宮川流域案内人(インタープリター)養成講座

2014年06月01日(日) 宮川流域案内人(インタープリター)養成講座 (車、徒歩)

外宮および瀧原宮にお参りしてから、宮川流域案内人(インタープリター)養成講座が開催されるエコミュージアムセンター宮川流域交流館たいきへ向かった。

到着したのが開始の約10分前。講座会場は宮川流域交流館たいきの隣にある「四季の店 旬彩」の

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいきの隣にある 四季の店 旬彩

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいきの隣にある 四季の店 旬彩

 

建物の側面にある入口から入った部屋(同じ建物)だった。

宮川流域案内人養成講座会場(四季の店 旬彩の裏)

宮川流域案内人養成講座会場(四季の店 旬彩の裏)

 

受付を済ませて着席するとこんな雰囲気。

宮川流域案内人養成講座会場

宮川流域案内人養成講座会場

 

定刻になると、宮川流域ルネッサンス協議会の事務局長である奥山さんの挨拶により始まった。

宮川流域案内人養成講座

宮川流域案内人養成講座

 

続いて、宮川流域案内人の会会長の巽さんの挨拶。

宮川流域案内人養成講座

宮川流域案内人養成講座

(実は「巽」の字は間違っていて、己は巳であるのが正しいとのこと。コンピュータ社会の元凶か?
そう言えば、大山祗神社の「祗」も「ネ氏」が正しい? この辺りは何とも難しい問題だ!)

 

そして午前の部、座学が始まった。最初の講師は宮川流域案内人の会副会長である中野さん。

宮川流域案内人養成講座

宮川流域案内人養成講座

講義の内容は、

  • 講師をはじめ、参加者全員の3分間自己紹介(受講者は11名で個性派揃い)
  • 宮川流域ルネサンス事業の変遷と概要
  • エコミュージアムとは?
  • インタープリターとは?
  • エコミュージアムの世界および日本各地での活動の紹介 など

であった。

 

自称自然派人間で、仙人と呼ばれている巽さんによる体験談。

宮川流域案内人養成講座

宮川流域案内人養成講座

大杉谷の奥に住み続けて(山に入って)20年で得た経験の数々と、その自然を多くの人に知ってもらいたいと続けている活動の紹介、さらには宮川流域案内人としてあり方、行事を企画、実施、報告する際の注意点などが説明された。

以上で午前の部が終了すると昼食を挟み、午後からは野外へ飛び出た。

 

まずは、講義会場の隣にあるエコミュージアムセンター宮川流域交流館たいきを見学した。

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

 

中へ入ると

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

 

さかなクンの絵の隣に入口があり

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

そこには「てんじしつ」の案内板が掛かっていた。この手作り感がグッド!

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

 

そこでは宮川流域案内人が実施してきた数々の行事の歴史が紹介されていた。

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

各行事の代表写真に簡単な説明が添えられていた。やはり、積み重ねは偉大だ!

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき

私が参加させていただいた行事も多数紹介されていた。強烈な印象を残しているのはやっぱり五身懸祭、さらには粟生の頭首湖での遊覧、三瀬の渡し・・・。

【参考】

など

 

その後、宮川流域交流館たいきを後にすると車に分乗して、大滝峡 大台町青少年旅行村へ向かった。

大滝峡 大台町青少年旅行村管理棟

大滝峡 大台町青少年旅行村管理棟

大滝峡は、昨年に熊野古道伊勢路を歩いた際に横目に見ながら通り過ぎた場所、宮川流域案内人養成講座の実技であることも忘れて散策を堪能してしまった。

【参考】

 

ここからは受講者の新鮮な目で面白いと感じるもの、疑問点を見つけ出すトレーニング。

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

水車を見つけるとこの付近でホタル鑑賞会が実施されるとの説明。話はホタルの餌である「カワニナ」に及んだが、本物の「カワニナ」を知る参加者は???。私もその例に漏れず、名前は知っていたがその姿は知らなかった。名前だけを頭に残し、本物を知る行動に移れなかったのは残念だ。(反省)

なお、「カワニナ」の名を知ったのは宮川流域案内人の行事であった。大台町ふるさと案内人でもある筒井さんにはとてもお世話になっている。

【参考】 こちらが、「カワニナ」の名を知った行事

 

現場で「カワニナ」を探すが・・・、見つからず。

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

散策は続き、

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

「水戸神神社、おんべまつり」の案内板の先へ進むと

水戸神神社、おんべまつりの案内板(大滝峡 大台町青少年旅行村)

水戸神神社、おんべまつりの案内板(大滝峡 大台町青少年旅行村)

 

ヒノキとスギの相違・・・。葉で見分ける方法は知っているがなかなか幹だけで判断するのは難しい。

ヒノキとスギの違い(大滝峡 大台町青少年旅行村)

ヒノキとスギの違い(大滝峡 大台町青少年旅行村)

 

案内人によりヒノキとスギの違いについての説明、さらには他の植物についても・・・。ムラサキシキブはたまたま自宅の庭に生えているのでわかったが、それ以上は植物にも不案内な私はついて行けない。

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

バンガローを左手に見ながらさらに先へ進むと視界が開けた。ここではマムシなど自然の中に住む危険動物に関する注意。

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

広場から木々の中へ入ると「みとのかみ神社」の社標を発見。

みとのかみ神社の社標(大滝峡)

みとのかみ神社の社標(大滝峡)

 

参道の先にて、シイノキの板状根についての説明。

水戸神神社の参道付近(大滝峡)

水戸神神社の参道付近(大滝峡)

 

そして、こちらが水戸神神社。ゆっくりとお参りする時間がなかったので、通りすがりに心の中でお参り。

水戸神神社(大滝峡)

水戸神神社(大滝峡)

 

社頭を過ぎると大内山川の右岸を下った。

水戸神神社から大内山川へ(大滝峡)

水戸神神社から大内山川へ(大滝峡)

そして、岩の上を・・・

大滝峡(大内山川)

大滝峡(大内山川)

 

ここが大滝峡だ。このような風景がかなり続いている。川面を覗くと川の水は濁っている。

大滝峡(大内山川)

大滝峡(大内山川)

 

上流側を望むと鉄の手摺が見える。あの場所がおんべまつりの祭場だ。

大滝峡にておんべまつり祭場を遠望(大内山川)

大滝峡にておんべまつり祭場を遠望(大内山川)

【参考】

「おんべまつり」は7月の第一日曜日に斎行されるとのこと。今年の予定に入れとおこう!

 

こちらは水戸神神社の脇から祭場へ向かう道、しめ縄が張られていた。

大滝峡にておんべまつり祭場を遠望(大内山川)

大滝峡にておんべまつり祭場を遠望(大内山川)

 

そして、手摺を手繰りながら鉄の橋を下るとここが鮎を投げる場所、そしてその鮎が入るべきは前方に見える岩の上部にある小さな穴だ。おんべまつりでは、解禁日前に捕った12匹のアユが投げられ、アユが穴に入った数で豊作(?)が占われるそうだ。参加者のひとりが「アユ(鮎)には占いの文字がついている。」の発言。

大滝峡 おんべまつり祭場(大内山川)

大滝峡 おんべまつり祭場(大内山川)

 

説明が終わりこの場を離れようとした時、JR紀勢本線の列車が通り過ぎた。このような場所では電車が好きな方、写真が好きな方向けの行事が設定できる?

大滝峡とJR紀勢本線(大内山川)

大滝峡とJR紀勢本線(大内山川)

 

水戸神神社を後にすると大内山川の右岸を遡った。

水戸神神社(大滝峡)

水戸神神社(大滝峡)

 

その途中で、先ほどの祭場を俯瞰してパチリ。

大滝峡 おんべまつり祭場(大内山川)

大滝峡 おんべまつり祭場(大内山川)

 

バンガローが林立する場所へ戻ってきた。

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

 

続いて、大内山川に下った。ここは滝原ダムの下流側。石に興味がある人にとっては面白い場所? 案内人からはさまざまに気づきが与えられる。

大滝峡 大台町青少年旅行村付近の大内山川、滝原ダムの下流側

大滝峡 大台町青少年旅行村付近の大内山川、滝原ダムの下流側

この場で、参加者のひとりが鼻笛を取り出して演奏し始めた。鼻笛の存在は知っていたが本物を見る、さらにその音色を聞くのは初めてだった。なかなか面白い楽器(?)だ。

【参考】 面白そうです! また、興味の寄り道になるか・・・

 

滝原ダムを遠望。

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

 

滝原ダムに近づいて、

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

説明板をパチリ。

滝原ダム(大内山川)、長発電所の説明板と滝原ダム

滝原ダム(大内山川)、長発電所の説明板と滝原ダム

雰囲気のあるダムだ。

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

 

滝原ダムは水力発電用のダムだがここには発電所はなく、ここから約6km下流にある長発電所へ水を送るための取水ダムである。なお、長発電所は宮川ダムを建設するための電力を供給するために造らえたそうだ。

滝原ダム(大内山川)、長発電所の説明板

滝原ダム(大内山川)、長発電所の説明板

 

ダム上に設置された通路を進むと開扉用のワイヤー巻取り機、

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

 

この付近から下流側を覗くと

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

魚道があった。これならアユも遡上できるのだろう。「あっ、アユが跳ねている!」目の前で遡上するアユを確認できた。

滝原ダムの魚道(大内山川)

滝原ダムの魚道(大内山川)

 

上流側を覗くとここが長発電所へ導水するための取水口。

滝原ダム、長発電所へ導水するための取水口(大内山川)

滝原ダム、長発電所へ導水するための取水口(大内山川)

上流側をパ〜チリ。

滝原ダム(大内山川)

滝原ダム(大内山川)

すでに宮川流域案内人養成講座の受講者であることを忘れ、行事の参加者として純粋に散策を楽しむ私がいた。

 

サイクリングロードに沿って進むとロード脇には先ほどの取水口から長発電所への導水路が走っていた。

滝原ダムから長発電所への導水路にある沈砂池

滝原ダムから長発電所への導水路にある沈砂池

この辺りは水に混じった砂を沈殿させる場所だ。

滝原ダムから長発電所への導水路

滝原ダムから長発電所への導水路

 

ロードを進むと

サイクリングロード(大滝峡 大台町青少年旅行村)

サイクリングロード(大滝峡 大台町青少年旅行村)

大滝峡 大台町青少年旅行村

大滝峡 大台町青少年旅行村

途中でロードを離れ・・・

 

大紀町郷土資料館へ向かった。

大滝峡から大紀町郷土資料館へ

大滝峡から大紀町郷土資料館へ

 

大紀町郷土資料館に到着。自然を楽しんだ後は、歴史を・・・と観点を切り替えると行事の幅が広がる。

大紀町郷土資料館

大紀町郷土資料館

大紀町郷土資料館に入ると

大紀町郷土資料館

大紀町郷土資料館

宮川流域案内人でもある館長の小倉さんから説明をいただいた。

大紀町郷土資料館

大紀町郷土資料館

 

こちらは瀧原宮々域の原生林に生えていた兄弟スギ(太郎杉、次郎杉)の弟分である次郎杉。

次郎杉の巨大な切り株(大紀町郷土資料館)

次郎杉の巨大な切り株(大紀町郷土資料館)

その由緒はこちら。

次郎杉の由緒(大紀町郷土資料館)

次郎杉の由緒(大紀町郷土資料館)

ちなみに、太郎杉の切り株は神宮徴古館(農業館? 2014年06月07日、神宮徴古館を訪れて確認したところ新館に置かれていた。)に置かれているとのこと。

 

大紀町郷土資料館の展示物で興味深かったのは、これらの品々。言葉がでない!

野原の獅子頭(大紀町郷土資料館)

野原の獅子頭(大紀町郷土資料館)

野原の鼓(大紀町郷土資料館)

野原の鼓(大紀町郷土資料館)

能面(大紀町郷土資料館)

能面(大紀町郷土資料館)

 

大紀町郷土資料館を後にすると大滝峡を後にして

大紀町郷土資料館

大紀町郷土資料館

 

エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいきのある阿曽温泉へ戻った。

阿曽温泉の看板(旧阿曽小学校)

阿曽温泉の看板(旧阿曽小学校)

 

野外実習の振り返りにて宮川流域案内人(インタープリター)養成講座は終了となった。

ふれあい総合施設 阿曽湯の里の案内板

ふれあい総合施設 阿曽湯の里の案内板

さまざまな思いを胸にこの地を後にした。

 

今回の講座はさまざまな刺激が得られ非常に有意義なものであった。

ただし、お伊勢さん125社のお参りを目的に巡りたい方をサポートできればとの思いから本講座を受講したのだが、やはり宮川流域エコミュージアムの行事としてはなかなか難しそうであることを実感した。駐車場、昼食場所、トイレ、関係機関との折衝などなど・・・本質以外の部分で大変なことが多い。週末しか時間がとれないし、ことしは別宮の遷御もあるので・・・・。

しばらくは宮川流域エコミュージアムの行事に参加、サポートとして携わり、「お伊勢さん125社」については個人として同行者を募る方式でこぢんまりとした活動を検討したい。

宮川流域エコミュージアムの行事として実現できそうなテーマは「御塩道ウォーク」か?

 

 

【 20140601 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です