大水神社では玉垣御門と殿舎の屋根が新しく・・(皇大神宮 摂社)ほか

2016年08月11日(木) 大水神社では玉垣御門と殿舎の屋根が新しく・・(皇大神宮 摂社)ほか (車、徒歩)

皇大神宮(内宮)の摂社である津長神社および大水神社では大修繕が執り行われている。この暑い夏でも覆屋の中での作業なので小工は大変だろう。先週には津長神社で新しい玉垣を目にすることができた。仮殿遷座を終えてから1ヶ月半ほど経過するのでそろそろ大修繕が終了するのではないか、そんな期待を抱きつつ訪れた。

仮殿となっている饗土橋姫神社へ向うと

仮殿となっている饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)付近

仮殿となっている饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)付近

 

まずはお参り。右手方向に参道が続く(今は作業路となっているので近づけない)。

饗土橋姫神社と関係者以外立入禁止となっている津長神社への参道

饗土橋姫神社と関係者以外立入禁止となっている津長神社への参道

 

石階の下から津長神社を確認すると

津長神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

津長神社への石階(参道)に設置されている仮設の作業路

 

未だ、殿舎には覆屋が掛けられていて、見ることができたのは玉垣のみだった。(これは前回と同様)

先週も目にした新しい玉垣、津長神社(皇大神宮 摂社)

先週も目にした新しい玉垣、津長神社(皇大神宮 摂社)

 

続いて大水神社へ近づくと

饗土橋姫神社前から望む大水神社(皇大神宮 摂社)方向

饗土橋姫神社前から望む大水神社(皇大神宮 摂社)方向

 

参道には資材を運搬する車輌のキャタピラ跡だろうか、鮮明に残されていた。今は大水神社の作業に注力しているのだろう。

関係者以外立入禁止となっている大水神社への参道

関係者以外立入禁止となっている大水神社への参道

 

帰り際に見上げると新しい御用材を確認することができた。左側は玉垣御門(猿頭門)で右側には殿舎の屋根を確認することができた。

玉垣御門と殿舎の屋根が新しくなっていた大水神社(皇大神宮 摂社)

玉垣御門と殿舎の屋根が新しくなっていた大水神社(皇大神宮 摂社)

 

少し視線を振ると殿舎の壁面は従来の材のままに見えた。やはり修繕だ。この後、玉垣を建て玉垣御門に御扉を取り付ければ完成なのだろうか? とにかく、そろそろ本殿遷座となるだろう!

玉垣御門と殿舎の屋根が新しくなっていた大水神社(皇大神宮 摂社)

玉垣御門と殿舎の屋根が新しくなっていた大水神社(皇大神宮 摂社)

 

御神遷のために御造替が始まったと聞いた宇治神社にお参りしてから一度家に戻った。

珍しく内宮前バスのりばの信号で止られたのでパチリ。

内宮前バスのりば付近

内宮前バスのりば付近

 

左を向けば先ほどお参りしたところ。

タクシー駐車場越しに望む饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)方向

タクシー駐車場越しに望む饗土橋姫神社(皇大神宮 所管社)方向

 

【 津長神社および大水神社(ともに皇大神宮 摂社)の御遷座まで 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です