県民の日なのに・・・(MieMu 三重県総合博物館)

2016年04月16日(土) 県民の日なのに・・・(MieMu 三重県総合博物館) (車、徒歩)

三重県総合文化センターで開催される第3回伊勢志摩サミットフォーラムに参加する直前に、MieMu三重県総合博物館へ寄り道した。

駐車場からMieMu[三重県総合博物館]への通路からの眺望

駐車場からMieMu[三重県総合博物館]への通路からの眺望

 

すると、本日は「県民の日」だった。

「県民の日」で基本展示が無料の看板(MieMu)

「県民の日」で基本展示が無料の看板(MieMu)

 

できれば、第11回企画展「伊勢志摩~常世の浪の重浪よする国へ、いざNOW!~」を見学したかったのだが、時間もなく有料だったので今回は見学を見送った。次回、ゆっくりと時間をかけて見学しよう!
そんな理由で館内からミュージアムフィールドへ出ると

MieMuミュージアムフィールド

MieMuミュージアムフィールド

 

まずは、あそこのテラスに見える赤いパラソルの下で

MieMuミュージアムフィールド

MieMuミュージアムフィールド

 

おにぎりを食べた。(11時45分頃)

パラソルの下での昼食、おにぎり(MieMuミュージアムフィールド)

パラソルの下での昼食、おにぎり(MieMuミュージアムフィールド)

 

食事を終えてから赤いパラソルを後にするとフィールドの隅にあるヲノ坪遺跡B地区へ。

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

この遺跡周辺は自由に歩き回れる場所になっているが、他には誰もいない。

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

ひとりで散策し、この場の雰囲気を楽しんだ。往古にタイムスリップしてしまいそう。

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

遺跡の天辺で天を見上げて

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

パチリ。

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

小さな白い花が咲いていた。

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

ヲノ坪遺跡B地区(MieMuミュージアムフィールド)

 

フィールドへ戻ると

ヲノ坪遺跡B地区から遠望したミュージアムフィールドとMieMu

ヲノ坪遺跡B地区から遠望したミュージアムフィールドとMieMu

 

これから訪れる三重県総合文化センターを遠望。

MieMuから遠望した三重県総合文化センター

MieMuから遠望した三重県総合文化センター

 

そして、こちらの歩道を進んだ。何と歩き心地の良いこと。

ウッドチップの歩道(MieMuミュージアムフィールド)

ウッドチップの歩道(MieMuミュージアムフィールド)

 

ウッドチップは足に優しい。

歩道のウッドチップ(MieMuミュージアムフィールド)

歩道のウッドチップ(MieMuミュージアムフィールド)

 

途中でこの歩道から外れると左手には移設された鳥居古墳の石室・石棺が展示されている。

移設された鳥居古墳の石室・石棺(MieMuミュージアムフィールド)

移設された鳥居古墳の石室・石棺(MieMuミュージアムフィールド)

 

この石蓋の下には

石棺の石蓋(MieMuミュージアムフィールド)

石棺の石蓋(MieMuミュージアムフィールド)

 

こんな石棺が埋まっているのだろうか?

移設された鳥居古墳の石室・石棺(MieMuミュージアムフィールド)

移設された鳥居古墳の石室・石棺(MieMuミュージアムフィールド)

 

説明板を眺めてから三重県総合文化センターへ向かった。

移設された鳥居古墳の石室・石棺の説明板(MieMuミュージアムフィールド)

移設された鳥居古墳の石室・石棺の説明板(MieMuミュージアムフィールド)

 

【 20160416 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です