新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板

2016年11月03日(木、祝) 新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板 (自転車)

本日、初めて光明寺(伊勢市岩渕)を訪れた際、その境内にまつられている結城宗廣卿墳墓にお参りした。

以前に千枝さん(中京大学学芸員)が主催するブラッチェiseにて訪れた「伝 結城宗広旧跡」を思い出し、ぶブラリと立ち寄った。

【参考】

 

ブラッチェise で訪れた時、「こんな所にあっても誰もわからないだろう。」とこの旧跡は整備されても誰も訪れないだろうと思っていた。

ところが、今回訪れたところ「伝 結城宗広旧跡」へと入る路地の入口には次の案内板が設置されていた。かなり目立つ状態になった。

新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板

新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板

新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板

新たに設置されていた「伝 結城宗広旧跡→」案内板

さて、次はここまで誰を如何に誘うのか? 伊勢市教育委員会の腕のみせどころか?

そう言えば、今は無くなってしまった伊勢市立郷土資料館の収蔵物はどうなってしまっているのだろう?

【参考】

 

かつて伊勢市立郷土資料館での収蔵物の一覧と現状の保管場所、保管方法などについて開示請求して見ようと思っているがなかなか時間がなくて実施していないが、誰か請求してくれませんか?

 

案内板とは異なる方向へ話が進んでしまったが、「伊勢市立郷土資料館の復活」はいち市民【キタヰ】の期待。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です