河邊七種神社ほか、河崎天王祭の準備(伊勢市河崎)

2016年07月10日(日) 河邊七種神社ほか、河崎天王祭の準備(伊勢市河崎) (徒歩)

毎月第二日曜日に河邊七種神社社務所で開催される古文書の会はお休みとなり、その代わりにフィールドワークが実施された。集合場所である河邊七種神社へ向かう途中、中橋通りを歩いていると

 

中橋通りに設置された「河崎町天王祭」の横断幕(伊勢市河崎)

中橋通りに設置された「河崎町天王祭」の横断幕(伊勢市河崎)

 

「河崎町天王祭」の横断幕が設置されていた。河崎天王祭は7月17日(日)だ!

中橋通りに設置された「河崎町天王祭」の横断幕(伊勢市河崎)

中橋通りに設置された「河崎町天王祭」の横断幕(伊勢市河崎)

 

こちらのBUS STOPから中橋方向を望むと・・・

BUS STOP 河崎百五前 三重交通付近から中橋方向の遠望

BUS STOP 河崎百五前 三重交通付近から中橋方向の遠望

 

そこには「奉納 河邊七種神社・・・」の幟が立てられ、橋の欄干には万国旗が飾られていた。

中橋に立てられた「河邊七種神社」の幟

中橋に立てられた「河邊七種神社」の幟

 

中橋に立てられた「河邊七種神社」の幟

中橋に立てられた「河邊七種神社」の幟

 

集合時刻が近づいてきたので河邊七種神社へ向うとその参道には忌竹が立てられ

河邊七種神社の参道に設置された忌竹と注連縄(伊勢市河崎)

河邊七種神社の参道に設置された忌竹と注連縄(伊勢市河崎)

 

その間には注連縄が張られていた。

河邊七種神社の参道に設置された忌竹と注連縄(伊勢市河崎)

河邊七種神社の参道に設置された忌竹と注連縄(伊勢市河崎)

 

今の時代を反映するように「ドローン使用禁止」のの警告板も準備されていた。

「河崎天王祭」に向けて準備された「ドローン使用禁止」の警告板

「河崎天王祭」に向けて準備された「ドローン使用禁止」の警告板

 

境内へ入ると天王祭の準備が進めれていた。

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

神輿も、長〜〜い注連縄も・・・

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

さらには祓所となる御神木にも・・・

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

「古文書の会」おフィールドワークにて河崎から船江、宮後、吹上を巡っている途中で「天王祭の為、通行止」の道路看板を見かけた。

町内に設置された「天王祭の為、通行止」の道路看板(伊勢市河崎)

町内に設置された「天王祭の為、通行止」の道路看板(伊勢市河崎)

 

河崎天王祭のポスターも。

町内に貼られていた河崎天王祭のポスター

町内に貼られていた河崎天王祭のポスター

 

最後に河崎本通りへ入るところでもこの看板。

町内に設置された「天王祭の為、通行止」の道路看板(伊勢市河崎)

町内に設置された「天王祭の為、通行止」の道路看板(伊勢市河崎)

 

フィールドワークを終えて河邊七種神社へ戻ると御神木にはこのように注連縄が巻かれていた。

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

「河町天王祭」の準備が進めらる河邊七種神社の境内(伊勢市河崎)

 

Comments

  1. 天王さんの準備が着々と進んでいるみたいですね。
    手元にある60年前の天王さんの写真を見ていたら、
    各家庭には紅白の幕がかけられて
    軒先には奉祝のちょうちんがずらっとかけられ
    花も飾られ、道路をはさんだ家と家の
    間には映画スターの絵等が描かれた
    逆三角形の横断飾りがかけろれていました。
    ちょっとした広場には野菜で作られた
    人形さんみたいなのが展示されていました。
    なつかしい思い出いっぱいです。
    久しぶりにこの17日に天王さんに
    行きますか(半世紀ぶり)?
    たかっち

    1. たかっちさん、
      一日遅れでこんばんは!です。
      河崎の雰囲気はかなり変化しているのでしょうね。
      しかし天王さんの賑わいは変わらないのでは?
      ぜひ、半世紀ぶり?に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です