大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

2017年06月11日(日) 大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」 (車、徒歩)

多気町丹生では大師の里 彦左衛門のあじさいまつりが開催された。私がどうしても参加したかったアクティビティーは「立梅用水ボート下り」、それは立梅用水の完歩の締め括りとして丹生地区にある塔ノ本トンネルを内部から体感するためだった。このトンネルは素掘りで、掘った岩一升が米一升と交換されるほど苦難の工事だったそうだ。

こんな素掘りトンネルをボートで体感できるのはあじさいまつりの時しか無い。

連絡バスに乗って会場へ着くと、あじさいは花は咲き始めた感があった。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

 

見学者が続々と・・・

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

 

私は立梅用水を感じつつボートのりばへ向かうため

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

 

田んぼの綱引き会場付近から

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

大師の里 彦左衛門のあじさいまつり(多気郡多気町丹生)

 

立梅用水に沿ってを歩いた。その途中で、以前に立梅用水ウォーキングを主催したことがある寺村善治さん(宮川流域案内人でもあり、多方面でご活躍の方)にお会いした。新たに立梅用水ウォーキングを企画されているとのことなので、その節は参加したい。

立梅用水(多気郡多気町丹生)

立梅用水(多気郡多気町丹生)

 

【参考】 寺村善治さん主催の・・・

 

立梅用水はこの左側で塔ノ本トンネル出口となる。ここではトンネルが掘られた山を越えて反対側にある入口へ向かった。山越えだ。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

 

ほどなく山を越えると再び用水の辺りへ到着した。前方にはボート下りに参加する家族連れ。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

 

さらには私の後ろから駆け足で私を追い越していった彼女たち。多数の人々がボート下りを楽しみにしている。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」へ

 

到着したのは開始予定時刻(9時)よりも早く、8時45分頃だった。しかし、すでにボート下りは開始されていた。多くの人々が列をなすので懸命な対処だろう。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

列ぶこと約30分、ついに乗船券を手にした。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

用水を下ったボートは軽トラックでこちらまで運ばれてくる。この繰り返しだ。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

「皆さん、お疲れさまです。ありがとうございます。」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

多数の方のおかけで乗船できました。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

ボランティアの中学生が船頭となり、私を案内してくれた。ボート待ちの列はさらに伸びているなか

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

私は悠々とボート下り。振り返ってパチリ。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

ここは先ほど山から下って来た場所。視線が変わると面白い。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

さて、ここからが立梅用水塔ノ本トンネルだ。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

トンネルへ入ると船頭の中学生くんが「触ってみて下さい!」と。なるほどゴツゴツしている。重要な体験だ。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

さらに「岩一升、米一升」について説明してくれた。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

次の世代にも、さらにその次にも語り伝えてほしい。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

トンネル内を走っていると下る速度が予想以上に速いことを実感した。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

ビュぅーンーーーー

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

中間点を過ぎると振り返ってパチリ。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

あの穴を抜ければもう終わりだ。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

名残り惜しく思いながらトンネルを抜けた。

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

「立梅用水ボート下り」(丹生地区、塔ノ本トンネル)

 

こちらで下船となった。「皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

ボートは出発点へと送られる。

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

ボートを見送ると

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

大師の里 彦左衛門のあじさいまつりで「立梅用水ボート下り」

 

離れた場所へ移動して塔ノ本トンネル掘られた山を遠望した。

立梅用水 塔ノ本トンネル掘られた山の遠望

立梅用水 塔ノ本トンネル掘られた山の遠望

 

私の立梅用水歩きの記録はこちら。

【参考、全線完歩への興味】

【参考、全線完歩を後押ししてくれる出来事】

 

【参考、立梅用水歩きの記録】

□ 歴代の井堰跡めぐり

□ 櫛田川の井堰(取水堰)〜元丈の館付近

□ 元丈の館付近〜勢和中学校・小学校付近

□ 勢和中学校・小学校付近〜古江隧道入口

□ 古江隧道入口〜エンゲの切り通し

□ エンゲの切り通し〜岩谷池

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*