泥だらけでの粟皇子神社(皇大神宮摂社)ほか巡り

2015年09月05日(土) 泥だらけでの粟皇子神社(皇大神宮摂社)ほか巡り (車、徒歩)

松下社で執り行われる上棟祭の開始時刻が分からずに早く到着してしまった。現地で確認すると開始時刻は午前11時、まだ2時間半以上も余裕があった。30分前に戻ったとしても2時間は歩き回れる。

【参考】

 

『そうだ、粟皇子神社(皇大神宮摂社)へ行こう!』

松下社を後にすると民話の駅 蘇民の駐車場を通り抜けて国道42号へ出た。

国道42号(民話の駅 蘇民付近)

国道42号(民話の駅 蘇民付近)

 

粟皇子神社へは、JR参宮線 松下駅付近から林道、湿地帯を抜けて浜へ出るか、旅荘 海の蝶の敷地を通り抜けて坂を下り浜へ出るか、もしくは船を使って浜へ向かうか、そのいづれかのルートしかたどり着くことはできない。

 

今回は早く到着するために湿地帯を抜けるルートを選択、当初はこのルートを往復するつもりだったが、帰路は海の蝶の遠回りルートを選択することになった。

まずは、国道42号を鳥羽方向へ歩くと

国道42号(民話の駅 蘇民〜JR参宮線 松下駅付近)

国道42号(民話の駅 蘇民〜JR参宮線 松下駅付近)

 

右手方向を列車が走り、松下駅に停車した。停車している場所がJR参宮線 松下駅だ。

国道42号(JR参宮線 松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 松下駅付近)

 

国道を進み、松下駅付近で駅を背にすると国道42号を離れて次の小道へ進んだ。

国道42号からJR参宮線松下駅を背にして池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号からJR参宮線松下駅を背にして池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

湿地帯が右手方向に広がり、

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

一本道が続く、とにかく先へ先へと進むと

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

林道へと変わる。

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

小さな峠を越えるとそろそろ湿地帯、

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

この付近では道路が苔むして湿潤さが体感できる。

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ

 

さらに進むといきなり視界が開け、前方には湿地帯が広がっている。この中を通り抜けるのだ。

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

 

ところが、この時期は誰も通らないのだろう。しばらく藪漕ぎ状態が続いた。しかも足元はくるぶしまで浸かるほどに水が浮いていた。

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

 

藪漕ぎを終えると・・・。こんなはずじゃなかった。今までこの時期にこのルートを歩いたことがなかったのか?

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

 

完全防水ではないトレッキングシューズには水がしみ込み、ソックスも湿ってきた。やっと前方は開けると急ぎ足になった。

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

 

ついに、堤防が見えた。もうすぐ海だ。

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

湿地帯(国道42号から池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へ)

 

この階段を駆け上がると

湿地帯から松下1号角落しへの階段

湿地帯から松下1号角落しへの階段

 

前方には海、海、海・・・・

松下1号角落し付近からの眺望

松下1号角落し付近からの眺望

 

ここは、「松下1号角落し」。

松下1号角落し付近

松下1号角落し付近

 

池の浦シーサイドパーク海水浴場方向へと堤防を歩いくと、途中にある松下2号角落し付近でパチリ。

松下2号角落し付近からの眺望

松下2号角落し付近からの眺望

 

粟皇子神社はこの浜の先に鎮座している。浜へ下りると

池の浦シーサイドパーク海水浴場付近

池の浦シーサイドパーク海水浴場付近

 

今日は誰も歩いていない砂浜に自らの足跡を残した。 『・・・僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る・・・』

池の浦シーサイドパーク海水浴場付近

池の浦シーサイドパーク海水浴場付近

 

足跡を確認しようと振り返ると足跡よりも足元が気になってしまった。なんとこんなに泥だらけになっていた。これは湿地帯との格闘の結果だった。帰りはこのルートを戻らないことを決意してしまった。

湿地帯で泥だらけになった足元(湿地帯を抜けて粟皇子神社へ)

湿地帯で泥だらけになった足元(湿地帯を抜けて粟皇子神社へ)

 

池の浦シーサイドパーク海水浴場の砂浜を楽しんでから振り向いてパチリ。

池の浦シーサイドパーク海水浴場

池の浦シーサイドパーク海水浴場

 

砂浜を後にすると

池の浦シーサイドパーク海水浴場

池の浦シーサイドパーク海水浴場

 

岩場の小道を進み。その先にも砂浜が見えている。

池の浦シーサイドパーク海水浴場から粟皇子神社へ

池の浦シーサイドパーク海水浴場から粟皇子神社へ

 

岩場を歩いている途中でこんな砂浜を見下ろした。ここに足跡を付けたい。思わず飛び降りた。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近の砂浜

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近の砂浜

 

・・・

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近の砂浜

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近の砂浜

 

砂浜を先へ進むと右手方向に小道があり、その先に粟皇子神社は鎮座している。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

 

その前に振り返ってパチリ。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

 

ここが粟皇子神社への小道(参道?)。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近

 

小道から浜を望むとこんな風景。さっきまで独り占めの空間だったが、家族連れがやってきた。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近からの眺望

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近からの眺望

 

こちらが粟皇子神社の社域。周囲は旅荘 海の蝶の敷地なんだろうか?

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

 

まずはお参り。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

 

先日、この辺りの摂社・末社をお守りされている方に教えて頂いたことを確認した。

【参考】

 

「社殿の柱を見れば、今回は御造替なのか、大修繕なのかがわかる。」 神宮の摂社、末社は40年に1回の御造替を基本とし、その間の20年で大修繕、その他適宜修繕が施される。つまり、前回が大修繕であれば、今回は御造替。粟皇子神社の柱の根本は継がれているから前回は大修繕、そして今回は御造替となる。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

 

粟皇子神社には隣に御敷地があるので、隣に御造営されることになる。こちらも楽しみだ。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)

 

この写真では分かりにくいが左側は先ほど歩いて来た小道、右側はこれから歩いて行く小道、どちらも砂浜に出る。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)からの風景

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)からの風景

 

誰かに見られている気配を感じて振り向いたところ、この人だった。「誰?」、見入ってしまった。

誰?(粟皇子神社にて)

誰?(粟皇子神社にて)

 

神前神社の御遷座が平成30年なのでこちらも同じ時期だろうか? 「彼が私を呼んでくれたらいいのに!」そんなことを考えながら粟皇子神社をあとにすると右手方向へと続く小道を進んだ。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近、海の蝶側の砂浜へ

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)付近、海の蝶側の砂浜へ

 

今日は砂浜には立ち寄らずに、こちらの案内板の奥に見える祠にお参りした。

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板

 

おまつりされている神様は分からねども、お参り。

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板付近の祠

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板付近の祠

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板付近の祠

「粟皇子神社迄 その先100m」の案内板付近の祠

 

 

後は松下社へ戻るのみ。旅荘 海の蝶へと続く坂道を上り始める辺りで、こんなものを発見。

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)から旅荘 海の蝶への途中で発見

粟皇子神社(皇大神宮 摂社)から旅荘 海の蝶への途中で発見

 

さらに坂道の途中では、

「粟皇子神社迄 その先200m」の案内板

「粟皇子神社迄 その先200m」の案内板

 

こんなもの。

「粟皇子神社迄 その先200m」の案内板

「粟皇子神社迄 その先200m」の案内板

 

坂を登り切ると先ほど立ち寄らなかった砂浜を見下ろした。

旅荘 海の蝶の裏手からの眺望

旅荘 海の蝶の裏手からの眺望

 

旅荘 海の蝶の裏手から表へと回ると海の蝶を後にした。(いつもありがとうございます。いつかフロントに挨拶しよう。今日は駐車場が車でいっぱいだったからまだチェックアウトで忙しかっただろう・・・。)

旅荘 海の蝶

旅荘 海の蝶

 

坂道を下り、

旅荘 海の蝶から国道42号へ

旅荘 海の蝶から国道42号へ

 

国道42号へ合流する辺りでは生コンのプラントが設置され杭打ち機が稼働していた。

基礎工事中(国道42号 旅荘 海の蝶入口付近)

基礎工事中(国道42号 旅荘 海の蝶入口付近)

 

この部分が見上げるとゆっくりと右回転していた。鋼管を圧入してコンクリートを打設するのか?

基礎工事中(国道42号 旅荘 海の蝶入口付近)

基礎工事中(国道42号 旅荘 海の蝶入口付近)

 

国道へ出ると右折してから振り向いてパチリ。

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

ここからは国道42号を松下社まで歩くのみ。伊勢二見鳥羽周遊ばすCANばすが追い越して行った。

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

この付近は歩道が片側にしかない上に、途中で左から右へ・・・。まぁ、歩道がないよりはマシだが。

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

この先で右へとカーブの緩やかの上り坂。その右手には

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

こんなモノが飾られている(?)。古いしめ飾りが多数・・・。不思議な場所だ。

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

さらに進むと緩やかな下り坂となり

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

国道42号(JR参宮線 池の浦シーサイド駅付近〜松下駅付近)

 

松下交差点を通過。

国道42号 松下交差点

国道42号 松下交差点

 

往路で国道を離れば場所まで戻って来た。

国道42号からJR参宮線松下駅を背にして池の浦シーサイドパーク海水浴場方向への道

国道42号からJR参宮線松下駅を背にして池の浦シーサイドパーク海水浴場方向への道

 

左手にはJR参宮線、長閑な雰囲気の中を・・・。

国道42号から望むJR参宮線(松下駅付近)

国道42号から望むJR参宮線(松下駅付近)

 

松下社まで戻ったが、まだ時間に余裕があったので神前海岸へと向かった。

 

【 20150905 の記録 】

 

Comments

  1. どうも~。
    粟皇子神社、松下側から「案内通り?」に行くとそういう光景が
    待ち受けていたのですね!!
    お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です