新ブログサイト『神宮巡々3』開設のお知らせ

『神宮巡々』、『神宮巡々2』ブログのデータベースが巨大化してしまったため、別途 『神宮巡々3』を新設しました。
2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、最新の記録は『神宮巡々3』をご覧ください。 ( 2017年12月31日 【キタヰ】こと、桝屋善則 )

宮川流域案内人とともに〜夏真っ盛り 涼を求めて〜滝頭 不動滝ハイキング

2016年08月21日(日) 宮川流域案内人とともに〜夏真っ盛り 涼を求めて〜滝頭 不動滝ハイキング (車、徒歩)

今回参加した「滝頭 不動滝ハイキング」は宮川流域案内人である三宅一成さんが案内人として初めて実施する企画だった。三宅さんは私とひと回りほど年上の方だが、二年前の宮川流域案内人養成講座を一緒に受けた同期でもある。また、このハイキングルートは奥伊勢フォレストピア等の企画では何度も実施されているそうだが、宮川流域案内人による企画としては初とのこと。

今回のルートはとてもシンプルで、奥伊勢フォレストピアから滝頭不動滝を目指すと途中で2ヶ所の大きな分岐はあるもののほとんど道なりの往復だった。

 

初めてづくしのハイキングにわくわくしながら参加した。

「宮川流域案内人とともに〜夏真っ盛り 涼を求めて〜滝頭 不動滝ハイキング」の案内

「宮川流域案内人とともに〜夏真っ盛り 涼を求めて〜滝頭 不動滝ハイキング」の案内

 

余裕をもって家を出たので途中で寄り道したにもかかわらず集合場所である「奥伊勢フォレストピア宮川山荘」前駐車場付近には早く到着した。ところが、すでの多くの参加者が集まっていた。

集合、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

集合、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

定刻の9時30分になると参加者は三宅さんを中心にして芝生スペースに集合した。

ごあいさつ、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

ごあいさつ、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

三宅さんの挨拶の後、

宮川流域案内人の三宅一成さん

宮川流域案内人の三宅一成さん

 

柔軟体操を終えると

柔軟体操、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

柔軟体操、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

早速、滝頭不動滝を目指して出発となった。

出発、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

出発、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

少し歩くと「滝頭不動滝へ 4.7KM」の案内板。

「滝頭不動滝へ 4.7KM」の案内板(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

「滝頭不動滝へ 4.7KM」の案内板(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

 

ここで道幅が突然と狭くなった。また、注意の警告板に「この先バリカー有り通行注意 高さ制限 H=2.00m」とあったのは、

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

バリカー(車止め)とはこのことだったようだ。今日は開放されていた。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

先へ進むとこんな看板が立っていた。子供専用の遊漁区、解禁期間の設定はあるものの対象である小中学生は無料だ。ただし、町内在住の条件に注意!

「ここから下流は(あまご・鮎)子供専用区・子供釣り運営協議会」の案内板

「ここから下流は(あまご・鮎)子供専用区・子供釣り運営協議会」の案内板

 

朝方まで降っていた雨はあがったが、湿度は100%ではないかと思わせるほどのジメジメした空気感のなかを・・・

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

時にはこんな強い日差しが照りつける。日差しはありがたいのだが、まとわりつくようなジメジメ感が増してしまった。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

先へ進むと左手には薗川の流れが望めた。堰のある付近は水はエメラルドグリーンの深い色になっていた。

薗川(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

薗川(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

 

しばらく薗川を左手に見ながら進むと

薗川(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

薗川(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

 

最初の分岐に到着した。(帰りルートは、この分岐を左方向へ進んだ。)この場所には「大台町林道薗新線終点」の看板があり、道標では「滝頭不動滝へ 3.4KM」となっていた。

「滝頭不動滝へ 3.4KM」の案内板(大台町林道薗新線終点付近)

「滝頭不動滝へ 3.4KM」の案内板(大台町林道薗新線終点付近)

 

分岐を左方向へ進んでから振り返ってパチリ。この場所で最初の休憩となった。歩き始めてから25分ほど。

「滝頭不動滝へ 3.4KM」の案内板付近

「滝頭不動滝へ 3.4KM」の案内板付近

 

適度な休憩を終えると直進のルートを進んだ。分岐の近くには「総門山」の案内板。

「総門山」の道標(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

「総門山」の道標(奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝)

 

路肩が崩れやすくなっていたので注意が必要だ。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

そして程なくたどり着いたのが、第二の分岐だった。ここを右へ進むと大台町林道総門線で総門山の登り口にたどり着く。ここで総門山が簡単に説明された。われわれは直進だ。

滝頭不動滝への分岐(大台町林道総門線起点付近)

滝頭不動滝への分岐(大台町林道総門線起点付近)

 

話を聞きながらを背面に視線を送っている参加者を見つけた。私もその視線の方向を眺めた。するとその先には「ここは参道だ」と思わせるような空間が続いていた。思わずこの先へ踏み込みそうになってしまったが、

大台町林道総門線起点付近

大台町林道総門線起点付近

 

そんな私を現実の世界へ引き戻してくれたのはスタートの合図だった。(ああ良かった。別世界へ行ってしまうところだった。(笑))

「滝頭不動滝」の案内板(大台町林道総門線起点付近)

「滝頭不動滝」の案内板(大台町林道総門線起点付近)

 

「滝頭不動滝」方向へ進むとここにも分岐があった。道なりで「滝頭不動滝 2.5km」。

「滝頭不動滝 2.5km」の案内板

「滝頭不動滝 2.5km」の案内板

 

さらに「滝頭不動滝 1.6km」。徐々に近づいてきた。

「滝頭不動滝 1.6km」の案内板(大台町林道滝頭線起点付近)

「滝頭不動滝 1.6km」の案内板(大台町林道滝頭線起点付近)

 

そしてついにアスファルト舗装路が地道へと切り替わった。ここからはトレッキングシューズにはお似合いの道となった。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

二度目の小休止はこの河原付近。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

川の流れが気持ちいい!

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

小休止を終えると最後の追い込みとなった。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

こんなところにもあるんだと驚きながら見つめたのは

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

「トヨタ三重宮川山林 薗林区」の説明板。

「トヨタ三重宮川山林 薗林区」の説明板

「トヨタ三重宮川山林 薗林区」の説明板

 

小さな滝が何段にも連なる川を右手に眺めながら

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

林道を・・・ 前後の間隔がかなり空いてしまった。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

時には眩しいほどの緑もパチリ!

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

もう少し、もう少し・・・

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

黙々と歩を進めると

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

「滝頭不動滝 0.3km」。

「滝頭不動滝 0.3km」の案内板

「滝頭不動滝 0.3km」の案内板

 

下見の際は工事中で周辺の林道はドロドロだったと聞いたが、今日は法面の工事も完成し足元は固く締められていた。

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

奥伊勢フォレストピア〜滝頭不動滝

 

先の道標から0.3kmでこの場所に到着。「あれ?」 ここの案内板にも「滝頭不動滝入口 0.3km 徒歩10分」。先の「0.3km」は何だったんだろうと思いつつも不動滝を見たい一心で先を急いだ。

「滝頭不動滝入口 0.3km 徒歩10分」の案内板(大台町林道滝頭線終点付近)

「滝頭不動滝入口 0.3km 徒歩10分」の案内板(大台町林道滝頭線終点付近)

 

鳥居をくぐると手すり付きの板橋を渡り、

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

 

さらには傾きかけたこんな板橋を・・・。まずは前方の上方左側に見える建物に向うと

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

 

滝頭不動明王にお参り。

滝頭不動明王(多気郡大台町薗)

滝頭不動明王(多気郡大台町薗)

 

その後、斜面を進み

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

 

手すりが壊れている(要注意)水平道を進むと

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝へ(多気郡大台町薗)

 

突き当たりには展望スペースが設置されていた。大人数で乗ると危険そうなので2〜3人が交代で滝頭不動滝を眺めた。

滝頭不動滝(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝(多気郡大台町薗)

 

私もパチリ。次は沢から入り見上げてみたいものだ。

滝頭不動滝(多気郡大台町薗)

滝頭不動滝(多気郡大台町薗)

 

不動滝を後にすると鳥居をくぐり返した。その前に広がる駐車場スペースでの昼食タイムとなった。

昼食休憩、滝頭不動滝ハイキング(滝頭不動滝付近)

昼食休憩、滝頭不動滝ハイキング(滝頭不動滝付近)

 

昼食をとっていると出発時のジメジメ感が徐々に解消されているのを感じた。さて、出発だ。

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

ここからは来た道を戻ることになる。私は最後から・・・

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

歩き始めて数十mの所に斜面の石積みから清水が吹き出していた。なんと誰かがペットボトルの底を抜いたものを石の間に差し込んでくれていた。そのおかげで自然の蛇口がここにできていた。空いたペットボトルを満たしつつゴクリ!

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

先頭は快調に歩を進めるが、最後尾のわれわれは

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

宮川流域案内人の会の会長とともにマイペースでの歩みで・・・

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

先行集団が河原で小休止となっていたので、それに混じってパチリ。

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

さてさて何を発見?

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

上流側は大人し(音無し)の雰囲気だった。

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

小休止を終えて林道へ戻ると行きには気付かなかった石をパチリ。周囲はこんなに苔むしているのになぜにこの大石(私の腰辺りまでの高さはあるだろう)だけは苔が生えていないのか? 不思議だ。

苔むす中の白い石(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

苔むす中の白い石(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

 

その近くには、切り株の上に苔むしていない小石。先ほど大石は

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

その後は林道を黙々と歩むと

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

地道はアスファルト舗装路へと切り替わった。

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア

 

行きの最初の分岐までたどり着くと直進ではなく、右折した。ここからは行きとは異なり薗川の右岸を歩いた。

途中で別ルート(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

途中で別ルート(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

 

杉林を何度も抜けると

途中で別ルート(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

途中で別ルート(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

 

この場所にたどり着いた。ここには

「笠木峠」の説明板付近(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

「笠木峠」の説明板付近(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

 

笠木峠の説明板があり

「笠木峠」の説明板(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

「笠木峠」の説明板(滝頭不動滝〜奥伊勢フォレストピア)

 

こんな道標が建っていた。「左 かさぎごへ 久まの、右 山みち まゆミごへ 道 弘化四未三月」

「左 かさぎごへ 久まの、右 山みち まゆミごへ 道 弘化四未三月」の道標

「左 かさぎごへ 久まの、右 山みち まゆミごへ 道 弘化四未三月」の道標

 

この道標に記された「まゆミ」の読みについて数名で議論していたが、結局は「間弓」、大内山町間弓へ抜けるルートではないかとの結論に達した。(帰宅後に地図で確認すると今でも林道でつながっていた。)

 

かさぎごへの道標を後にするとゴールが近づいていた。

笠木越の道標〜奥伊勢フォレストピア

笠木越の道標〜奥伊勢フォレストピア

 

ここで左へ続く坂道を下ると

奥伊勢フォレストピア

奥伊勢フォレストピア

 

その先に架かっているせせらぎ橋を渡った。橋の周囲では家族連れは川で遊び、釣り堀での釣りを楽しんでいた。まさに夏休みの休日風景だった。

せせらぎ橋(奥伊勢フォレストピア)

せせらぎ橋(奥伊勢フォレストピア)

 

約10kmのハイキングも奥伊勢フォレストピアへ戻ってくると

到着、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

到着、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

終了となった。参加者の皆さんお疲れ様でした。スタッフの皆さん、そして今回のガイド役 三宅さん、お疲れさまでした。

到着、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

到着、滝頭不動滝ハイキング(奥伊勢フォレストピア)

 

その後は、今回の参加費に含まれていた奥伊勢フォレストピア宮川山荘の入浴券を手にすると

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

 

この場を後にして

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

 

宮川山荘にある「奥伊勢宮川温泉」へ向かった。

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

奥伊勢フォレストピア宮川山荘

 

入浴後は、宮川流域案内人の会の会長・副会長およびスタッフが三宅さんを囲み、出発地点付近でお疲れさん会となった。(ノンアルコールビールを手にして)私も便乗させていただいた。

 

最後に、皆さんお疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*