ついに始まった鳥居の建て替え、須原大社(伊勢市一之木)

2017年08月19日(土) ついに始まった鳥居の建て替え、須原大社(伊勢市一之木) (車、徒歩)

今は須原大社の仮殿となっている並社の御遷座を追いかけ始めてから毎週のようお参りし、早いものですでに一年以上が経過していた。並社が御遷座を終え続いては須原大社の修繕が始まったのに気づいたのが昨年(2016年)の10月23日だった。須原大社の修繕は終盤を迎えてきたので最近は大きな変化が見られなかった。

今週もそうだろうと勝手に想像しながら須原大社の鳥居をくぐると

須原大社(伊勢市一之木)

須原大社(伊勢市一之木)

 

何と、須原大社の拝殿前はこんな光景となり、笠木はトラックの荷台に納まっていた。ついに三基の鳥居の修繕が開始されたのだった。

拝殿前の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

拝殿前の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

 

拝殿前の鳥居はこんな状態となり、二本の柱をつなぐ貫と笠置が姿を消していた。

拝殿前の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

拝殿前の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

 

また、先ほどくぐった鳥居から社務所へ続く敷地の隅にはこのように複数の用材が横たえられていた。これらは二本の柱と貫、笠木であった。その向こう側には並社の拝殿があり、その前にはミニバックフォーが見えた。

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

 

須原大社側は進入禁止であったので、須原稲荷大明神側(社務所の前)から周りこみ鳥居がなくなった並社をながめた。(ここから先も入れなかった。)

仮殿となっている並社の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

 

柱の土台を地中からひき抜くのはとても大変そうだ。

仮殿となっている並社の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社の鳥居の建て替え作業、須原大社(伊勢市一之木)

 

先ほどの用材を眺めていると

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

 

左、右の文字をを確認した。

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

仮殿となっている並社の鳥居、須原大社(伊勢市一之木)

 

こちらに立つ鳥居もしばらくしたら建て替えられるのだろう。「とにかく三基の鳥居が動きはじめた。」

須原大社(伊勢市一之木)

須原大社(伊勢市一之木)

 

【並社・須原大社、御遷座までの経過】

(リンク数がかなり多くなってしまったので、2017年01月22日よりも前のリンクは2017年01月22日リンクの下部を参照)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です