ。牛乳石鹸は大丈夫だが、米の母は?

古市街道で見つけた懐かしい以前の看板

古市街道で見つけた懐かしい以前の看板

 

そして古市のバス停。

BUS STOP 古市 三重交通

BUS STOP 古市 三重交通

 

その近くには古市芝居跡の石標。

古市芝居跡の石標(伊勢市古市町)

古市芝居跡の石標(伊勢市古市町)

 

JP 伊勢古市郵便局の近くには油屋騒動の主人公である遊女お紺と孫福斉の比翼塚がまつられている大林寺があるのだが、今日は立ち寄らずに通り過ぎた。

JP 伊勢古市郵便局

JP 伊勢古市郵便局

 

近鉄鳥羽線に架かる高架の手前に右側には、その騒動の舞台となった

近鉄鳥羽線に架かる古市街道の高架

近鉄鳥羽線に架かる古市街道の高架

 

油屋跡の石標が建っている。

油屋跡の石標(伊勢市古市町)

油屋跡の石標(伊勢市古市町)

 

近鉄を越えると左手に長峯神社(伊勢市中之町)。

長峯神社(伊勢市中之町)

長峯神社(伊勢市中之町)

 

この先で左へ入れば麻吉だが、今日は立ち寄らずに直進。

【参考】

 

右手にある掲示板には参宮道旧旅館の写真が並べられている。

参宮道旧旅館の写真が並ぶ掲示板(古市街道)

参宮道旧旅館の写真が並ぶ掲示板(古市街道)

 

その向かい側には寂照寺。

寂照寺(伊勢市中之町)

寂照寺(伊勢市中之町)

 

山門から望む鳥居に神仏習合を感じることができる。

寂照寺(伊勢市中之町)

寂照寺(伊勢市中之町)

 

また、寂照寺の向かいには最近よくTVで太巻きが紹介されているすし吉。

すし吉(伊勢市中之町)

すし吉(伊勢市中之町)

 

未だ妻入りの建物もちらほらと残される通りを先へ進むと

古市街道、伊勢市中之町付近

古市街道、伊勢市中之町付近

 

こちらは伊勢古市参宮街道資料館。今は常設展示のみだったのでこちらも通過。

伊勢古市参宮街道資料館(伊勢市中之町)

伊勢古市参宮街道資料館(伊勢市中之町)

 

交差点から振り返ってパチリ。この場所は伊勢自動車の上だ。

伊勢古市参宮街道資料館(伊勢市中之町)

伊勢古市参宮街道資料館(伊勢市中之町)

 

なお、この交差点にはこんなスペースが準備されているが、使われたことは有るのだろうか?

交差点内に設置されている舞台(伊勢古市参宮街道資料館付近)

交差点内に設置されている舞台(伊勢古市参宮街道資料館付近)

 

BUS STOP  三条前 三重交通の近くには、次の道標が建っている。「月よみの宮さんけい道」

古市街道に建つ「月よみの宮さんけい道」の石標(伊勢市桜木町)

古市街道に建つ「月よみの宮さんけい道」の石標(伊勢市桜木町)

 

車が対向できない場所もある狭い道を抜けるとBUS STOP 桜木町 三重交通。

BUS STOP 桜木町 三重交通

BUS STOP 桜木町 三重交通

 

この先で一気に坂を下る。ここは牛谷坂で、お白石持行事の時にはお白石を積んだ奉曳車が駆け下りた。

牛谷坂の下り(古市街道)

牛谷坂の下り(古市街道)

 

【参考】

 

牛谷坂を下るとその途中でこの幟を見かけた。それはこれから訪れようとしている宇治神社の御神遷を奉祝するものだ。

「第六回 祝宇治神社御神遷」の幟が立つ牛谷坂

「第六回 祝宇治神社御神遷」の幟が立つ牛谷坂

 

牛谷坂の下ると猿田彦神社の境内を通り抜けた。その時、上空からは「バタバタバタ・・・」と大きな音が響いてきた。自衛隊のヘリコプターが飛び去って行った。

猿田彦神社にて見上げた自衛隊のヘリコプター

猿田彦神社にて見上げた自衛隊のヘリコプター

 

宇治浦田町交差点で国道23号に合流すると宇治橋方向へ道なりに進んだ。すると宇治橋前付近でこの看板を見かけることができる。ここが国道23号の終点となる。終点を通り過ぎてさらに進むと

国道23号の終点(内宮 宇治橋付近)

国道23号の終点(内宮 宇治橋付近)

 

内宮A2駐車場を通り過ぎた。振り返ってパチリ。バスで満車だ。

観光バスで満車の内宮A2駐車場(宇治橋付近)

観光バスで満車の内宮A2駐車場(宇治橋付近)

 

駐車場を後にして辿り着いたのが宇治神社。本日の目的地のひとつ。

宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

宇治神社(伊勢市宇治今在家町)

 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です